保育士の仕事は激務で離職率高くて割に合わない 一度自分の保育園の労働環境を判断してみよう

「保育士って激務なの??」って聞かれることがあります。私は保育士4年目ですけど、「激務って聞かれたら激務です」

と答えています。相手は子供だし、永遠に動き回っていますしね。子供の相手をするだけが保育士の仕事じゃないですしね。

保護者への保育ノートや、発表会の準備、保育士同計画といった事務仕事や雑用もたくさんあります。

とはいってもこれはどんな仕事でもこういった雑務はありますし、保育士の仕事はきついですけど、プライベートが全くないとか疲れ切って死にそうだみたいになことはありません。

保育園によって労働環境はかなり差があり、本当に無理矢理一人の保育士にたくさんの子供やクラスを担当させたり

保育士が辞めても補充が無かったりという劣悪な環境の保育園も存在します。

もともと保育士になる人は、体力や精神力に自信がある人が多いです。さすがに仕事が忙しいというのは覚悟のうえで保育士になっていますからね。

その上で労働環境がかなり悪いとなると、精神的、肉体的にかなりきつくなってきます。これはその保育園の運営状況い左右されます。人件費削減で保育士を補充しなかったり、保育園の人間関係のケアが無かったりするのはよくあることです。

たしかに激務だがまったくプライベートが無いとかいう保育園は要注意

保育士の仕事は激務ですが、精神を病むほどではないです。普通に生活できますし、若い人なら遊ぶ時間もあります。

ただ、保育園の労働環境が悪いと一人頭の仕事量が常識外で多かったり人間関係が最悪で、先輩からのじめがあったりします。

えてして労働環境が悪いところはみんなイライラしていますから、人間関係も悪いです。

「あなたこんな仕事もできなの?もう少しちゃんとやってよ」
「もう、もう少し早くやってよね。そんなこともできないの?」

とか普通に罵声浴びせられるような保育園だったら要注意です。また、毎日残業したうえに、仕事を家に持ち帰っているケースもかなり要注意です。

「あれ、私の勤めてる保育園ちょっとおかしくない?」と視野を広く持って自分の保育園を見てみましょう。

実際、保育園によって仕事がキツイきつくないはあります。ブラック企業とホワイト企業があるのと一緒ですね。

自分の所属する保育園の労働環境があきらかにおかしいな・・・と思ったら環境を変えることも視野にれていくことも検討すべきです。

自分の保育園を客観的に見てみよう 労働環境や人間関係が悪ければ転園すべき

保育士になるときは「子供が好きだから」「やりがいのある仕事をしたい」といった前向きに仕事をしていこうと思っていたはずです。

それが今では、毎日の業務に追われて、子供の成長を喜べない、楽しくない、もう辞めたいみたいに思っていたらその保育園の労働環境と人間関係を疑ってみるべきです。

客観的におかしい部分があって、仕事が激務になっている部分があれば、環境を変えてみるという手段も必要です。

もともと保育士は普通の会社に比べたら休日出勤や、運動会や卒園式などのイベントなどで仕事が忙しくなりがちな業種です。持ち帰り業務もけっこうあります。

ただ、それも保育園によって仕事量の差があり、永遠に仕事が増え続けるような状況だったら、迷わず転園すべきです。

そうしないと、「子供が好きだから」といった最初の仕事に就いたときに感情を忘れるばかりか、精神的に参ってしまって

「うつ病」になるケースも多いです。そうなると、保育士という仕事を選んだこと自体を後悔することになるので、そうなる前に

別の労働環境のいい保育園に移ることを検討しましょう。

「でも、どうやって転園の就活をすればいいかわからない」というケースでは、保育士専門の転職支援サービスを利用するのをおススメします。

保育園を転園したいときは転職支援サービスを利用しよう

自分のいる保育園から転園するには効率のイイ転職活動が必要です。

ただ、保育士の仕事をしながら一人で他の保育園の求人情報を集めたたり、履歴書を書いたり面接対策をするのはかなり大変です。

そういうケースでは「保育士専門の転職支援サービス」を利用するのがおススメです。

転職支援サービスは転職のプロであるアドバイザーが面談をしてくれて、あなたの希望に合った適性のある求人をピックアップしてくれます。

転職支援サービスを利用するメリットは、求人誌に載ってない保育園の求人案件をたくさん紹介してもらえるということです。

いわゆる「非公開求人」です。こういう非公開求人は転職支援サービスがしっかりと保育園をチェックしてるので、ブラックな労働環境の求人はほとんどありません。

登録から利用まではすべて無料になっています。これは求人を希望している保育園が転職支援サービスに報酬を支払っているためで、あなたは無料で利用することができるのです。

保育士専門の転職支援サービスは、丁寧なヒアリングをして、あなたの適性を見て求人を選び保育園の雰囲気などの情報も教えてくれるケースもあります。

そういう普通の求人誌では得ることのできない情報などもあり、一人で転職活動をするより格段のメリットを受けることができるのです。

そのため、保育士の求人情報を自分の力だけで探すより、効率よく時間を使って転職活動を進めることができます。

保育士は求人の量は安定しているので、あなたに合った保育園の求人を転職支援サービスを利用することで、かなり早く見つけやすくなります。転職支援サービスを使用して効率の良い転職活動を行いましょう。

優良な保育士の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.保育ひろば

2.「保育士バンク」

3.「ジョブメドレー」

 

 

「保育ひろば」は特に厳選された保育士求人があることで定評がある転職支援サービスです。

アドバイザーが的確なアドバイスで、転職の面接指導などをやってくれますし、面接の段取りなどと保育園とうまく交渉してくれます。

特にアドバイザーの対応が良いという口コミの多い転職支援サービスで、保育士の転職には欠かせない支援サービスと言われています

登録は公式ページで必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

保育ひろばの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「保育ひろば」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「保育士バンク」や「ジョブメドレー」を選択しましょう。

「保育士バンク」も「ジョブメドレー」も大手支援サイトであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、アドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「保育士バンク」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ジョブメドレー」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!