学生が公務員試験と一般企業を併願したほうがイイ理由 公務員でもブック職場がありますからね

奪取するサラリーマン

公務員試験を目指している人の理由はこういう時世なので「安定した仕事」ということですよね。

公務員試験は年々狭き門になっているので、試験勉強も本気で取り組まないと合格はむつかしいです。私の友人も何人も公務員試験に落ちた人を見ましたよ。でも受かっている人はホントガチでなんなんも何年も前から準備してきた人でしたね。

もし、公務員試験に失敗すると卒業してもう一度試験を受けるか、または留年して試験を受けるか、それかどちらにしても試験をあきらめて就職活動をするかの選択を迫られます。

試験は一発勝負の面があるため、保険として就活をしながら公務員試験を受けるという二足のわらじをしている人もいますよね。

ただ、公務員試験と就活の同時進行は相当辛いです。かな地頭がイイ人でないと共倒れの可能性が高くなってしまって、正直言ってあまりお勧めではありません。

公務員試験の勉強のピークってだいたい就職活動のピークと重なっていますよね。大学生の就職活動は初めてのことばかりで手探り状態です。

慣れない就職活動をしながら、難関の公務員試験の勉強をするということをイメージすると簡単にどれだけ大変かが分かると思います。

この二足のわらじは相当バイタリティーがある人でないとこなしていけないハードな修行期間みたいなものです。ありがちな話ですが、両方共倒れで試験勉強も就職活動もどっちつかずで失敗・・・・なんてことになりかねないです。

でもできたらね、やっぱり企業を併願したほうがイイですよ。公務員試験て水物ですから、それ一本にかけるのもリスクもデカいです。

公務員試験は狭き門です 合格すると確信が持てないなら一般企業を併願しましょう

公務員試験の難易度は年々難しくなっています。おどすわけではないですけど、市役所レベルの試験でも相当な競争率です。

だいたい少なくても5倍~20倍くらいが平均値です。20人に一人しか受からない試験という下手をすると難関大学よりむつかしいものになっていますね。

単純に考えると、大学受験レベルの勉強をしないと合格できないと言ってもいいでしょう。

それを、就職活動しながらやるとなると相当ハードルが高くなってきます。

就職活動を試験を同時に行うためには、3年生が始まったあたりから試験勉強と就活の準備をしっかり行っている人だけが可能なものです。

今私の友人で公務員になっている人たちはほとんどが公務員試験一本でやっていました。

大学生の時に公務員専門の予備校に通って、かなりに時間を勉強に費やしていました。いやあ大変だなあと思ってみていましたがその努力の甲斐あって県庁や市役所の職員になっています。

もちろん落ちた人もいましたが、公務員試験浪人をして知っている人はみな受かっています。

このくらい公務員に絞っている人ならいいのですが、あまり自信のない場合は公務員一本にしぼるのはお勧めできません。

公務員一本に絞ってうまくいく人は、大学1年の時から準備呈しましたからね。

3年の後半とかから準備しても遅いわけです。少しでも公務員試験に自信のない人は一般企業も併願したほうがイイです

最悪、企業に就職してから、仮面浪人風に公務員を目指すこともできますしね。

なにより、公務員と言ってもブラックな職場もあって、結局一般企業のホワイト企業のほうが仕事が楽だったなんてオチもよく見かけます。公務員だからといって、安泰というわけじゃあないんですよ。

公務員でもブラックな職場もあるんですよね 怖いですよ実際

友だちが市役所の選挙管理委員会に配属になりました。市役所に無事受かってゆるい感じで仕事するぞみたいにいっていたんですけどね。

でも、いきなり一年目から選挙担当になってずっと残業しっぱなしで、夜も10時ごろの帰りで、休日も選挙関係の仕事で外回りですよ。

まあ、公務員だから残業とか休出手当はつくので、真リアルブラック企業よりはいいんですけど、公務員になってゆるい仕事で生活をするという友人の夢ははかなく散っていきました。

結局その友人は公務員を辞めて、実家の稼業を継いでいましたね。実家の稼業を継ぐのがいやだから公務員になったと言っていたのにねえ( ;´Д`)

公務員だからって、緩い仕事がでのんびり生活できるわけじゃアないんですよね。そのあたりを知っておかないと、公務員が一般企業よりも絶対イイみたいな洗脳にハマってしまうんじゃないかと思います。

