保育士のブラック仕事でストレスが溜まってノイローゼになりそう その場合は保育園の労働環境が悪いのを疑ってみよう

砂時計

保育士の仕事は、子供を扱うということで一般の仕事より神経を使います。子供は基本予想外の動きばかりですからね大人じゃないですからね。

そういう神経を使う仕事に加えて、保育園によっては仕事量がハンパないところもあります。

もともと保育士になる人はその仕事量も覚悟のうえで保育士という仕事についている人がほとんどです。保育士の仕事って忙しいで有名ですすからね。

ただ、そうはいっても人間には限度があります。仕事量が多いといっても、普通の保育園ならがんばればやり切れる量なのですが、

ブラック保育園だと、仕事をガンガン盛られてメガ盛りになり、残業をしまくっても終わらず持ち帰り仕事が毎日みたいな悲惨な状況になるのはアリがちなことです。

また忙しいと保育園内の人間関係も悪化しがちです。そりゃ限界を超えた忙しさならイライラしますし、意地の悪い先輩や園長がいたら輪をかけて意地悪になりますしね。状況は悪くなる一方です。

今回は保育士が仕事がきつくてノイローゼになる理由とそれを避ける方法をご紹介します。

ノイローゼになる理由は「仕事の量が多すぎる」か「人間関係が悪い」のどちらかその両方がある場合です

泣く保育士

ノイローゼになる構造っていうのはシンプルで「自分の限界を超えた量のことをやり続ける」=「仕事の量が限界を超えている」といことです。

数日限界を超えるくらいならいいのですが、それが一か月、一年とか続くと人って簡単に体調を崩したり精神的に破たんします。意外と脆いです。

経営者がゴミの保育園に入ってしまうと、人件費削減することしか考えていないので仕事量をメチャクチャ一人の保育士に振っています。子供の人数は法律で決まっていますが、そういうのを無視している保育園は多いです。

当然残業してもザービス残業で、持ち帰り仕事も多いです。余談ですけどサービス残業とか持ち帰り仕事って労働基準法に

フツーに違反してますからね。日本はそういうことをしても罰せられることがない経営者を保護ずる国です。労働法が機能していないので、自分の身は自分で守るしかないわけです。そういう意識少ない労働者が多すぎます。

もう一つ当然「人間関係の悪さ」があります。

「要領が悪いわね。できないんならちゃんと聞いてよ」
「もっと早くできないの?仕事遅いわねちゃんとやってよ」

とか普通に言ってくる先輩や上司がいます。社会人としての「言い方」がわかっていない人も多いです。そういう保育園ではイジメとかも普通にありがちですし女性が多い職場はどうしても派閥みたいなものができてギスギスしています。

とくに人間関係の悪さというほは保育園によって差があります。人間関係の悪い保育園に当たってしまったら最悪です。

運悪く人間関係の悪い保育園に入ってしまったら、高確率で心を病みます。心を病むと仕事も意欲がなくなり、仕事のスピードもかなり落ちるので、さらに仕事が終わらないという悪循環が待っています。

そのまま仕事を続けるとノイローゼどころか「うつ病」になる危険性が高いです

こういった環境の保育園で仕事を続けるとノイローゼどころか「うつ病」になります。ノイローゼっていうのはあいまいな言葉でたいがい「うつ病」のことを昔は「ノイローゼ」と言っていたんですね。

私の知人の保育士は、こういう状況で仕事をやり続けたために休職して1年半くらい社会に出れませんでした。うつ病と言ってもよくネットで会社をずる休みするために使われるのは軽度のうつ病で、重度のうつ病なると、体が動かなくなり外出するのが困難になります。

なぜかというと、体が動かない上に、「外に出る」ということが「怖くなる」からです。その理由は「完全に自己否定されて、外に出るとまたああいう仕事をさせられるんじゃないか」という恐怖心が深層心理に焼き付くからです。

