保育士は人間関係がブラックで辞めたいと思っている人が上手く転職する方法

泣く保育士

保育士になりたい!!と子供が大好きで保育士を選んだけど・・・・

保育園の人間関係がきつくて参ってしまったとはひじょーによく聞く話ですね。

保育園は基本、女ばかりの職場なので女同士の派閥があったり、いらないう噂話やいじめがあったりしますよね。

しかも、保護者の中にも今時では信じられないモンスターペアレントとかも普通にいます。

やりがいを求めて保育士になったはずなのに、人間関係のストレスで体も心もボロボロになってしまうということは女ばかりの職場では日常茶飯事なんですね。怖いことです。

こういう情報はいくら出も出ていますから。仕事がきつくても保育士になろうと思った人がほとんどなんでしょうね。

でも、それでもそれでも予想以上の仕事の激務っぷりと、人間関係の悪さに呆然としてしまっている保育士さんが後を絶ちません。

保育士はこういった女性が多い職場の特性で特に人間関係が悪く陰湿な場合があります。

これって女性が悪いってわけではないんでけど、私も女性の派遣のうけもっていたことがあるんですけど、とにかく派閥があってお互い仲が悪く陰湿に陰口をたたいていました。ほんとに女性の職場は怖いですよマジで。

こここではそういった、保育園の人間関係で困っている場合の解決方法を考えてみましょう。

保育士は人間関係がとにかく複雑でストレスになる 女の園は怖すぎる

話す保育士

保育園は、小さい子供を扱うためとてもナーバスな仕事です。仕事を普通にやっているだけでも神経を使うのにその上、保育園内での保育士同志がギスギスしていると、それだけで一気にストレスは倍増します。

よくある話ですが、必ずお局的な保育士がいて、このお局さまが人間的にいいキャラクターなら問題なんですが、妬み深いドラマに出てくるような悪役お局様だったら最悪です。この手の人間がいる保育園の雰囲気は経験した人間じゃないとわからないです。

保育園は、少ない人数の保育士でまわしているところが多いので、一人一人の人間関係がどうしても濃くなってしまいます。お局に嫌われると、保育士全員に悪口を吹き込まれたり仕事の連絡事項をわざとしなかったり、子供のいじめより陰湿な場合もあります。

いい大人が何やってんだか・・・と思いますけどこれが現実です。

子供が好きだから保育士になりたいというだけで保育士になるとこういう悲惨な目にあいます。

それでも保育士を続けたいなら続けるべきですがあまりおススメはできませんね。

保護者の対応にもストレスたまる

保育園の人間歓迎と言えば保護者への対応もよく話題になります。

お迎えに遅れてくるのは当たり前で、連絡ノートに直接名指しで保育士の悪口を書く人や、子供の対応で保育士に罵声を浴びせる保護者もいるんですよね。

ここまでくるとかなりのストレスがたまります。いったい私はこんな保護者のためになにやったんだ・・・・と思ってしまいますよね。

こういう保護者のかわし方も慣れてくるものですが、そうはいっても保育士も人間ですから徐々にストレスが蓄積されて行くわけです。

この対人間のストレスってのをあなどっていると簡単に「うつ病」になります。

参考記事

長時間残業をしてストレスがたまっていくと、意外と簡単に「うつ病」になってしまいます。具体的にどのくらいでうつ病になったかを体験を踏まえてごしょうかいしています。あんまり思い出したくないことですが、これがあなたの役に立てば幸いです。

個人的には身体を壊してまで仕事をがんばるってまるでナンセンスです。仕事は自分の人生を豊かにするためのものだからです。

本当の保育士が好きで保育士をやっている、給料が安くても人間関係が安くても保育士を続けていたいのなら、せめて人間関係のイイ別の保育園に労働環境を変えていくべきなんじゃないんですかね?

人間関係からうつ病になった人もいます 体を壊したら終わりですよ

じっと見つめる猫

職場の人間関係のストレスは、徐々に心をむしばんでいきます。もう一度言います「徐々に」です。

自分ではわかないくらいストレスは心に蓄積していき、だんだんと体調面に現れてきたりします。

マジメな人ほど体調が悪くなっても頑張ってしまいがちです。ここを無理して頑張っているとある日朝起きると体が金縛りにあったように動かなくなる時があります。そう「うつ病」になってしまいます。

うつ病になりやすい人は、まじめで責任感が強く、保育園の同僚からのいじめや、モンスター保護者からのいやがらせを「まとも」に受けてしまいます。

体調が悪くなって体が「無理だ」と訴えているのに、頑張ってしまうんですよね。そのうち、ストレスがはぜてしまって精神的に限界がきて体が動かなくなる・・・・というメカニズムです。うつ病は怖いです。一度うつ病になると回復するには1~2年くらいかかるので、人生の大切な時間を棒に振ってしまいます。

