転職失敗で辞めたい 転職したばかりだけど会社を辞めたい時のマインドと実際の転職方法

転職

まず、最初に私的には転職で失敗して転職した先をすぐに辞めたくなることなんて、よくあることだと思います。それでも満足度が60~70%以上あれば我慢して勤めるべきなんですね。ただ、満足度が50%を下回ったらすぐにでも辞めてまた転職したほうがイイと思っています。

これ、何度も言ってるんでアレなんですけど、仕事なんてその職場でやってみ無いと解らないもんなんですよ。だって極論を言うとどんなに条件のいい会社で、働きやすい仕事だとしても、直属の上司がキチガイでパワハラ野郎だったらそれで終わりですからね。そうなると転職失敗になってしまいます。

仕事についてはもっと合理的な考え方をすればいいんじゃないですかね?仕事ってお金を稼ぐためもありますし、人生で多くの時間を使うんですからさすがに自分が本当に嫌だったらまた転職すればいいわけです。

もちろん、しょぼい理由で転職するっていうのはダメですよ。自分が我慢の限界とかその仕事を長期間やっていくイメージとかが全くなわかないならまた転職活動をすればいいわけです。というか、別に1ヶ月で辞めてもいいと思いますけどね。若いうちのほうが転職はハッキリ言って有利です。

40代とかになって転職するとなると相当なスキルと経験が必要になってきますからね。逆に20代から30代前半くらいまでなら何回転職しようがそれほどダメージは大きくありません。

たしかに、転職回数が多いと「我慢強くない」とか思われがちですし、世間の目はそうかもしれません。

しかし、実際、面接官とか、2~4回くらいの転職履歴があってもそんなに色眼鏡で見ることはありませんよ。10回くらいの転職履歴があればさすがにちょっと

色眼鏡が発動するかもしれませんけどね。だから2~4回くらいの転職はそれほど目立つものはではありません。

転職先での仕事をすぐに辞めたいと思うのは人それぞれだけど嫌なら辞めてまた転職すればいいだけなんですけどね

転職してその転職した先の職場で仕事をすぐに辞めたいと思ったら、辞めてもいいと思いますよ。なんかリスクがあるとか会社に迷惑が掛かるとかキレイ事ばかり言っていますけど、イヤイヤ仕事するほうがよっぽど会社にとって迷惑ですからね。やる気のない社員ほど嫌なものはありませんから会社にとっては。

だから、転職した先がすぐに辞めたいと思う理由は人それぞれなんですけど、そこでイヤイヤ仕事をしてるのって、あなたにとっても会社にとってもメリットは一つもありません。

だから転職した先の仕事がすぐにやめたくなったら辞めてもいいというのを、理由別に見ていきましょうか。

仕事が向いていないとやってみて気付いた

どんなにいい条件の仕事でも、自分がやりたいと思った仕事でも、結局仕事って「やってみないとわからない」と言う部分が大きいです。

よくありがちなのか、自分のやりたい仕事とかを選んで転職して実際仕事をやってみたら、全然向いてなかった・・・ということです。異業種とかに転職するとよくあることですけど、正直向いている仕事なんて世の中にそんなにないんですよ。みんな我慢して仕事をしています。我慢するのは確かに大事なことですけどね。

しかし、あまりに向いていない仕事でストレスをため続けて仕事をしていると、高確率でうつ病になります。我慢も大事ですけど、「長期間の極度の我慢」はしないほうがイイです。体を壊したら仕事をするということ自体ができなくなってしまいます。

余りに転職先の仕事が向いてなくてストレスを感じるならすぐにでも辞めるのが賢い選択です。

仕事が自分のキャパ(能力の限界)を超えていた

これもよくありますよね。給料の条件とかはいいけど、あまりに激務で長時間労働。終電で帰ってしかも朝早く出勤する。休みも休日出勤で手当ても出ない。

こんな職場だったら辞めるべきでしょうね。しかもブラック企業だとこれにプラス給料が安いということが加わるので、一ミリもその仕事をやっている意味がありません。

激務な仕事に転職するっていう人はあんまりいないですけど、まったりした仕事だと思っていたら、たまたま配属された部署が激務だった・・・なんてことはよくあります。

激務でも将来的になんかやっていけそうなら続ければいいですし、その仕事が自分んキャパ(能力の限界)を超えてしまったら早めに辞めたほうがイイです。

これも普通に過労で倒れるか、うつ病になって結局会社を休むことになります。そもそも体を壊す可能性のある仕事なんて続ける意味がありません。

よく、過労死するじゃないですか日本の会社って。これってよく家族がいて旦那が過労死するってケース多いでしょ。それとか某広告代理店で娘が自殺したとかあるじゃないですか。そういった身近な人の「変化」に気づかない人が多すぎますよ。いくらなんでも仕事とかで倒れたり自殺するとかナンセンスすぎて吐き気が出てきます。我慢して仕事するって言われてますけど、死ぬまで我慢しろって言ってるわけじゃないですからね。

明石家さんまも言ってますけど「生きていたら丸もうけ」ですからね。生きていて、ある程度健康なら別に何度も転職してもどうとでもなります。

1回の転職でうまくいくっていうのはそれは運がイイってことですよ。もし転職先で失敗したらまた転職すればいいだけです。あまり世間で言われているリスクとか、そんなのただ不安をあおってるだけですからね。自分のキャパを超えた仕事だったら続くわけないじゃないですか。

