会社内でイジメでは労働基準監督署に通告するか休職してその間に転職活動しましょう 誰も助けてくれないので自分で環境を変変えましょう

ムカつくゴミ上司

会社内でのイジメ・・・実際ありますよね。

子供に「イジメはダメ」とか教えている親が会社では部下をイジメていたということもありますしね。なんか人間として恥ずかしい人ですよねいじめをする人って。

人がいる限りイジメは無くなることはありません。特に会社っていうのは、学校で子供たちがやるイジメと違って、「上下関係」があるので相当質が悪いです。そう、直接の上司からイジメられたら逃げることなんてまあ無理です。

まず、結論から言うと会社でイジメにあったらそんな会社いる必要はありません。というかそこまでして仕事ってする必要ないですよ。会社でイジメって・・・・どんだけレベルの低い環境にいるかがわかりますしね。

そう会社でイジメにあうのは絶対に起こりえますし、そういう状況をなんとか改善していくのは「無理」です。

そのイジメのある場所から離れるしか解決策はありません。そこは人生割り切って考えないとズルズルとイジメられぱなしの状況が永遠に続くことになりますよ。

会社内でのイジメは解決することは「不可能」です相談しても無駄 そこには羽目に気づいてください本当に

ビックリする考える人

まず、会社内でのイジメをなんとかして辞めてもらおうと行動したり、誰かに相談したりしても「無駄」です。絶対になくなりません。

例えばイジメているのがあなたの上司だったら、上司なわけですから、絶対にいじめは無くならないでしょ?

そんなの、普通に考えればすぐにわかります。しかもそういう上司がある突然「イイ人」になってあなたに対するイジメを辞めると思いますか?

それは絶対にありません。確率「0%」です。人間て変わらないですよ。とくに人をイジメる人なんて絶対のそのままゴミ人間のまま一生を終わっていきます。

そんな人といくら金のためとはいえ接してイジメられたら人生たまったもんじゃありません。

もう一度言いますけど、会社内でいじめがあってそれを改善するのは不可能です。

会社の本部とかにイジメられているから部署を変えてくれと言われても、そんな一個人の都合で部署は変えてくれません。

いじめをしている上司と違う上司に相談してもアドバイスはくれますけど、そのイジメている上司に直接「お前イジメるのやめろよ、いい加減にしろよ」とかいう風に言ってくれるわけでもありませんしね。

なので、実際そういう会社内でイジメがあっても解決することなんてありえないんですよね。

私が実際会社勤めしていてイジメとかありましたけど、解決したのを見たことがありません。現実そんなもんです。

だからあなたがイジメにあってるなら自分の身は時分しか守れないということに気が付いてください。

まず会社でいじめに合ったら上司に相談しても解決しなかったです 労働基準監督署に通告しましょう

私の友人の話ですけど、会社でイジメにあって、上司に相談ンしたそうです。

でも、話は聞いてくれますけど、結局イジメは無くなりません。そう、イジメている本人が直属の上司で、相談したのはその上の上司というケースだったんですね。

まあ、上司がいじめをするくらいですから、多少上から注意されたくらいではイジメを辞めるわけがありません。その相談したさらに上の上司も、本当にいじめを止めようとは思ってなかったのかもしれません。

ということで、その友人はその会社の管轄の労働基準監督署に通告しました。まあ、実際その上司にいじめられている人は今まで択さ煮るので、そういったことを労基に通告したんですね。いじめ&パワハラです。

それでもって、藤堂基準監督署は会社に厳重注意をしてきました。最近はパワハラ的なイジメも多いですし、しっかりと会社に注意をしてくれます。

会社ってこういった労働基準監督署からの忠告にはめっぽう「弱い」です。

労基からの忠告があるとすぐに、そのいじめをしている直属の上司は別の部署に異動になりました。ちなみに部下がいないような一人でやる作業の部署です。

あっさりといじめは解決しましたね。

結局、会社内の人にいじめを相談したところで全く解決しません。

子供のいじめでもそうでしょ?先生にイジメられていると言っても誰も助けてくれませんし結局自殺します。なので、会社でイジメられたらクールにサクッと労働基準監督署に通告しましょう。

