保育士の世界はドロドロの派閥がある 人間関係に疲れたら迷わず転園しましょう

悩む女性

保育士の世界は女の社会です。男性の保育士もいますが数も少なく、職場ではある意味空気として扱われています。

女性主体の社会ですね。園長だけが男性であとは女性ばかりという保育園もめずらしくありません。

そうなると、当然人数がある程度いる保育園なら恒例の「派閥」ができてきます。普通の会社でもOLどうしの派閥があるくらいですから、「女だけ」の世界の保育園に派閥が無いわけがありません。

これがまたドロドロした世界で昼ドラを地でいくような派閥争いみたいなのがあるんですよね。

ただでさえ保育士の仕事は忙しいです。子供の相手をしながら、保育日誌を書いたり、イベントの準備をしたり保護者のクレームに対応したりと仕事はハードなのはよく知られています。

そのうえ派閥の争いのストレスなんかあったらもう「死んでしまうんじゃ?」ってくらいストレスがたまりそうなイメージですね。

今回は保育士の派閥争いがどういうものかと、そこから逃げるべき理由をご紹介します。

保育園に派閥が多い理由

涙する保育士

保育士同士がライバル関係になる派閥ですが、保育方針が違ったり、仕事のペースが違ったり、年齢が違ったりするとどうしてもそういう保育方針が似ているものどうし、仕事のペースが同じもの同士、年齢が近いもの同士が派閥になりやすいです。

人間群れを成すのが動物としての本能があるのでこれはしょうがないのですが、同じ保育園にいるもの同士協力して仕事をしたほうが良いに決まってるのに、足の引っ張り合いをしたり、攻撃をしあったりしてしまうですよね。

これが派閥の有るり理由です。誰かと誰かが仲が悪いとか愚痴を言い合ったり、一緒に食事をするなど行動を一緒にするのあ派閥の特徴ですが、ただ利害が一致しているだけの関係なので、少しでも自分が不利になったら簡単に派閥を裏切ったりします。

それだけむなしい集団なんですね。なので利口な人は派閥に入るのもきらいます。島耕作も会社の派閥にに入らなかったですしね。

でも社長になりましたけど笑。ただ、あれはマンガなのでうまくいきますが、実際リアルな世界では派閥に入らないとなかなか仕事自体もろくにできなくなるほど厳しい状況に追い込まれることが多いです。

女の社会だから男は空気で女性の派閥があってもうそこは昼ドラのドロドロの世界

保育園の派閥はかなりドロドロしてます。とにかくメンドクサイ派閥関係が多いです。仲良しグループ「仲良しA]「仲良しB」みたいな感じです。派閥どうしの争いって「????」みたいなレベルのものが多いんですよね。

ベテランのやり方が気に入らない若いグループとかがいて、それが派閥になったけど、その派閥でも仲間割れして2つの派閥になって、その派閥の一つの数人が、ベテラングループに取り入ってもうぐちゃぐちゃ・・・

みたいな、地獄絵図みたいな関係になっている保育園もあります。

派閥同士は基本いがみ合ってるので、何かあると園長にチクったり、派閥の中でも裏切り者が出るとその人をイジメたりはぶせにしたりともういいことが一つもありません。ただでさえ保育士の仕事はきついのにこんなことをやってるなんてほんとマジすごいわ、尊敬するわっていうレベルです。

気の強いグループが対立派閥のミスをチクって悪口を言いまくっているのに盛り上がっている。それについていけない娘をまたハブせにする・・・

と永遠に尽きない不毛な争いが続きます。こうやって結局誰も得をしない争いを続けるのが「派閥」といものです。

そうやって自分の価値を下げているというのに気づかず派閥の行動にハマってしまうと人としての価値が著しく下がります。

派閥で嫌われるともう修復不可能 その場合は無理にそこで勤め続ける必要もない勇気ある撤退も大事ですよ。

人間は集団でいると気が大きくなるので、例えば派閥から外れて嫌われたりすると、もうその保育園でやっていくのはほぼ無理です。

そこで無理して関係を修復しようとしてもほとんど無理ですし、第一そんな意味のない派閥がある保育園にいてもしょうがないです。

そこまで無理して一つの保育園にこだわる必要ってないんですよ。そのための保育士資格ですからね。派閥のない人間関係のいい保育園に転園すればいいわけです。

保育士の転園する理由のダントツの№1の理由が「人間関係」です。そりゃそうですよね。こんな派閥争いなんかにかまってられないです。そんなことより、もっと子供に目を向けてきちんと仕事をする方が前向きですし、そこまでストレスをためて仕事ってやるもんじゃないです。

ただ、「私が保育園を辞めたら迷惑がかかる」とまじめな人ほど思いがちです。保育士は基本「努力家」「マジメ」な人が多いです。意識が高いですし、勉強もできます。ただ、あまりまじめすぎると仕事のストレスで体を壊したりするかもしれませんし、そうなってしまったら、保育園に迷惑がかかるどころか、家族や自分の周りに迷惑が掛かります。

保育園はあくまで「会社」ですから人が一人辞めてもつぶれることはないですし、きちんと回っていきます。そこまで気を遣う必要はありせん。そんなこと言ってたら永遠に職場を辞められないってことですからね

派閥関係のドロドロに耐えられないなら保育士の転職支援サービスを利用しよう

でも転園するとなると、転職活動をする必要があります。履歴書を書いたり、職務経歴書と作り求人情報を集めていく地道な行動が必要です。

ただ、保育士の仕事をしながら一人で他の保育園の求人情報を集めたたり、履歴書を書いたり面接対策をするのはかなり大変です。

そういうケースでは「保育士専門の転職支援サービス」を利用するのがおススメです。

転職支援サービスは転職のプロであるアドバイザーが面談をしてくれて、あなたの希望に合った適性のある求人をピックアップしてくれます。

転職支援サービスを利用するメリットは、求人誌に載ってない保育園の求人案件をたくさん紹介してもらえるということです。

いわゆる「非公開求人」です。こういう非公開求人は転職支援サービスがしっかりと保育園をチェックしてるので、ブラックな労働環境の求人はほとんどありません。

登録から利用まではすべて無料になっています。これは求人を希望している保育園が転職支援サービスに報酬を支払っているためで、あなたは無料で利用することができるのです。

保育士専門の転職支援サービスは、丁寧なヒアリングをして、あなたの適性を見て求人を選び保育園の雰囲気などの情報も教えてくれるケースもあります。

そういう普通の求人誌では得ることのできない情報などもあり、一人で転職活動をするより格段のメリットを受けることができるのです。

そのため、保育士の求人情報を自分の力だけで探すより、効率よく時間を使って転職活動を進めることができます。

保育士は求人の量は安定しているので、あなたに合った保育園の求人を転職支援サービスを利用することで、かなり早く見つけやすくなります。転職支援サービスを使用して効率の良い転職活動を行いましょう。

優良な保育士の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.保育ひろば

2.「保育士バンク」

3.「ジョブメドレー」

 

 

「保育ひろば」は特に厳選された保育士求人があることで定評がある転職支援サービスです。

アドバイザーが的確なアドバイスで、転職の面接指導などをやってくれますし、面接の段取りなどと保育園とうまく交渉してくれます。

特にアドバイザーの対応が良いという口コミの多い転職支援サービスで、保育士の転職には欠かせない支援サービスと言われています

登録は公式ページで必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

保育ひろばの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「保育ひろば」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「保育士バンク」や「ジョブメドレー」を選択しましょう。

「保育士バンク」も「ジョブメドレー」も大手支援サイトであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、アドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「保育士バンク」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ジョブメドレー」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!