転職エージェントのメリットとデメリット ブラック企業脱出のためのツールです

履歴書

転職をする時に利用したいのが転職エージェントです。転職エージェントを利用するときに迷うのは度の転職エージェントを利用するかということですよね。

実際転職エージェントを利用すると、ハローワークや求人誌での情報がかなり厳選されていないことにきつきます。転職エージェントを利用したほうが圧倒的に良い転職ができるのは事実です。

そう後述しますけど、転職エージェントってとにかく「ブラック企業の求人はほとんどない」というのがブラック企業のアンチサイトとしてのこのサイトで一押ししている理由です。ブラック企業の求人だけは存在自体が「悪」ですからね。

ただ、転職エージェントもたくさんの種類があり、どれを選ぶかの目安としては、転職エージェントのメリットデメリットをしっかり把握して、自分の適性に合ったエージェントを選ぶということです。

実際、誰でも使える総合的な転職エージェントがあったあり、関東限定の転職エージェントがあったり、第二新卒に特化したエージェントなどもあります。

そのため、基本的なメリットデメリットを把握して、自分にあったエージェントを1~2つくらい選ぶのが賢い選択です。あんまりたくさん転職エージェントに登録しても行動がしにくくなってパンクしちゃうんですよね。

やみくもに登録してしまうと、かえって面談とかの時間がたくさんになったり、求人情報が多すぎてスケジューリングがパンクしてしまうこともあります。

ここでは転職エージェントのメリット・デメリット・うまい利用方法をご紹介します。

転職エージェントのメリット

転職エージェントのメリットをあげてみます。メリットを生かして転職を有利に進めることができます。ヘタにハローワークとか求人誌を使ってしまうと時間が無駄になってしまうのでしっかり肌んんして転職エージェントを使うべきかどうか決めてみてください。

非公開求人が豊富にある

求人サイトやハローワークなどから求人を得ることもできますが、ここに載っていない「非公開求人」というものがあります。

転職エージェントではこの「非公開求人」を豊富に持っていて、その中から登録者と面談をして適切な求人を紹介してくれるというシステムです。

求人サイトやハローワークはどううしてもブラック企業がかなり紛れ込んでいますが、転職エージェントの非公開求人にはそういた企業はありません。また、非公開求人だけに競争率も高くないので、転職できる可能性もかなり高くなるというメリットがあります。

面接方法・履歴書の書き方などをアドバイスしてくれる

面接対策や履歴書を書くのは自分ひとりでやるのは意外と大変です。そして、面接・履歴書も自分だけで考えているとどうしても独りよがりな感じになってしまい、失敗するケースもあります。

エージェントではこういったものに客観的にアドバイスをしてくれます。これがあることで、面接や履歴書がより選考に受かりやすくなるというメリットがあります。

転職エージェントではアドバイザーが面談をしてくれて、個別に面接の対策や履歴書の書き方をアドバイスしてくれます。これが美味しいですね。結局プロに聞いたほうが一番早いので効率がとても良くなります。

面接の日程や給料面を調整交渉してくれる

転職活動は仕事をしながらする人もも多いです。仕事が忙しくてどうしても面接の日程などが調整できない時はエージェントに間に入ってもらい、日程調整を交渉してくれたりします。また給料面での折り合いも間に入ってやってくれるのでとても助かる場面があります。

給料を上げてくれる打診をしてくれるのが転職エージェント。ハローワークとかでは考えられません。企業と求人者と転職エージェントが「winwin」の関係になれるのが転職エージェントなのです。

面談をしてあなたに合った企業を紹介してくれる

エージェントがあなたと面談をして、希望条件をふまえてあなたに合った求人をチョイスしてくれます。やはりしっかり面談しないと、どんな求人がいいかどうかわかりっこないですからね。

それにより「こんな会社もあったんだ」という新しい気付きも出てきます。求人を自分で選ぶよりプロの眼から見て選んでもらったほうが、自分に合った求人でしかも内定をもらいやすいものを簡単にチョイスすることができるんですね。

