労働環境の悪いブラックな保育園を辞めたい保育士がホワイトな保育園に転職する方法

話す保育士

保育園の仕事はネットの情報などでかなり「激務」であるというのが知られています。もともと「子供が好き」という気持で

やる気があった保育士の女性も仕事を続けていると

「職場の同僚保育士や先輩からの嫌がらせがある」
「後輩の保育士の態度が悪い・いうことをまったく聞かない」
「残業があって、しかも仕事がこなせない量で家に持ち込んでやっいている」
「保護者のモンスターぶりがキチガイレベルで対応できない」
「そもそも子供の量が多すぎて限界を超えている」

といった劣悪な環境の保育園も多いです。こういった保育園がネットの情報で多く上がっていますが、その裏でいわゆるまともな保育園も多くあります。

普通に働いて、子供たちと触れ合い人間関係もそれほど悪くない・・・・こういった保育園も多いです。保育園業界が全てブラックだったらそれこそ保育士になる人はいません。

保育士を辞めてバックレたいと思うくらいのひどい環境の保育園てあるんですよね。でもこういうケースはあなたの保育園以外では意外と人間関係が普通だったり働生きやすいい環境もあるわけです。

ここでは、保育園の労働環境の違いと転職方法をご紹介します。

保育園も普通の会社といっしょでブラック企業とホワイト企業がある

そもそも保育園は仕事はきついことで有名ですが、普通に保育園ならバックレたくなるほどキツイということはありません。

普通の会社と一緒で、保育園にも「ブラック企業」と「ホワイト企業」があります。このブラック企業的な保育園に入ってしまうと、一気に低賃金で使われて奴隷として

子供の相手をさせられるわけですね。

ブラック企業的な保育園は一人頭の労働量が多すぎるわけです。これは経営者が少ない保育士で多くの子供を受けれれているという単純な理由です。

経営者は人件費を極限まで減らして利益を出したいがために保育士を人数を削減しているわけです。普通のブラック企業のやり方と一緒ですね。

こういう保育園に入ってしまうと、仕事量はハンパなく多いです。しかも仕事がきついので他の保育士も当然ピリピリしていてい人間関係も悪くなりイジメなどはでてきます。当然ですよね。

子供の担当人数も多くなるので、それだけ気が回らなくなり保護者からのクレームの基にもなります。こうなると悪循環で肉体的にも精神的にも擦り減っていきます。

最後には心を病んで「うつ病」になり保育園をバックレることになります。

こうなる前に対宅をしていくのが人生のために大切なことになってきます。

先輩らのいじめなど女性だけの職場は人間関係でのストレスで心を病むケースが多い

こういうブラック的な保育園の大変なところは「人間関係」です。先輩保育士のからのいじめなどはよくあるケースですね。

キツイ職場になると

「そんな仕事できないの?グズね」
「そんな仕事のやり方だと迷惑なんだけど」

などと普通に言い放つ人もいます。こういう人と一緒に仕事をすることになると精神的に病んできます。

しかも、そういうことを園長に報告しても、園長は経営者に報告したくないため、「あなたが悪いんじゃないの?」くらいに対応をしてくれないケースがほとんどです。

こうなってくると、もう人間関係が八方塞がりで逃げ場が無くなって今うんですね。マジメな人はついついこういった環境でも1年2年と頑張ってしまうので、かえって「うつ病」になったりします。マジメで仕事をキチンとする人のほうが心を病みやすいなんて皮肉なもんですね。

こういう状況の場合どうすればいいか?悩んでいる人もいます。その解決策は簡単です。

スパッと別の保育園に転職をすればいいのです。

そういう場合はその保育園をバックレて別のホワイトな保育園にスパっと転職したほうが良いです

保育士が保育園を移ることができるのは立派な選択権です。保育士は人材不足なので、きちんとした労働環境のいい保育園に転職できれば、一気に悩みも解決することが多いです。

それこそいい意味で、今の保育園をバックレてしまいましょう。外気系企業などではこういったより良い環境を求めていくのが全く普通の行動です。

ましてや、労働環境が劣悪な保育園では、もともと「子供が好きだからそういう職場で働きたい」といった志を実現するのは現実的に不可能です。

仕事に理解のある経営者が運営している、保育士にとって腹帯着やすい、子供にとって居心地のよい保育園といのはたくさんあります。

そういう保育園に転職して仕事をすることがいわゆる「最高のバックレ」ということになります。行動するのが遅くなるとどうしてもズルズルと年月だけたって今の保育園の環境はどんどんを悪化していきます。

「でも、ほかの保育園への転職ってどうやってすればいいの?」という場合は「保育士専門の転職支援サービス」を利用するのがおススメです。

保育士の転職を考えるなら「保育士専門の転職支援サービス」を利用しよう

お茶を飲む女性

ただ、保育士の仕事をしながら一人で他の保育園の求人情報を集めたたり、履歴書を書いたり面接対策をするのはかなり大変です。

そういうケースでは「保育士専門の転職支援サービス」を利用するのがおススメです。

転職支援サービスは転職のプロであるアドバイザーが面談をしてくれて、あなたの希望に合った適性のある求人をピックアップしてくれます。

転職支援サービスを利用するメリットは、求人誌に載ってない保育園の求人案件をたくさん紹介してもらえるということです。

いわゆる「非公開求人」です。こういう非公開求人は転職支援サービスがしっかりと保育園をチェックしてるので、ブラックな労働環境の求人はほとんどありません。

登録から利用まではすべて無料になっています。これは求人を希望している保育園が転職支援サービスに報酬を支払っているためで、あなたは無料で利用することができるのです。

保育士専門の転職支援サービスは、丁寧なヒアリングをして、あなたの適性を見て求人を選び保育園の雰囲気などの情報も教えてくれるケースもあります。

そういう普通の求人誌では得ることのできない情報などもあり、一人で転職活動をするより格段のメリットを受けることができるのです。

そのため、保育士の求人情報を自分の力だけで探すより、効率よく時間を使って転職活動を進めることができます。

保育士は求人の量は安定しているので、あなたに合った保育園の求人を転職支援サービスを利用することで、かなり早く見つけやすくなります。転職支援サービスを使用して効率の良い転職活動を行いましょう。

優良な保育士の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.保育ひろば

2.「保育士バンク」

3.「ジョブメドレー」

 

 

「保育ひろば」は特に厳選された保育士求人があることで定評がある転職支援サービスです。

アドバイザーが的確なアドバイスで、転職の面接指導などをやってくれますし、面接の段取りなどと保育園とうまく交渉してくれます。

特にアドバイザーの対応が良いという口コミの多い転職支援サービスで、保育士の転職には欠かせない支援サービスと言われています

登録は公式ページで必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

保育ひろばの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「保育ひろば」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「保育士バンク」や「ジョブメドレー」を選択しましょう。

「保育士バンク」も「ジョブメドレー」も大手支援サイトであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、アドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「保育士バンク」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ジョブメドレー」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!