薬局薬剤師がつまらないのは仕事が単調?職場がブラック?楽しく仕事をする方法を考える

薬局薬剤師の仕事がつまらないのは、だいたいの理由が

「仕事の変化が少ない」「毎日同じ人と顔を合わせて同じ仕事」「単調な毎日」

といった系の理由ですよね。辞めたいじゃなくて「つまらない」ということなので、仕事を辞めたいほど切羽詰まっているわけではないです。

言い換えるとちょっと、うらやましい悩みですよ。実際の仕事では辞めたくてしょうがないブラック企業に勤めている人がいるわけですし、パワハラ上司や頭のオカシイ先輩とかにいじめられている人もけっこういます。

せっかく6年間勉強して苦労して取得した薬剤師の資格。そして薬局薬剤師になりました。でも「つまらない」から・・・

あなたは「つまらない」からどうしたいんですか?つまらない仕事なら辞めればいいじゃないですか。そう言われそうですよね。でも簡単に仕事は辞められないのもわかります。

薬剤師の転職ってぶっちゃけて言うと、普通のリーマンが転職するのよりも10倍くらい簡単です。そりゃそうですね、資格持っているんだから別の薬局とかに転職して環境を変えれば「つまらない状況」も打開できることも多いです。

ここでは薬剤師の仕事がつまらない理由とつまらない仕事を面白くしていく方法をご紹介します。

基本は反復作業の繰り返しが薬剤師の仕事です ほかの仕事も同じですけどね

薬局の薬剤師をやってる人なら嫌というほどわかっていると思いますが、毎日同じことの繰り返しですよね。

でも薬剤師の仕事は薬を扱うため、普通の仕事に新しい顧客を求めて新規開拓する営業や、新しい可能性を求めて技術を開発する製造業など、ネットの世界の仕事のようにドンドンかわっているような業界とはちょっとちがいます。

もちろん新薬などが出てきて扱う薬の種類などは変わったりしますが、基本どこに行っても薬剤師の仕事は一緒です。

処方箋をチェックしながら調剤をして薬をもらう患者さんに飲み方の指導をする・・・・

こういった作業をすることになります。基本薬局につと得ている間はこの作業をすることになります。

もしほかの仕事をしてみたいなら、企業に転職して研究職についたり、MRなどの営業職になるしかありません。

「薬局に勤めながら調剤以外の仕事をする」というのはほぼ不可能なので、薬剤師のつまらない理由がそこにあるなら転職するしかないです。これはハッキリと言えます。

ただ、調剤薬局の仕事よりもMRとか営業の仕事ってきついですよ。なんといってもノルマとかもあるケースもありますし、ノルマが無くても人見知りの人はやっていけません。

薬剤師で営業向きって人は少ないんじゃないか?と思います。仕事がつまらない場合でも

そこはじっくりと自分の適性を考えたうえで転職活動をしていきましょう。

ただ反復作業があるのは薬局薬剤師でも普通の仕事でも同じです

精神論とかいうつもりはないですけど、どんな仕事でも反復作業っあるんですよね。

銀行だったら、窓口女性は毎日お客さんと話して、預金を入金をして定期預金をつくる。

銀行の営業だったら、毎日お客さんのところを回って金融商品を売り込む仕事です。毎日毎日同じことをします。

たしかに病院薬剤師は企業と違って異動とかほとんどないですし、ずっと同じことが定年まで続くと思うとかなり嫌気がきますよね。

たぶん、他の会社の人たちも多かれ少なかれ同じ悩みがあります。「つまらないですよね」仕事って。

仕事がつまらないのは、結局永遠のテーマです。生活のためと割り切ってやっている人はたぶん8~9割くらいは割り切ってしごとをしています。

そういう現状を考えてみて、病院薬剤師の仕事がマンネリでつまらないと思うなら本当にそれを打開するなら

方法は2つしかないです。

「今いる仕事を楽しい方向にもっていく」

「転職する」

これだけです。もうシンプルですよね。すでのわかっているのかもしれません。でもなかなか行動できないのはしょうがないですよ。家庭があったり辞めれない事情は人それぞれあるのでそう簡単に動きは取れません。