大事なポイント

出来れば、いじめらあるような「録音」をしておくと完璧です。

ICレコーダーや今時ではスマホでも録音のアプリなので、いじめの会話を録音しておけばもう動かぬ証拠ですからね。

可能であれば必ずいじめられた時の音声を録音しておきましょう。

会社でいじめにあったらサッサ休職して会社を休みましょう その間に転職活動もできるので一石二鳥ですよ

悩む牛
結論を言うと、会社でイジメにあったら、そんな環境からさっさと脱出しましょう。

「いやそんな簡単に言われても無理だよ」

とか思いますけど、それほど難しくありません。

まず、会社を辞めたくないなら、「休職」すればいいんですよ。心療内科に行って

「会社でイジメられて、夜も不安で眠れません。朝会社に行くときに体が重くてもう精神的に厳戒です。」

と医師に言えば簡単に「うつ病認定」してくれます。そして「会社を休職したほうがイイ」という診断書を書いてくれます。

たいてい2~3か月の休職期間になります。この「医師の診断書」を会社に出すと簡単に公的に会社を休むことができます。

関連記事

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

会社ってこういった診断書みたいな「公的な書類」にめっぽう弱いです。いくら口で「イジメがあるので異動したいです」とか会社に言っても会社は何にも対応してくれませんが、

こういった診断書みたいな書類を出すと一発で対応してくれます。なぜなら、労働基準監督署とかにバレて会社が目をつけられるのが怖いからです。

とにかく、さっさと診断書のような書類を出すのが一番手っ取り早いです。

ちなみに休職って最長1年6か月できます。その間「傷病手当金」も出るので、収入的にもそれほど困ることはありません。

しかも、その間に「転職活動」をすればいいわけです。休みながら転職活動ができるので、かなり時間的に余裕がありすよ。

ちなみに私はいじめではないですけど、パワハラで上司からコテンパンにやられて「うつ」になり休職しました。

休職してる間に転職活動をして、無事別の製造業に転職することができて、人間関係がリフレッシュされましたね。

転職した職場ではイジメがあった状況がウソのように楽しく仕事をしています。ホントイジメある職場なんてゴミ以下です。

さっさと転職したほうがイイですよガチな話。

転職活動は転職エージェントを利用して効率よくおやっていきましょう

考える女性

休職中に転職活動をするにも、仕事をしながら転職活動をするにしても、転職エージェントの利用は必須です。

転職活動の効率が全然違ってきますからね。ハローワークとか求人誌とか使うと悲惨なことになります。ブラック企業ばっかりでげんなりしますよ。

結局イジメが起こるような会社って、会社としてもあまりいい会社ではないと思います。そういった人間関係を放置プレイするっていうのは大人のやることではないですからね。早くそんな会社や環境は見切りをつけて転職活動をしてきたいものです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

転職エージェントは「転職活動を効率化する」支援ツールです。

これのいいところは、

「アドバイザーと相談できる」

「紹介してもらう求人がしっかり審査されている」

ということです。

転職活動って実際に初めての人がほとんどです。転職を何回もする人もまだ少数派ですからね。

なにからやっていいのか、わからないのが本音ですよね。その場合、アドバイザー相談してアドバイスを受けることができます。転職のやり方から細かい困りごとまで相談することができます。

アドバイザーは転職のプロなので、その人に応じた的確なアドバイスをもらうことができます。転職に不安がある場合でもその不安を相談してみるのがおススメです。

また、転職エージェントでは紹介しれくれる求人はアドバイザーが審査していので、ブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークとか普通の求人誌だと求人掲載に審査が無いので、ブラック企業のオンパレードです。

これだけでも転職エージェントを利用する価値はあります。求人の質はブラック企業を避けるためには必須条件ですからね。

転職エージェントの登録・利用は無料なので安心して使うことができます。求人依頼の企業から紹介料をもらって運営しているので登録者にお金がかかることはありません。

今の会社を出たい、転職に迷っている…という場合は一度転職エージェントに相談して求人を紹介してもらうのをおススメします。

いかに世の中には「まともで従業員にやさしい会社がたくさんある」というのがわかるだけでも視野がグッと広がってきますよ。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加