公務員試験に失敗しても20代なら一般企業にも就職できます。

とまあ、公務員になってもブラックな職場もあるということを言いましたけど、実際、市役所などの地方公務員でもかなり激務な部署もあって辞めてしまった友人もいます。

だから、やっぱり一般企業も受けておいたほうがイイですよ。実際それほど今では公務員と企業との垣根もそれほど大きくないですしね。

当然「でも公務員試験だけ受けるのもちょっと怖いな」と思う人もいるでしょう。

ただ、20代のうちは公務員試験に失敗しても、それほど不安になるころとはありません。

25歳までは職歴が無くても第二新卒という枠で就職活動ができますし、20代後半でも職歴が無いことを面接で聞かれたとしても

「バイトをしながら公務員試験の勉強をしていた」と正直に言えば、特に問題は起こりません。

正直試験は落ちる人もいますし、これはしょうがないことなんですけど、公務員試験を落ちたらもうそこですべて終わりだと悲観的になるのもちょっと考えすぎです。公務員になっても普通に公務員辞めたいと思う人も私の友人でたくさんいますしね。

公務員と言っても職場が倒産しないというメリットもありますけど、まあブラックな職場とかもありますよ。公務員も仕事次第ですね。市役所員とか楽なイメージでも部署によっては超ブラックな職場もあります。そういう場合は普通に民間のホワイト企業に行ったほうが全然いいんですよね。そのお話です。

ある程度計画的に、「25歳までは公務員試験に挑戦する、だめなら就職活動は始める」とメリハリをつけて活動したほうが結果は伴います。

また、やっぱり試験なのでテクニック的な面と効率も考えると公務員試験予備校に通うことをおススメします。

一人で独学で孤独に勉強していると、だんだんと精神的に不安感が増幅してきて、勉強に支障が出てもつまらないですからね。この傾向は公務員試験浪人なんかを
独学でやっているとものすごく出てきます。

そういう場合は、予備校に通うことで勉強の効率もあげて孤独感や不安も解消するという一石二鳥の面が予備校にあります。

もう一度言いますけど、やっぱり計画です。大学生の時に一発で合格するつもりでやるのは当たり前ですが、落ちたときのことまで想定して「落ちたらどうする」ところまでちゃんと考えて試験に臨むのが人生計画としては前向きなものになります。

その際、やはり公務員になりたい理由をもう一度じっくり考えて試験に臨むことが本気で試験勉強をやるために大事なことだと思います。

もし公務員試験に疲れて来たら、第二新卒枠で就職するのもアリです。

既卒・第二新卒の就職支援サイトは、専任の就職アドバイザーが、あなたの希望の求人を適性に合わせてピックアップしてくれたり、履歴書の作り方から面接の具体的な対策までをサポートしてくれます。

就職支援サービスは登録から利用までが無料になっています。これは企業側が求人を出している就職支援サービスに費用を払っているためです。このため求人者は完全無料で利用できるわけです。

就職支援サービスに登録すると、担当の専任アドバイザーがついて、あなたの希望の求職条件がどのようなものかを面談して確認してくれます。

その情報をふまえて、あなたに合った求人を探してくれるので、効率的に求人を見つけることができます。

自分にどんな仕事が合っているかどうかを一人で悩んで考えていると、どうしても自分の適性を見失いがちです。

就職支援サービスでは、就活のプロのアドバイザーに相談できるので、自分の適性を第三者の目から見て、的確なアドバイスをもらうことができます。自分では思いもよらないキャリアの適性が解るときもあるんですね。

就活をするには、自分が就職したい業界についての動向などを、就職支援サービスのアドバイザーに相談してみるのをおススメします。

無料で相談ができるので、気軽に自分がその業界に向いているかどうか?給料どうなのか?労働環境はどうなのか?などを聞いてみるのもイイですね。

就職活動は、一人でやると効率が悪く時間もかかります。履歴書作成・面接の対策・会社の情報の収集を一人でやるのは効率が悪いです。就職支援サービスを利用すると、こういう時間のかかる作業を削減することができます。

優良な第二新卒の転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.第二新卒ナビ

2.マイナビジョブ20’s

3.いい就職.com

 

第二新卒ナビの特徴は「第二新卒ナビ」はの最大の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あ棚の立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

「第二新卒ナビ」の公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合はマイナビジョブ20’sやいい就職.comを選択しましょう。

マイナビジョブ20’sもいい就職.comも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「マイナビジョブ20’」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

「いい就職.com」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!