保育士一年目で仕事が辛い場合は耐えるよりも転園しましょう 労働環境は差がありますよ 

「子供が好きだから保育士になった・あこがれの職業だった」と思って就いた保育士の仕事。実際働い始めるとただきついだけで激務に追われている。先輩保育士の指導やいじめがキツイ・・・こういうことは本当に保育士あるあるの悩みです。

もともとどんな仕事でも一年目はきついものです。まして保育士の仕事はかなり忙しいといと言われているくらいですから、尚のこと一年目は大変でしょう。

ただきついといっても「いきなりやめたい」と思うのは相当仕事がキツイということになります。入ったばっかりは覚悟もありますし、まだ若いのでそれなりに体力もあり体はまだ動きますしね。

そういう場合たいていは、「先輩やリーダー・園長からの指導が厳しい、イジメがある」といった人間関係の悩みがダントツです。一年目もそうですし、結局保育園はこういった人間関係のいざこざが特に起こりやすい職場なんですね。

そりゃあ女性ばかりですから、女性が派閥を組んだりいじめが陰湿だったりするのは今更分かったことではありません。

平気で自分の好き嫌いだけで人をイジメたり罵倒したりする人は意外と世の中には多いです。そういう人が子供に

「いじめはダメよ」

とか教えちゃってるわけです。

そういう現実を理解したうえで、今回は一年目に保育士の仕事がつらいどうしようもないというケースの対応をご紹介します。

先輩保育士や園長が一年目だから育てようとしてりるのかイジメてるだけなのかを判断しよう

先輩保育士やリーダーや園長があなたに厳しくする理由を判断するのが大事です。

保育がうまくできなかったり子供の扱いがイマイチ、保護者の対応がうまくできない・・・こういう状況だったら指導されるのは当たり前ですし、いきなり一年目からなんでもうまくできる人はそうはいません。

先輩保育士やリーダー保育士といっても、人間的にいい人だったり、指導がうまかったりする人は少ないんですね。

だから一年目の保育士にきつく指導したりするのはしょうがないです。

ただ、その指導の中にある程度でも「この人を育てよう」みたいな部分があるかどうかをしっかりと見定めてみます。

もし言い方がきつくてもそういう部分を感じられたり、いつもただきついだけでなくたまには、普通にしゃべるかけてきたりする部分があればまだいいです。

でも、「ただ悪意があって一年目のあまり仕事ができない保育士をただイビッてる」という人もかなりいます。

こういう人はただできないことを罵倒するだけで、解決方法をアドバイスしてくれなかったり、あなたのことが嫌いで(若さへの嫉妬とかありますしね)きつく当たっているというのが割とありまます。

ここをしっかりと見定めましょう。

少しでもあなたを成長させようとしている人に対しては、やっぱりそれなりに答えてあげるべきです。それでも保育士の仕事が限界だったら体や心が壊れる前に転園するべきですけどね。

やっかいなのは「タダ悪意があって保育士をイビッてる」先輩保育士やリーダー保育士です。

こういう輩はただ人をイジメたいだけの人種で、こういう人の下にいても仕事もできるようになりませんし、自分の心が病んで保育園を結局辞めることになってしまいます。

特徴としては

「ダメだしをするけど一切アドバイスはしない」

「いつもイライラしている」

「笑顔がほとんどないあってもバカにしたような笑い方」

「完全に見下している」

「そもそも保育園の中でしか通用しないキャラ」

こういった特徴があります。一言で言うと「人間のクズ」です。意外とクズっているんですよ。保育園だけでなく普通の会社でもいくらでもいます。

ただ、こういったクズでも「仕事さえできれば」給料をもらえるのが保育園は会社です。企業にとっては仕事さえやってくれればその人の人間性などどうでもいいといった面があります。ちょっと悲しい現実ですけどね。

もしあなたを指導している人がこういった「クズ系」の人間で、それが原因で一年目でも保育士の仕事がキツイもうダメだと思う場合はサッサと転園したほうがいいです。

なぜなら、それはあなたが仕事ができないのでははく、そういう人の下だと恐怖や自信の無さなどが心の中で膨れ上がって実力の三分の一も出すことができないからです。要するにそういう「クズ系の人種」に潰されているんですよね。