過労が限界になって「うつ病」が重度になった時、体が動かなくなるくらい、身体的にも負担がきます。階段を上るのもきつい状態です。いままで膨らんできた風船がはぜてしまう感覚に似ています。そうまったく空気が入らないスカスカな精神状態です。何も考えれない、思考力が回らない。それが重度のうつ病です。

ホントにうつ病になると大変ですよ。実体験で語るとほんと悲惨です。保育士の知人でうつ病になっている女性を何人か見たことがあります。マジメで、女性としては素晴らしい人ですが、マジメである程度美人であったために周りから嫉妬をうけてイジメにあったんですね。

そうまじめに仕事をしてる人のほうがイジメに合いやすいというのもあります。なんか悲しい世の中ですけどそれが現実です。

実際にうつ病になると社会復帰が1~2年はかかるので、その間人生がストップしてしまいます。

私は体験者なので間違いないですよ。そうなってもよかったら頑張り続けてください(^O^)/

ブラックな会社に行っていると、たいてい「うつ」の症状が軽い重いの症状の差はありますが、出てきます。軽いならいいのですが、思いうつ病の症状が出てくると、それだけで人生が破たんする可能性もあります。自分の身体は自分で守るしかありません。労働環境を変えていく行動は「自分」しかできませんよ。

今の勤めている保育園が最悪なら今度は人間関係のいい保育園を選んで労働環境を変えていくのがベターです

悩む牛
保育園の人間関係が悪いと、せっかく子供が好きで仕事にやりがいを求めて保育士になったのに、仕事で「私一体なにやってるんだろう。」ということなってしまいます。

逆を言えば、ある程度人間関係がいい保育園もたくさんあります。これは、運の要素も大きいのでその保育園で働いてみないとわからないことも多いんですよね。

保育園の人間関係で悩んでいるなら別の保育園にサッサと移ることを考えたほうがよっぽど前向きです。

特定の変なお局様やモンスター保護者に時間を割くより、人間関係のいい保育園で子供とむきあったほうが当然ですが前向き仕事をすることができます。

保育士の転職はそんなに難しくない

保育士は国家資格なので、保育園を移る転職は難しくはありません。

そこまで、頑張って保育園を探さなくても保育士は基本人手不足なので、それほど新しい保育園が見つからない・・・ということはまずありません。

ただ、転職するのに大事な「人間関係のいい保育園」の情報をさがしたりと「履歴書を書いたり面接をうまくこなす」というのはなかなか一人でやるのは大変です。

保育士の面接特有の質問に答えたりする方法はしっかりと面接の前に準備しておきたいところです。

保育士の仕事をしながら、これを一人でやっていくのは正直大変です。保育士の転職は保育士専門の転職エージェントの利用は必須になってきます。

人間関係が悪い保育園を脱出するには保育士転職の専門サイトを利用しよう

書類を見る女性

転職エージェントが主催する保育士専門サイトというものがあります。

転職エージェントは無料で利用できる転職のプロが担当する転職情報サイトです。エージェントの担当者が人間関係のいい保育園の情報や、面接の指導や履歴書の書き方をサポートしてくれるので、時間のないあなたにてとってはとても便利なサービスです。

転職エージェントは「転職活動を効率化する」支援ツールです。

これのいいところは、

「アドバイザーと相談できる」

「紹介してもらう求人がしっかり審査されている」

ということです。

転職活動って実際に初めての人がほとんどです。転職を何回もする人もまだ少数派ですからね。

なにからやっていいのか、わからないのが本音ですよね。その場合、アドバイザー相談してアドバイスを受けることができます。転職のやり方から細かい困りごとまで相談することができます。

アドバイザーは転職のプロなので、その人に応じた的確なアドバイスをもらうことができます。転職に不安がある場合でもその不安を相談してみるのがおススメです。

また、転職エージェントでは紹介しれくれる求人はアドバイザーが審査していので、ブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークとか普通の求人誌だと求人掲載に審査が無いので、ブラック企業のオンパレードです。

これだけでも転職エージェントを利用する価値はあります。求人の質はブラック企業を避けるためには必須条件ですからね。

転職エージェントの登録・利用は無料なので安心して使うことができます。求人依頼の企業から紹介料をもらって運営しているので登録者にお金がかかることはありません。

今の会社を出たい、転職に迷っている…という場合は一度転職エージェントに相談して求人を紹介してもらうのをおススメします。

いかに世の中には「まともで従業員にやさしい会社がたくさんある」というのがわかるだけでも視野がグッと広がってきますよ。

ブラック保育園はもう終わりにしませんか?
ブラック保育園に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加