だったら早めにそこから離脱する行動をとるのが賢い選択ですよ。

転職先での人間関係

さっきも言いましたけど、転職先って自分で条件とか選んで頑張って転職するわけです。やった、転職成功した・・・・・とか思って出社しました。

そして配属されてみたら直属の上司がキチガイ上司で毎日嫌味言ってパワハラする・・・みたいなことっていう悲惨な運命って結構ありますからね。

どんなにいい会社で条件がイイ感じの会社でも、直属の上司とか一緒に仕事をする毎日顔を合わせる先輩とか、お局様とかが最悪でキチガイだったら

その時点でアウトです。毎日顔を合わせる人がこういったキチガイでパワハラやイジメを平気でやるような人だったら、もうダメですからね。

残念ながらこの部分というか、人間関係ってうのは「運」がほとんどです。いい人に巡り合える人もいれば、最悪の人にめぐり合う人もいます。

そう考えると、転職ってリスクがあるような気がしますよね。たしかに運の要素も高いです。

しかし、そういった人間関係の運は転職しなくても異動とかすればキチガイ上司にあたりますし、働安い部署でうまく仕事をしていても、キチガイ上司が移動してきたらその日からもうただのブラックな職場になってしまいます。

私の場合はこの「平穏に働いていたのに、ある日キチガイ上司が異動してきてその日から地獄になった」を経験しています。

そのおかげで見事うつ病になって会社を半年ほど休みました。そのおかげでもうサラリーマンはやめようと思って今に至るわけです。上司や先輩やお局とかがダメだといくら条件のいい会社で仕事がやりやすくても、ただの地獄になるのはホント人間関係の恐ろしさです。だからこういった運の要素もあるのでこのあたりの人間関係がヤバかったら辞めてもいいと思いますよ。私みたいにうつ病で半年も休むころになるよりは絶対にマシですからね。

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

まずそもそも仕事なんてやってみないとわからない部分が多い

そもそも仕事なんて、どんなに企業分析して転職先を研究していてもやってみないとわからないという部分があります。

そこで完全に満足できる仕事なんてありえないので、60%以上の満足だ℃だったらまず転職は成功と言ってもイイでしょう。

しかし、満足度が50%以下だったり、20%だったりする場合もあるわけです。それどころかマイナス200%の場合もあるんですよね。ブラック企業に騙されてその網に引っかかる場合もあります。こういった現実がある中でやはり仕事はやってみないとわからないというのが結論になります。

だから、転職先ですぐにまた転職したくなることなんてよくあることなんですよ。その場合は満足度を冷静に自分なりに判断して50%以下だったらじっくりと検討してみる。満足度が20%以下だったらなるべく早くまた転職する。

満足度がマイナス200%だったらその職場をバックレてでもイイから辞めて、すぐにでも転職するというスタンスでいいと思います。日本人特有の「我慢する人はカッコイイ」っていうのは考えてみるとただの

「思考停止」なだけです。我慢する「だけ」ですみますからね。私は我慢とか絶対嫌ですしね。

自分の好きなことでの努力とかはいくらでも我慢できますよ。ただ、やりたくないことをかでも我慢しますけど、それが人生にとって明らかにマイナスになるがまんっだったらしないです。効率が悪すぎますし、それがただの「思考停止」ですからね。

転職先での仕事がイヤで辞めたい場合はまた転職すればいいんですよ なんか根性論みたいなキレイ事やめましょうよ

転職先での仕事がイヤなら辞めればいいだけです。もちろん冷静に判断した結果「辞めたい」と思った場合は辞めてもいいということです。

そこにとどまっていてもただの根性論ですし、ずっと定年まで我慢できるとイメージがとてもできないようだったら行動は早いほうがイイに決まってますからね。

何度も何度もこのサイトで行ってますけど、「我慢して死ぬのがかっこいい」とかいうのって辞めてさい。我慢してただその場所にいるっていうのは行動できないだけなんですね。そこがわかってないから「我慢するのがかっこいい」という論理のすり替えが出てきてしまいます。

仕事って我慢しながらやるものですかね?違うと思いますうよ。我慢するという表現よりも、自分を高めるために努力する・・・といった表現にしたいところです。

転職をしないで我慢するってのはただの思考停止・行動しないで勇気が無いというだけです。かっこ悪いですから行動しないっていうのは。

転職って1回で成功することはホントに運がイイことです。だから転職先で辞めたいと思ったら素直に行動すればいいんですよね。

転職を何度もするのが怖い、また転職してブラック企業に捕まってしまうのが怖いという場合には

転職したけれど転職先を辞めてまた転職したい・・・でもまたブラック企業に捕まったらどうしよう…と言う不安がありますよね。

そういう場合は一度優良な求人を紹介してもらって自分の眼で見てみるのがイイと思います。優良な求人を見れば視野が広がりますし、転職でブラック企業に捕まってしまうという不安も減ってきます。

ただ、一度転職を経験しているなら知ってるかもしれませんが、ハローワークとかちまたの求人誌はブラック企業ばかりですからね。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからですね。転職エージェントは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動に的確なアドバイスをしてくれます。

たしかに転職って不安ですし、一度失敗するとその不安も倍増します。

しかし、優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらいながら履歴書を作って面接対策をすれば内定は取れます。準備と対策をしてくことで内定は普通に取れるわけです。

一度転職で失敗している場合は、エージェントにアドバイスを受けつつ慎重に求人を選んでいく必要があるでしょう。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!