転職を決意する瞬間(タイミング)は社畜洗脳が解けて労働環境が異常だと気づいてしまった時

悩む牛

地方の銀行に勤めていました、いやあな懐かしいですね。イヤなことって忘れないものです。楽しいことってすぐ忘れますよね笑。

地銀の一年目から営業に出ていました。銀行では営業のことを「渉外」と言います。法人や個人のお客さんのところを回って金融商品を売りつけるアレです。

ノルマきついです。ノルマを達成できるやつのほうが少ないです。いやあ、精神を病んで辞めて言ったやつも結構いますね。

今頃何してるんだろうかな???

今私は子供はいませんが子供とか甥っ子姪っ子とかが「銀行に勤める」みたいなこと言ったら全力で辞めたほうが良いと説得しますね。

まあそれでも説得ってあんまり効果が無いみたいですから、やっても意味ないんですけどね。

とにかく地銀の営業ってのは精神が病みます。私は転職しましたけど、まだやってる友人はすでに40代前半で白髪で目が真でします。いまだに「辞めたい辞めたい」会うたびに言いますけど、本気で転職する気はなさそうです。感覚が麻痺してしまってるんでしょうね。このまま悲惨な労働条件で定年まで行くのでしょう。

上司からの圧力と顧客のクレームがハンパないこれどうなってるの?

上司からの圧力とかってやっぱり会社によって全く違うんですよね。地銀のときはいつも罵声浴びせられましたけど、

転職して製造業になったら上司から罵声浴びせられるとか一切ありません。もちろんウマの合わない上司もいますけど

それが原因で今の職場を「辞めよう」と思ったことは無いですね。それだけ会社によって上司からの圧力も違うわけです。

ノルマがあるのもいけませんよね。外資系企業みたいに営業が成績を上げればそれだけ給料が上がったり出世できるわかりやすいシステムならやる気も出ますが、地銀とかは営業成績が良くても給料は上がらないですし、上司に気に入られないと出世もできません。

実際、私の同期でも営業成績が良くても上司によく意見しているような奴はずっと平でいいように兵隊営業としてこきつかわれていました。営業成績が悪くても上司に気に入られればまあ出世できますし、だから接待ゴルフが大事なのですww

そんなところにも嫌気がさして転職したんですけどね。

あと顧客のクレームも悲惨でしたよ。朝、訪問したらいきなり理由もなく怒鳴られたりそれって後でわかったんですけどただ機嫌が悪いだけで怒鳴ったとか、一万円札の向きが逆だったから本部に連絡したとか、髪型が気にくわないとか(オールバックでしたけどね、これ以上どうやって髪型変えるちゅうねん)そんなりゆで顧客からの罵声がありしたよ。

全く気にならない人ならいいですけど繊細な私はwwwwとても耐えられませんでした。転職して心の底から良かったと思っています。

家に帰ると布団に入ってなにもできなくなってきた

その転職する大きなきっかけがやっぱり「うつ症状」でしたね。うつ病あではいかなかったのがまだ幸いでした。

家に帰っても何もできずに、そのまま飯も食わずに布団にくるまって、「もういやだもういやだ」みたいにずっとうなってるんんですよ。

今考えると笑っちゃうような感じですけど、人間追い詰められるとこうなります。思考が停止して「俺なんかもうダメだ」みたいな

超ネガティブ思考になってしまうんですね。怖いですよ、本当に体が言うことを聞かなくなってきて動きも鈍くなるんです。

趣味の筋トレとかもできなかったですからね。

サラリーマンでもジムに行って筋トレしたい。ガチでハードに筋トレしたいと思う人もいます。 そんな私その一人。ジムに通って筋トレ...

仕事もだんだんできなくなってきて、本当に物事を考えられなくなってきます。抗うつ剤とか飲んでだましだましやってくんですけど、それも限界があります。あのまま勤めていたらそれこそ人生が破たんしたんでしょうね。

あれ?このままだと人生アウトにならないか???この気づきが違和感の始まり

でもね、なんでここまでして仕事しなきゃいけないんでしょうね?体をこわしてまで。中世の奴隷じゃないんですから。

これだけ社会が豊かになってるのに、そこまで限界まで働くみたいな社会ってなんなんですかね?便利になってなんでも機会がやってくれて便利になってるのに労働が増えるっておかしいと思わないんですかね?

そういう疑問をもつのがまず大事です。会社でも「あれこの会社なんかおかしくね?精神論とあるしサービス残業とかって違法だよねこれだけサービス残業が叩かれてる時代にまだそんなことやってるなんて????」

とか素朴に思うわですよ。でも「今のご時世転職とかもむつかしいし」とか言われてますけど、それもマスコミなんかの情報操作です。

別に転職とかって仕事がある地域とかにいけば割と楽でそこそこ賃金もらえる仕事ってたくさんありますよ。

東北とか沖縄じゃあ厳しですけど、製造業が盛んな地域とか都市にいけばそこそこ仕事はあります。職種も情報取集してえらべばそれほど、悲惨なブラック企業に捕まる・・みたいなこともないです。

転職にビビりすぎです。そんなこと言ってるから40代とかになって白髪で目が死んだままで「辞めたい辞めたい」行ってるくせに行動ができないってことになるんですよ。

でも転職ってどうするかわからない・・・っていう場合は転職エージェントを利用すれば何とかなりますから。

転職エージェントは転職のプロがあなたの希望の求人を適正に合わせてさがしてくれます。エージェントが企業を審査してるのでブラック企業もありません。

転職するには、今いる業界(業種)に転職するか別の業界に転職するかで、大きくやりかたが違ってきます。

ただ、どちらの選択をするにしても、転職エージェントを使用すると効率的に転職できるのは間違いありません。

なぜなら、転職エージェントは、あなたと面談をして希望の求人を選択してくれたり、履歴書のの作り方や面接の具体的なやり方までをサポートしてくれるからです。転職のプロであるエージェントがキッチリ転職のアドバイスをしてくれます。

なお、エージェントは登録から利用までが無料になっています。

これは、企業側が求人を出してエージェントに登録しているため、企業が転職エージェントに費用を支払っているためです。

このため、求人者は完全無料で利用できるわけです。

転職エージェントは登録すると、担当のエージェントがついて、あなたの希望の求職条件がどのようなものかを面談してくれます。

それをふまえて、良い求人をピクアップしてくれるので、効率的に求人を探していくことができます。

自分にどんな仕事が合っているかを一人で悩んで考えていると、どうしても自分の適性を見失いがちです。

転職エージェントではプロのエージェントに相談できるので、自分の適性を第三者の目から見て、的確なアドバイスをもらうことができます。自分では思いもよらなかったキャリアの適性が見えてくることもあるんですね。

転職をする意志が少しでもあるなら、自分が転職をイメージしている業界の動向を一度転職エージェントに相談してみるのをおススメします。

無料で相談ができるので、気軽に自分が転職に向いているか、転職したい業界は今どういった状況なのか?給料はアップするのか?などをを聞いてみるのもイイですね。

転職活動はとにかく一人でやると時間がかかります。履歴書作成・面接の準備、企業の情報の収集など、これを一人でやるのは効率が悪すぎます。転職エージェントを利用すると、こういう時間のかかる作業を削減することができます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!