「ほんとに動かなくなるの?」というと本当に体が動かなくなります。うつ病は本当に怖いです。

なんでそんなん風になってしまうかというと、保育士になる人は努力家でマジメな人が多いです。「仕事は一生懸命限界までやるもんだ」みたいに教えられてきて育ってきています。ある意味洗脳なんですけどね。

そいうい人が仕事を盛られまくっても文句も言わずに仕事をした結果、限界が来てパンパン膨れた風船がはぜるわけです。

風船がはぜるともう一度膨らますには1~2年くらいかかるわけです。これが激務の保育士がうつ病なるしくみです。

仕事の量が多くて体調が悪くなったり、人間関係が悪化して疲れているのに夜眠れなかったりしたら、今すぐにでも病院に行ったほうが良いです。そうでないと取り返しのつかないことになります。

また、そういう状況なら迷わず保育園を転園したほうが良いです。身体の方が大事ですからね。身体を壊したら、保育士の仕事自体ができなくなってしまいます。

過労が限界になって「うつ病」が重度になった時、体が動かなくなるくらい、身体的にも負担がきます。階段を上るのもきつい状態です。いままで膨らんできた風船がはぜてしまう感覚に似ています。そうまったく空気が入らないスカスカな精神状態です。何も考えれない、思考力が回らない。それが重度のうつ病です。

「でもどうやって転園の転職活動をすればわからない」という場合は保育士の転職支援サービスを利用するのがおススメです。

そんなストレスがたまってノイローゼになりそうな保育園は経験上一番いいのはスパッと転園するのが堅いです

あまりに仕事がきつくてにろーぜになりそうだったらスパッと転園しましょう。そのためには転職活動が必要になってきます。

ただ、保育士の仕事をしながら一人で他の保育園の求人情報を集めたたり、履歴書を書いたり面接対策をするのはかなり大変です。

そういうケースでは「保育士専門の転職支援サービス」を利用するのがおススメです。

転職支援サービスは転職のプロであるアドバイザーが面談をしてくれて、あなたの希望に合った適性のある求人をピックアップしてくれます。

転職支援サービスを利用するメリットは、求人誌に載ってない保育園の求人案件をたくさん紹介してもらえるということです。

いわゆる「非公開求人」です。こういう非公開求人は転職支援サービスがしっかりと保育園をチェックしてるので、ブラックな労働環境の求人はほとんどありません。

登録から利用まではすべて無料になっています。これは求人を希望している保育園が転職支援サービスに報酬を支払っているためで、あなたは無料で利用することができるのです。

保育士専門の転職支援サービスは、丁寧なヒアリングをして、あなたの適性を見て求人を選び保育園の雰囲気などの情報も教えてくれるケースもあります。

そういう普通の求人誌では得ることのできない情報などもあり、一人で転職活動をするより格段のメリットを受けることができるのです。

そのため、保育士の求人情報を自分の力だけで探すより、効率よく時間を使って転職活動を進めることができます。

保育士は求人の量は安定しているので、あなたに合った保育園の求人を転職支援サービスを利用することで、かなり早く見つけやすくなります。転職支援サービスを使用して効率の良い転職活動を行いましょう。

優良な保育士の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.保育ひろば

2.「保育士バンク」

3.「ジョブメドレー」

 

 

「保育ひろば」は特に厳選された保育士求人があることで定評がある転職支援サービスです。

アドバイザーが的確なアドバイスで、転職の面接指導などをやってくれますし、面接の段取りなどと保育園とうまく交渉してくれます。

特にアドバイザーの対応が良いという口コミの多い転職支援サービスで、保育士の転職には欠かせない支援サービスと言われています

登録は公式ページで必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

保育ひろばの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「保育ひろば」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「保育士バンク」や「ジョブメドレー」を選択しましょう。

「保育士バンク」も「ジョブメドレー」も大手支援サイトであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、アドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「保育士バンク」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ジョブメドレー」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!