保育士が仕事をリストラでクビになることは多い そんなブラック保育園に勤めていたいですか?転園するのが賢明ですよ

泣く保育士

リストラになって首になる。こんなのは使えない中年男性がターゲットの普通の企業の話だと思われがちです。

でもこんなことが保育士にもよくおこるんですね。保育士は資格を持っていて強いし、保育士自体は人手不足というイメージがあります。

ただ最近では少子化が進んで、子供が減ってきています。そのため大きな保育園ではあまり影響もないかもしれませんが、小さな保育園では保育士を減らさなければいけないという状況もあります。

また、経営上、人件費削減で「保育士を切る」というのはアリがちな話です。経営者がそういう方針を出したらほとんど保育士は切られます。

最悪なのは園長や人事権をもった主任保育士が「あの保育士きらい」と感情的な面だけで不当解雇をするということもアリがちです。

こう見てみると保育士がリストラでクビになるなんて日常茶飯事です。ただでさえキツイ仕事でこき使われた挙句にクビにされたらもう最悪です。

ここではリストラでクビにされる保育士のパターンとその対応についてご紹介します。

いきなり「辞めてくれ」と言われる 理由は理不尽な「ただあなたが嫌いだから」というパターンが多い

先ほど話しましたが、保育士がリストラで首にされる理由が複数ありますが、一番多いのは悲しいですけど「あなた嫌いだからやめてくれ」という不当解雇です。

もちろん直接「嫌いだからやめてくれ」とは言いません。ただ、メチャクチャでテキトーな理由をつけられて辞めさせられるパターンが多いです。

「あなたの目つきが気に入らない子供が怖がっている」
「仕事のやり方が気に入らない。ほかの先生もそう思っている」
「新しい人を入れるから辞めてくれる?」
「あなたに給料払うのはもったいない」
「職場にきてるだけじゃないの辞めてもらえる」

といったコレなんかの昼ドラ??みたいな信じられない理由で辞めてくれと言われることがあります。

平たく言うと全部「あなたは気に入らないからさっさと辞めてくれ」と言っているのと同じです。

いや、これって社会人の言うことかよ?という子供じみた感じですけど、本当に悲しいですけど、こうやって退職させられた保育士はものすごく多いんですね。

これって、保育園が会社組織として未熟だったり、当然労働組合とか上司の制度が適当だったと組織がうまく機能していないからこういうことが起こってしまうわけですね。

他の保育士も「これおかしくないか?」とおもって同情はしてくれますけど、助けてくれることはありせん。だってそんなことをしたら自分も嫌われて、テキトーな理由でリストラされてクビになってしまいますからね。怖くて助けることなどできません。

こうやって日夜、理不尽なただ「あなたが嫌いだから辞めてね」という不当解雇が量産されているわけです。

法的に対応とかできますけど、そもそもそいう保育園にいたいと思います?悔しいですけど未練はないですよね愛想が尽きます

そういった不当解雇は法的には裁判を起こして解雇を解消するのも不可能ではないです。

ただ、まず、そういう保育園にあなたそこまでして勤め続けたいですか?そんなイヤな奴がいる保育園で勤め続けてもストレスがたまるだけで、イヤな思いしかしないと思うんですよ。

たしかにそのまま辞めるとかは「負ける」ようで悔しいです。そんな理不尽なことに負けているようで納得いきません。

ただ、人生は長いです。そんなどうでもいい人種にだわっている時間ももったいないです。そういう個人的な感情で人を貶めたり、挙句の果てに「辞めてくれ」みたいなことを言う人が人事権を持った組織はそのうちどうせ破たんします。

そしてそういうことをする人たちもどうせまともな友人とかもいません。いても同じような「レベルの低い人種」です。

かわいそうな人たちなんですよ。人に意地悪することでしか自分を認めさせることができない人なんですね。

そういう理不な不当解雇で辞めてしまうのは負けのような気がしますが、本当の意味で負けているのはそういうことをしている側の人間です。長い目で人生を見るとかならずそういうことになってきます。必ず。

そんなやからがいる保育園なんて全く未練がないですよね?あるとしても悔しい感情があるだけで、そこで働きたい

という感情は少ないと思います。
そんな保育園にこだわり続けるより、もっといい環境の保育園に転園するほうが前向きですし人生がうまくいく可能性があがります。

ここは気持ちを切り替えて、転園するために転職活動をするのが前向きです。

転園をするなら保育士の転職支援サービスを利用しよう

決断力
理不尽なリストラでクビになってしまうなら、前向きに転職活動を始めてしまったほうが人生前向きです。

転職活動は履歴書を書いたり、職務経歴書作成、面接の対策などやることが多いです。

ただ、保育士の仕事をしながら一人で他の保育園の求人情報を集めたたり、履歴書を書いたり面接対策をするのはかなり大変です。

そういうケースでは「保育士専門の転職支援サービス」を利用するのがおススメです。

転職支援サービスは転職のプロであるアドバイザーが面談をしてくれて、あなたの希望に合った適性のある求人をピックアップしてくれます。

転職支援サービスを利用するメリットは、求人誌に載ってない保育園の求人案件をたくさん紹介してもらえるということです。

いわゆる「非公開求人」です。こういう非公開求人は転職支援サービスがしっかりと保育園をチェックしてるので、ブラックな労働環境の求人はほとんどありません。

登録から利用まではすべて無料になっています。これは求人を希望している保育園が転職支援サービスに報酬を支払っているためで、あなたは無料で利用することができるのです。

保育士専門の転職支援サービスは、丁寧なヒアリングをして、あなたの適性を見て求人を選び保育園の雰囲気などの情報も教えてくれるケースもあります。

そういう普通の求人誌では得ることのできない情報などもあり、一人で転職活動をするより格段のメリットを受けることができるのです。

そのため、保育士の求人情報を自分の力だけで探すより、効率よく時間を使って転職活動を進めることができます。

保育士は求人の量は安定しているので、あなたに合った保育園の求人を転職支援サービスを利用することで、かなり早く見つけやすくなります。転職支援サービスを使用して効率の良い転職活動を行いましょう。

優良な保育士の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.保育ひろば

2.「保育士バンク」

3.「ジョブメドレー」

 

 

「保育ひろば」は特に厳選された保育士求人があることで定評がある転職支援サービスです。

アドバイザーが的確なアドバイスで、転職の面接指導などをやってくれますし、面接の段取りなどと保育園とうまく交渉してくれます。

特にアドバイザーの対応が良いという口コミの多い転職支援サービスで、保育士の転職には欠かせない支援サービスと言われています

登録は公式ページで必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

保育ひろばの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「保育ひろば」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「保育士バンク」や「ジョブメドレー」を選択しましょう。

「保育士バンク」も「ジョブメドレー」も大手支援サイトであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、アドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「保育士バンク」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ジョブメドレー」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!