ブラック企業を脱出して別の業界・業種への転職で志望動機で面接官にアピールする方法

黒板に書く人

ブラック企業を脱出して転職するとなると、もうこのブラックな業界はこりごり・・・ということで、違う業界・業種に転職することが多いですね。そりゃそうですよね。

志望動機は今までと違う業界・業種に転職する場合にとって、大きなアピールポイントになります。

志望動機がはっきりと面接官の心をえぐることができれば、それ以外の面接の内容が多少おとっていても面接って内定もらえるんですよね。

でも実際はありきたりな志望動機が多く、なかなか強くアピールできないことも多いんですよね。

あんまり過激なことを自信満々にアピールしても逆に「なんだこいつ??」と思われてしまいますし、かといって、無難な言葉を羅列しても、まったく面接官の印象の残りません。

履歴書に書く志望動機から、実際面接で言う志望動機とほぼどんな違う業界・業種に転職のパターンでも100%使うことになります。

この志望動機が個性的でしかもガツンと面接官の印象に残ると転職が有利に進みますね。転職はは大学生の新卒と違って社会を経験しているパターンが多いので新卒の志望動機より強くアピールすることは、そんなに悪いことではありません。

志望動機ってどっちにしても、個性があったほうがイイです。結局、常識を外れていなければ目立ったもの勝ちですからね。面接って。競争率が高ければ高いほど。

「でも、やっぱり強気でガンガンアピールするのはちょっと怖い・・・」

という場合にどういうるうに志望動機を展開していけばいいかをご紹介します。

企業の色に合わせつつ強くアピールするのが志望動機の王道です

自分のアピールポイントを強く出していく場合、その企業の「色」を考えてプッシュしていくことが大切です。

たとえば自動車産業の場合だったら、「自動車が好き」ということを前提で志望動機を展開します。

仮にここてたいして自動車が好きでなくてもあくまで「自動車が好き」ということをアピールしながらさりげなく自分の有利な点を追加でアピールしてきます。

「私は車のファンベルトを実際に自分で付け替えたことがあります。8時間くらいかかりましたが、当時お金が無かったのでいい思い出です。その車が御社の○○で今回思い入れがありこの会社を志望しました。私は前職では経理をやってましたが、御社の財務をさらに改善してたくさんのお客さんに御社の車の良さを知ってもいたいと思っています。」

など、最初に企業の製品などの愛着を述べてから自分のアピールポイントを加えていくと、面接官のこころにガツンと響いていきます

面接官も人間なので、自社の製品に愛着がある人間を撮りたがるのは当たり前ですし、ただ自分をアピールするよりさりげなさが加わるので印象も悪くなりません。

この辺は実際にその車に乗っていなかったとしても、乗っていたことにする方がベターですね。

それ嘘じゃん!!と言う人はもっと大人になってくださいね。そのくらいのことはみんなやっています。

結局、面接ってのは面接官を「どれだけ気持ちよくさせたか」にかかっています。面接はいわば面接官を接待する場所。あなたが自分をアピールする場所ではないんですね。

ブラック企業を脱出して転職するときの関門は「面接」ですよね。その面接ではどういったことがポイントかどうかを「きれいごと抜き」でご紹介しています。大きな声を出せとか服装をしっかりするとかいうのは当たり前なんでそんなことはクリアーして当然です。面接では「面接官に気に入られるキャラを演じられるか」で内定が取れるかどうかが違ってきます。

だから、当然「面接官受け」をする志望動機を考えるのは当然です。

ここで、絶対にやってはいけないのはその企業の製品やサービスに「全く触れていない」志望動機は避けましょう。

志望動機での主人公はあなただけではなく「あなたとその受ける企業」です。企業と製品やサービスに関連付けて志望動機を考えるのはもはや「鉄則」です。

転職で受ける会社への志望動機は、その企業しかない独自の個性を調べて、その強みを理解した上で作成しましょう。

そうすれば、自然と志望動機にその企業の製品やサービスを絡めて作成することができます。

意外と忘れがちなことですが、面接官へのインパクトはかなり高くなりますよ。

実際にあった失敗や体験を志望動機に絡める

いつやるの?今でしょ

志望動機は基本、プラスのことだけを書くことが多いですよね。

ただ、そういったいかにもすばらしい「志望動機」は面接官も飽き飽きしています。そりゃそうですよ、面接をする人はあなただけでなく何百人も面接しているのはザラです。

ありきたりな志望動機はぶっちゃけ飽きているので、たとえばあなたが失敗した体験などを志望動機に含むとインパクトがあがります。

志望動機ストーリーとしては、こういうことで失敗した、だた、その失敗によって自分の足りない部分に気づくことができた。御社ではその気づきを糧にして御社を力になりたい・・・・といったストーリ-が好まれます。

例えばですね

「私は、営業で取引先の社長のアポイントの時に、声が小さいと言われ取引が中止になりそうになりました。

その後社長には大きな声で心から何度も謝罪し、取引はうまくいきました。その経験から自分は声が小さかったんだ・・・

ということを認識して声を大きくすることを意識して仕事をしました。すると営業成績も上がり主任になることができました。

こういった失敗も多い私ですが、御社ではいままで失敗したことを糧にして仕事に邁進していく所存です。」

とこれはかなりはしょって考えましたけど、「失敗を糧に成長した」アピールですね。

ただ、自分のいい面をストレートにアピールするよりかなり信ぴょう性が増します。具体的ですからね。

特に面接などのやりとりでは、「より具体的な体験」が好まれます。

この会社の主任を何年やっていた・・・・
簿記2級を持っていて実務を2年していました・・・・・
営業でトップを取りました・・・・

といった単に自分の良い点をストレートにアピールしても「あーそうなんだ、だから??」みたいに面接官は思っています。

そんなことを言うより、「自分が体験したこと。失敗したことで成長できたストーリー」は人間大好物なんですね。

「事実は小説より奇なり」といいますし、あなたが経験したことを志望動機に織り込んでいくのもかなり有効です。

そう特に面接官て40代以上が多いですし、こういった具体的な苦労話が大好きなんですよね。人間て人が楽した話より、苦労しているということに交換を得る生き物です。特に年配になればなれるほどその傾向は強くなってきます。

志望動機がうまく思いつかない時は転職エージェントに相談してみよう

ビックリする考える人

志望動機がうまく思いつかない…という場合は第三者の意見を参考にしてみましょう。

転職の場合は一人で相談する相手なく進めることが大半ですけど、志望動機をはじめ転職の悩みを相談するなら

転職エージョンとが一番です。

転職エージェントは無料で使用できますし、カウンセリングや転職のノウハウも指導してくれるサービスです。

志望動機は違う業界・業種に転職にとってとても重要です。自分だけで考えて失敗するより転職のプロの意見を

聞いて客観的に考えてみるのが一番簡単ですし、一番確実です。

「志望動機なんてそんな基本的なことを聞くのが恥ずかしい」と思っているなら「聞くは一時の恥」という事になってしまいます

志望動機はかえって第三者の目があると、あなたを客観的に見てくれるので、よりわかりやすい志望動機を作成することができます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!