先ほども言いましたけど、薬剤師が転職するのって簡単なんですよ。もちろん今いる職場で楽しみを見つけることができれがそれに越したことは無いですけど、転職して環境を変えていくってのも一つの手です。それがやりやすいのが薬剤師の特権でもあるんですね。

今いる仕事を楽しい方向にもっていくケース

今やっている薬局薬剤師の環境で仕事を楽しい方向にもっていくなら・・・・

薬剤の知識を極めて一目置かれる存在になる。

医師から存在を認められるくらいの知識と仕事ぶりをする

特殊な薬剤の知識を専門的に学ぶ

専門的な薬剤の書籍を出す

といったこともできます。これは行動する意志と、薬局薬剤師の仕事を極めるという意識がないと難しいですよね

いわゆる「自己実現の願望」です。かなり高いレベルの欲求を満たしてくれます。こういったことをやっていくとかなり仕事自体は楽しくなってくるでしょう。

ただ、これをやっても給料が高くなるとかそういった直接的なメリットはあるかどうかはケースバイケースなので、自分の満足度を高めるということになります。でもそれは素晴らしいことだと思います。

薬剤師をただの「単純作業しかやらない職種」と思っているのはもったいないです。意識が高ければ高いほど、専門分野の薬学を生かした自分なりの取り組みができるんですね。

これって本当に専門職のうらやましいところです。こういった取り組みはライフワークになるので生きがいそのものになっていきますよ。

転職するケース

薬局薬剤師がつまらないなら、転職するのは大きな環境の変化が望めます。

特に20代の薬剤師なら、選択の幅も広くて転職先は薬剤師という資格を持っているため有利に働きます。

薬局薬剤師とは違う薬剤師の職種は魅力ある仕事も豊富です。

CROなどになれば、製薬会社へのサポートが仕事になります。最先端の医薬品の開発の援助をする仕事で毎日同じルーティンワークになることはまずありません。やりがいの面を見ても、バイタリティのある人材が必要となる仕事です。

MRはご存知の方も多いとも思いますが、医師や薬剤師に薬の情報を提供するいわば薬の営業です。営業職でコミュニケーション能力も必要です。営業職のため高収入も狙える職種で年収1000万を超える場合もあります。

企業に研究職として就職することも可能です。20代までの薬剤師ならまだまだ企業に第二新卒として入社することも可能なので、企業を受け直すのも一つの手です。

こういった転職を視野に入れることで薬剤師の仕事がガラッと変わります。

薬局薬剤師の仕事が「つまらない」というケースで、「どうしても今のままではもう自分がダメになりそうだ」「このまま仕事をつづけても税調する気がしない」というくらいの思いがあるなら、スパッと転職したほうが今後の人生を悔いが残らず前見向きにいきていけるでしょう。

こういう独自の選択肢があるのが薬剤師の特権でもあり、うま味でもあります。できれば薬剤師という資格職をフルに生かしていくことはとても大事なことなんですね。

ただ転職するにも一人ではの就活は大変です


転職するにしても薬剤師の転職ってどうするの??となってしまうでしょう。

薬剤師の薬局以外の求人はなかなか普通の求人誌などには掲載されません。そういう求人を探すには一人では難しいところです。

その場合「薬剤師の転職支援サービス」を利用するのをおススメします。

転職支援サービスは転職のプロのアドバイザーがあなたの希望の求人をピックアップしてくれます。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

ブラックな薬剤師の職場はもう終わりにしませんか?
ブラックな薬局・病院に関わらない人生には転職支援サービスが必要です。ブラック職場の無い人生を選択しませんか?
転職支援サービスの詳細ページはコチラ
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加