そいいう保育園に最初に入ってしまったケースはとても運が悪いですが、さっさと環境を変えないと取り返しがつかないことになります。

ただのイジメだったら一年目でもすぐに転園するべきです 保育園は労働環境にはかなりちがいがあります

このように、「クス系の人種」に運悪く当たるとそれは「指導」じゃなくて「イジメ」なのでまとのもあなたが成長できないんですよね。

そういう環境にいて、しかも一年目だからキツイ、でもまだ入ったばかりだからもう少し頑張ってみようとか思うのが辞めたほうが良いです。

そうなってしまうと二年目になっても三年目になっても状況はほとんど変わりません。逆に悪くなることのほうが多いです。

それだけ、「労働環境」っていうのは重要です。労働環境がいいと「仕事って楽しいんだ」と思うこともあるんですよ。

今現状「一年目で保育士の仕事がつらいもうだめだ」というところから「仕事が楽しい」というふうになるのはタダ労働環境がを変えるだけで意外と簡単にかわります。

ここに気づいていないというか、気づかせないようにしてるんですよね社会の仕組みって。だから「一つの会社にずっと勤めているのがいいことだ、かっこいい」みたいな空気を無理矢理出しているわけです。

「石の上にも三年とか」「三年は同じところにいたほうが良い」というのはブラック企業やブラック保育園にとっては最高に使い勝手がいい言葉なんですね。

こういうのに騙されてついついダラダラ悪い環境で働くわけです。まったく改善されるわけがないのにね。

そんなことより自分の労働環境を変えていく行動をしましょう。保育園は労働環境がかなり園によって違います。

ホワイトな保育園もかなりあります。そういうところに移るだけで、仕事もやりやすくなりますし、できない部分をキチンとアドバイスしてくれる人もいます。

そのために転職活動が必要になってきます。その場合保育士の転職支援サービスを利用するのがおススメです。

転職活動は保育士の転職支援サービスを利用しよう

書類を見る女性
労働環境を変えるために転園するには、履歴書を書いて求人を探し面接対策をしていく必要があります。

ただ、保育士の仕事をしながら一人で他の保育園の求人情報を集めたたり、履歴書を書いたり面接対策をするのはかなり大変です。

そういうケースでは「保育士専門の転職支援サービス」を利用するのがおススメです。

転職支援サービスは転職のプロであるアドバイザーが面談をしてくれて、あなたの希望に合った適性のある求人をピックアップしてくれます。

転職支援サービスを利用するメリットは、求人誌に載ってない保育園の求人案件をたくさん紹介してもらえるということです。

いわゆる「非公開求人」です。こういう非公開求人は転職支援サービスがしっかりと保育園をチェックしてるので、ブラックな労働環境の求人はほとんどありません。

登録から利用まではすべて無料になっています。これは求人を希望している保育園が転職支援サービスに報酬を支払っているためで、あなたは無料で利用することができるのです。

保育士専門の転職支援サービスは、丁寧なヒアリングをして、あなたの適性を見て求人を選び保育園の雰囲気などの情報も教えてくれるケースもあります。

そういう普通の求人誌では得ることのできない情報などもあり、一人で転職活動をするより格段のメリットを受けることができるのです。

そのため、保育士の求人情報を自分の力だけで探すより、効率よく時間を使って転職活動を進めることができます。

保育士は求人の量は安定しているので、あなたに合った保育園の求人を転職支援サービスを利用することで、かなり早く見つけやすくなります。転職支援サービスを使用して効率の良い転職活動を行いましょう。

優良な保育士の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.保育ひろば

2.「保育士バンク」

3.「ジョブメドレー」

 

 

「保育ひろば」は特に厳選された保育士求人があることで定評がある転職支援サービスです。

アドバイザーが的確なアドバイスで、転職の面接指導などをやってくれますし、面接の段取りなどと保育園とうまく交渉してくれます。

特にアドバイザーの対応が良いという口コミの多い転職支援サービスで、保育士の転職には欠かせない支援サービスと言われています

登録は公式ページで必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

保育ひろばの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「保育ひろば」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「保育士バンク」や「ジョブメドレー」を選択しましょう。

「保育士バンク」も「ジョブメドレー」も大手支援サイトであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、アドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「保育士バンク」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ジョブメドレー」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!