CGデザイナーでブラックな職場環境にいる場合は労働環境を変える事を検討してみよう

悩む牛

CGデザイナーというと、労働時間がとてつもなく長くいつも終電で帰るとうのは常識の業界です。裁量労働をとっているので残業代もつかないケースがほとんどです。代休もつかないですし仕事はキツイというのは理解してCGデザイナーになっている人ばかりです。

いわゆるブラックな業界なのは間違いないですね。こういったクリエーター系の業界はほとんどがブラックな業界なのでそのあたりは覚悟していたほうがイイでしょう。それでもこういった「自分の手で作品を作る」という喜びがあるからこそやっていける仕事と言えるでしょう。

CGを扱っているため仕事がら予期せぬアクシデントが起こりやすく、トラブル対応になると徹夜作業で職場に泊まって作業するケースもあります。クライアントとの要望とマッチしいないとストレスもたまり、CG作成いがいでも意外なストレスがたまるのがこの業界の特徴でもあります。

とはいえ、長時間労働は漫画家から始まるエンターテイメント系の仕事にとっては避けることができないことなんですよね。

エンドレスで働いて、時給に換算するとバイト並みの給料というケースがほとんどです。

ただ、この仕事を「好きで」やっている人たちがほとんどのため、給料や労働時間よりも「やりがい」で仕事を続けているケースが圧倒的です。

ただ、「好きなだけ」では生活することができないのも事実です。今務めている職場の環境があまりに悪く給料も悪いなら転職を検討すべきでしょう。

CGデザイナーは職業柄、転職するのは比較的簡単です。より良い待遇の職場をステップアップしてくことが可能です。

それにより給料を上げ、労働環境を良くしていくことも十分できるんですね。ここではその方法をご紹介します。

CGデザイナーは基本裁量労働。低賃金が基本で厳しい業界になります

残念ながらCGデザイナーの技術は高いものがあるのですが、年収は低く労働時間も長いのが現実です。

ただ、これは職場を変えることである程度緩和することができます。ヤバいのは下請けの会社にいけば当然待遇も悪くなります。

どんな仕事でも下請けは無茶な注文を強いられて、納期もきつく人手もぎりぎりでまわしているのは世の常です。しかもCGデザイナーというハードな仕事をするのですがから、かなりの劣悪な労働環境になるのがわかります。

ただ、あえて下請けの厳しい労働環境にいる必要はありません。CGデザイナーの職場は、本当にブラックとホワイトの差が激しい業界というのはよく知られた事実です。

最初の職場が最悪だったとしても、1~2年の経験を積めばわりと転職が簡単な業界です。普通に転職活動をしてより待遇のいいホワイトな職場に行くのは当然の行動になってきます。

基本、やることが同じなのに給料に差があったり、人員が足りないために労働時間が多くなるというわかりやすい理由で労働環境が悪くなっています。

CGデザイナーの需要は今後伸びていくので、経験があれば転職がさらに簡単になっていきます。そのため普段から情報を集めて、自分の環境から抜け出す行動をちゃくちゃくと進めていくのがベターな行動です。

労働環境を良くして収入を増やすには独立するか儲かっている業界への転職が必須になります

CGデザイナーで労働環境を良くしていくなら、独立するか転職するかの2択ですよね。

というかどんなクリエイター系の仕事でも子の二択になるんでしょうね。

自分のスキルに自信があり、ある程度の取引先が見込めるなら独立するのもいいでしょう。フリーのため、自分で時間管理もできますし、ある程度の営業力があれば取引先を増やし高収入を狙うこともできます。

ただ、実績がないうちから独立すると取引先からも足元を見られて単価を押さえられたりします。また営業力も必要に

なるので、自分の技術を売り込んでいくコミュニケーション能力も必要になってきます。高い字術をもっていてもそれを言葉にして売りむことができないと、なかなか差別化がむつかしい業界でもあります。

もしあなたが、まだ経験年数が数年なら、今の会社で経験を積むか転職してよりよい労働環境でしっかりと経験を積んでからの独立がベターです。自分がある程度やっていける自信と技術がついてきてから独立するのがキモですね。やはり技術以外の面での、営業力や自己管理、スケジューリング、社会人としての立ち振る舞いなどは経験年数がものをいう部分ですしね。そういう部分ができるようになってから独立したほうがいいです。

別の待遇のいい会社に行く場合は、CGデザイナーが必要とされている業界の選んでいくのがポイントです。

そういったCGデザイナーが必要とされている業界は変化が大きいですよね。映画業界から始まって、アニメ、携帯などの業界に多岐にわたります。そういったCGデザイナーが有利になるような情報を教えてくれるのが転職エージェントといった転職専門の会社です。

数年でこういったCGデザイナーが必要な業界は移り変わっていくので、その時に旬な業界に入るのが待遇を良くるするためには必要な行動なんですね。

転職するには普段からそういう情報や求人情報を仕入れていくことが必要になってきます。ただ、なかなかCGデザイナーの求人は表に出ないケースもあります。

そこで転職エージェントを利用して求人情報をゲットしていくとうのがおすすめです。

転職エージェントで求人情報を得て転職方法のアドバイスをもらおう

田舎で営業する人

転職エージェントでは就活のプロであるエージェントが、あなたと面談をして希望の求人情報をピックアップしてくれます。

あまり世に出ることのないCGデザイナーの求人を多く抱えていて、いわゆる求人誌に載らない「非公開求人」も数多く持っています。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!