薬剤師一覧

薬剤師がブランクから再就職する方法 職種と時代の流れを読んでブランク再就職に対応すべきです

薬剤師がブランクがあってから再就職する。結婚して子育てが終わってたりするとそういうケースがありますよね。その場合、薬剤師でも薬局、病院、ドラッグストア、企業など職種をじっくりと検討することが大事です。自分の置かれている状況と時代の流れを読んで再就職していきましょう。

調剤薬局への転職で失敗し立薬剤師はブラック職場に悩むより転職すべき

調剤薬局への転職で失敗してしまった。転職先がブラックな環境で大失敗。この場合は悩んでいるよりもう一度転職すればいわけです。薬剤師は資格業なのでほかの職業と違うメリットは「転職しやすい」ということです。そのメリットを生かせるのが職場を選択できるということなんですよね。

30代の薬剤師で未経験の仕事内容で転職する方法 就職先の選択と就活方法を考えて準備していこう

30代の薬剤師でも未経験でも就職はできます。就職先をキチンと選択するようにして就職活動を無難に行えば30代ならまだまだ仕事が未経験dめお就職の選択肢はあるんですね。薬剤師は資格業なので選択肢は多いです。その選択肢別にどうやって就職するかをご紹介しています。

ブラック企業で仕事で疲れているのに寝れないというのは「うつ病」の症状 早めの対応が必要です

ブラック企業の激務で疲れ切っているのに寝れない、眠れないというのは「うつ病」の症状です。よくリラックスしたりアロマやったりすれば寝れるようになるといった記事がありますけど、バカなんじゃないか?と思います。自分の症状を軽く見ていると、致命的な重症になるので、早めの対応が必要です。後の対応方法をご紹介しています。

派遣会社の担当者と合わない場合も派遣社員のメリットを利用して正社員になる方法

派遣の仕事をしていると、その会社に派遣をしてくれる担当者と相性が合わない時もありますよね。そういう場合でも普通に仕事を意欲的にやっていれば、たいていの担当者があなたを使える人材として判断してくれます。派遣の就業形態を利用して、正社員にステップアップしていくためにうまく派遣を利用していきましょう。

女性が育休を取りやすい職業は意外とあります 結婚出産するケースまで想定した職場を選びましょう

女性は出産育児のため仕事をその間、休まなければいけません。出産育児休業法があるとはいえ、それきっちり守っている会社ばかりではありません。マタハラや育休後会社に復帰しにくい雰囲気の会社も多いんですよね現実は。そういうことが無いように女性は育休が摂りやすい職病を選ぶべきなんですよね。その理由と方法をご紹介しています。

近所の薬屋のおっちゃんが普通に薬剤師の掛け持ちダブルワークをしていたお話

私の近所の薬屋のおっちゃんが普通に調剤薬局と掛け持ちでダブルワークをしていました。おっちゃん50歳くらいだと思いますけど薬剤師として頑張っています。薬剤師はこういった掛け持ちダブルワークができるのが強みですね。こういう働き方もいいんじゃないかと思います。

薬剤師の就活の面接で落ちる原因はなんだろう? 面接再チャレンジ前に見ておきましょう

薬剤師の就活の面接でどうしても落ちてしまう。そういう場合意外と原因はシンプルなところにあります。服装、髪型から志望動機までを一通りチェックすれば自身も出てきますし、それほど面接を恐れる必要もありません。面接を乗り切る方法をご紹介しています。

error: Content is protected !!