潰れそうな会社でリストラされる前に転職する方法 ブラック企業は全くあなたを守ってくれない

時計と航海図

会社がつぶれそうになると、たいていリストラされる。これは大迷惑な話ですよね。

この手の会社のほうが仕事が激務だったりするので、こき使われるだけ使われて、その挙句会社の経営悪化でリストラされるという分だり蹴ったりのストーリーがけっこう見られますよね。

たいていこういったリストラする会社はそのあとで、業績が回復するっていうのは2割くらいなんですよね。結局リストラしてもそのあと会社は沈んでいくというのがほとんどです。

日本人て自分が勤めてる会社とかの経営状況も把握してないことが多いですよ。これってものすごくびっくりします。

私が前に勤めていた会社なんかも、あきらかにヤバいかな・・・と思っていて案の定リストラを開始していました。私は転職したあとだったので無傷でしたが

そのとき同僚とかに

「この会社ヤバいからな・・・そろそろリストラるんじゃないの?」

といっても

「いやーそんなことないだろ、大丈夫だよ(^O^)/」

的なことを言っていました。一人じゃなくたいていの人がこういうニュアンスの返答でしたね。

そうこんなもんです。自分の会社の業績とかは悪化しないだろうみたいな

「根拠のない自信」

みたいなものを持っています。いやだって、会社の生産量とか明らかに半分になってるしおかしくね?とか思わないんですよね。

そう「会社は潰れない」みたいな妄想というか洗脳があるんですよね。東芝とかシャープとかあんなになってるのにどうしてなんでしょうかね?

これって、あれですよ。

「現実を直視できないから現実逃避してる」

ということです。会社の状態はヤバいけどかといいって自分ではどうしようもないから事実を見て見ぬふりをする・・・・

「思考停止」というやつです。思考停止ほどこわいものはないとこのとき本当に本当に本当に思いましたね。

潰れそうな会社は業績悪化を公表しません よく自分の会社の倒産をニュースで知ったっていう会社あるでしょ?そんなもんです

潰れそうな会社は業績悪化とかを公表しません。一部上場企業なら決算開示しますからもろバレですけどね。

それでも、よく自分の会社の倒産をテレビのニュースで知ったなんてのよくありますよね。倒産するのを従業員に知らせない・・・

こんなもんです。それだけ従業員はどうでもよくて、会社を優先するわけです。

会社勤めもいいですけど、会社になんか思い入れとかそういうのを持っている人ってちょっと怖いですよね。

そういう人に限って真っ先にリストラされるんですねよ。社畜からリストラされるという哀れなパターンもものすごく多いですからね。

「会社に依存しすぎる」っていのは怖いです。そういう人って意外と先にリストラされますよね。

会社はある程度距離を置いておいたほうがいいですよ。べったり依存してると、本当に

「会社で言われたことしかできない人間」

になってしまいます。そういう人がリストラされたら、転職とかもかなりむつかしくなるのは簡単にイメージできますよね。

そんなことより、会社の業績が悪化してきたな・・・と思ったら転職することを考えるほうがまあ普通ですよ。

会社ってほんと従業員は守ってくれないですよ。会社の存続を最優先します。考えれば簡単にわかりそうなもんですけどね。

だから観点に首を切られるということは普通にあります。

「いやいや俺は大丈夫」

にたいな何も根拠のない自信みたいなものがある人が真っ先にリストラ対象になりますからね。

そう「良い意味で敏感で行動が早い」といった人・・・・平たく言うと「生存本能が高い人」はすぐに転職の行動をします。

野生動物の政界では「逃げる」力が強いいきものが生き残ります。逃げるのが遅れると簡単に食われてしまうからですね。

リストラされるかされないかは「仕事ができるかどうか」ではなくて「上司に気にいられているかどうか」です

考え込むサラリーマン

後リストラされるかどうかってのは「仕事ができるかどうか」ってのは全く関係ありません。

そもそも、リストラがあったときに真っ先に自分から辞めていくのは「できる社員」からです。そういうひとは時分から辞めていきます。

それでもって残るのは仕事ができなくて上司に好かれている社員だけがリストラ対象から外れます。

そうとにかく上司に好かれていればそれだけでいわゆる評価はよくなりますしね。

リストラやると結局会社がつぶれるのはここが大きいいです。

「有能な人材はさっさと転職して去ってしまう」

「無能な従業員だけが残る」

とこうなります。こうやって会社は自分で自分の死期を早めていきます。

べつに有能じゃなくてもいいんでうすよ。これから終わる会社にいる必要はありません。転職がむつかしいという情報が流れまくっていますがそれはブラック企業が奴隷を長い間利用したから流している情報で、そこまで転職はむつかしくありません。

ましてや自分の会社の業績が悪化しているとわかっているのにその会社にいる意味が分かりません。

尽くした恋人にあっさり捨てられるということと同じパターンになりますよ。それでもいいなら業績が悪化している会社にずっといてください。

というわけで、会社が業績悪化の兆候が見られる会社は10年は持ちません さっさと転職していきましょう


会社の業績が悪化していると明らかにわかっていたら転職は必須です。

以前私は地銀にいたんですけど、業績が悪化してそのあと業績がV自回復した会社って1割くらいです。

のこりの9割は10年以内、早ければ2~3年くらいで倒産しています。そういう現実を直視してない人がかなりいたので、倒産した後に動いても遅いわけですね。

生活自体が破たんした人をたくさん見てきました。なんで業績がわるいとわかっているのに転職しないんだろう?と思ったんですがそれは人それぞれなので、とやかく言うつもりはありません。

ただ、サクッと転職したほうが後の人生楽ですよ。そりゃそうですよね。転職って若ければ若いほど楽ですし、動きも取りやすいです。

それに、世間で言われてるほど転職って難しくないです。情報をあおりすぎですよマジで。なんか転職リスクが高いみたいな記事はもううんざりです。

転職方法が分からないなら「転職エージェント」を利用してください。転職のプロであるエージェントが的確なアドバイスをしてくれます。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の求人を適正に応じてピックアップしてくれます。

もちろん登録から利用までが無料になっています。これは求人を出している企業側が、エージェントに報酬を支払っているので求人するあなたは無料で利用できるのです。

転職エージェントに登録するメリットは履歴書の作成から面接のやり方などプロのエージェントがしっかりアドバイスしてくれます。

あなたと面談して、求めている求人を選ぶ手助けもしてくれるので、一人で手探りで転職活動をするより格段に効率が良くなります。

また、転職エージェントには会社の中の情報もあるので、事前にブラックな会社や残業の多い会社、離職が多い会社を教えてくれます。

一人で転職情報を調べていても、こういった会社内部情報はほとんど入ってこないので、その情報だけでも価値があります。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!