ブラック人間関係一覧

仕事を押し付けられる人はマジメで仕事ができる人 仕事はテキトーにやるべき理由

仕事を押し付けられる人は仕事ができる人なんですね。しかもマジメで口答えしない。仕事ができない分の仕事までやらされます。悲惨ですよね。なので仕事はテキトーにできないふりとかするのも手です。もう限界だったらそんな労働環境はさっさと辞めてしまったほうがイイですしね。

ブラック職場代表の調理師でいじめやうざい人間関係に嫌気がさしたら労働環境を変えていくべき

ブラックな環境で有名な飲食。その花形ともいえる調理師の仕事も、昔ながらの体育会系の悪い部分が色濃くのこっている労働環境です。先輩からのイジメやウザい人間関係もあり、生半可な覚悟では続けていくことはできません。余りにブラックで耐えられない場合は労働環境を変えていくことも検討すべきです。

ブラック企業の職場で仕事ができない人間とコンビを組むことになった時の対処方法

ブラック企業で職場で仕事のできないやつとコンビを組む。これ最悪ですよね。仕事がただでさえきついのに仕事が倍になることも良くあります。仕事ができる人が途中からできるようになるのも見たことが無いので、結局仕事はあなたが1.5人分はやることになります。そうなって体を壊す前に対処していったほうがイイですよ。

地銀ブラック営業で接待営業でお酒は避けられない 酒が弱いとキツイ接待地獄ですよ(^O^)/

地銀のブラック営業をやってると、中小企業の社長連中との接待営業もありました。接待の宴会ですよね。「俺の酒は飲めないのか」というキャラのおっさんばかりで悲惨な地獄絵図です。酒弱いと営業とか辞めたほうがイイですよ。絶対後悔します。だって宴会ばっかりあるんですからね、営業の仕事って。

「逃げちゃダメだ」はブラック企業が作った洗脳です ガンガン逃げていい転職すべき 生きるための「防衛本能」ですからね

「逃げるのは恥ずかしい」「我慢して仕事しろ」とか言われますけど、これは奴隷として社員を働かせるための子供のころからの洗脳です。だいたい体調崩すまで仕事をする自体が全くのナンセンス。だって体壊して死んだら「終わり」ですからね。そこまでしなくても自分で労働環境を変える行動をするために「逃げる」ことをするのがとても大事な行動ですよ。気づいてください。

上司が帰らないと帰れない雰囲気の会社 そんなブラック残業の会社は見切りをつけたほうが良い理由

上司が帰らないと帰れない。そういう雰囲気の会社はよくあります。効率が悪い仕事をやっている典型的な会社ですね。こういう残業をやれば仕事をやっていると評価される会社はハッキリ言って将来性はありません。その会社に満足しているならいいのですが、いずれ破たんしていく会社なので、見切りを遣たほうが無難でしょう。

転職は何のためにするのか?「お金」「やりたいこと」「ブラック企業脱出」その根本にあるのは「自分のやりたいこと」ですよ

転職は何のためにするか?答えは簡単「自分のやりたいことをする」「自分の人生を作っていく」ためです。ブラック企業なんかに勤めていたらその時点で人生も何もありません。あえてブラック企業にいる意味はないので転職しましょう。思っているより転職は簡単ですよ。

年功序列の会社がおかしい コネとヨイショの人材だけの会社には見切りをつけるべき

年功序列の会社はおかしい・・・ですよ。あなたの考えは正しいというか当たり前です。コネとヨイショの人材しかいない年功序列の会社は近いうちに傾いていきます。その傾向がある場合には自分の身の振り方をまじめに考えたほうが無難です。転職するなり独立するなりの方向性が大事になってきます。

error: Content is protected !!