受ける会社の雰囲気などを教えてくれる

これはエージェント独自の特権いみたいなものですが、受ける会社の雰囲気などを教えてくれます。

会社として良くても、会社の雰囲気が良くなければいい会社とは言えないケースもありあす。これは求人誌やハローワークでは絶対に手に入らない情報なので、かなり事前に有利な情報になってますよね。

転職エージェントのデメリット

エージェントにはデメリットもあります。デメリットを押さえておけば、エージェント利用の失敗も少なくなります。

担当のアドバイザーによっては経験不足の人もいる

あなたを担当するアドバイザーによって、受けられるサポートに差が出ることがあります。基本登録者へのサポートはアドバイザーの各人に任せられているので、アドバイザーが新人だったり、あまり経験がなかったりすると、良いアドバイスがもらえない可能性もあります。

逆にベテランの百戦錬磨のアドバイザーだったりすると、思いもかけずいい求人を紹介してもらえることもあります。

正直これは運なので、担当アドバイザーがしょぼかったりしたら、別の転職エージェントに乗り換えるとかの対応をする必要があります。

もしアドバイザーに不満が合ったら、担当を変えてくれるように言えば変えてくれますし、ほかの転職エージェントを使えば済むことです。そのためにも転職エージェントは2~3つを掛け持ちで使うことが必要です。(でも多すぎてもダメですよ。多くて3つくらいだ妥当です)

自分の成績しか考えていないアドバイザーもいる

アドバイザーいってノルマがあるんですよね。どれだけの人数を転職させたかというノルマがあります。そのため、強引に「この企業にしたらどうですか?」と勧めてくるエージェントもいます。

こういったアドバイザーは企業に太い営業力があるので、そのままその企業を受ければ通過しやすいですが、もしあなたに合ってない会社という可能性もあります。自分のノルマを優先してくるアドバイザーもいるので、気を付けたほうがイイです。

やたらと、この会社がイイですよと一方的に強く進めてくるアドバイザーがいたらちょっと注意したほうが無難ですね。

転職エージェントをうまく使う方法

エージェントとは二人三脚での転職活動になります 連絡をマメにしていこう

担当エージェントから求人情報を得て、面接や履歴書のポイントのアドバイスを受けたりします。

やはりある程度信頼関係がないと、うまくいくもののうまくいきません。

できればこちらから、質問をしたり求人を求めたりする行動をしていないと「この人やる気ないだろ」みたいに思われがちです。

エージェントをしっかりと信頼して「いい意味で利用する」といったマインドでエージェントと接することが大事です。

担当エージェントが合わなければ担当者を変更してもらうor別のエージェントを利用する

担当エージェントとの相性が合わない時もあります。人間同士なので、これはしょうがない部分もあります。

とういうケースはあまり考えることなく「担当を変えてください」と申し出したほうがいいです。

友達同士の付き合いではなくあくまで「ビジネス」としての付き合いなので、そういう注文は気にしているとあなたが損をします。

また、どうしても言い出しにくい時は別の転職エージェントを利用しましょう。そこで悩んでいるのは時間がもったいないです。

自分の転職の希望はハッキリ箇条書きにしておく

あなたが転職で重視していることをしっかりと箇条書きにしてエージェントに伝えておきましょう。

「休みは115日以上欲しい」
「完全週休二日制」
「給料は○○万円以上の手取りが欲しい」

など条件面を最初に具体的に伝えておきましょう。

転職は人生でとても重要なイベントです。条件提示も躊躇しないほうが良いです。ここを最初から妥協すると希望の転職ができにくいことがあります。

条件を変更するなら、エージェントと相談をして徐々に変えていくのがベターです。

こののように転職エージェントをうまく利用して、転職活動を乗り切っていくことを願っています。

エージェントを利用することで間違いなくあなたの転職の効率は飛躍的にあがるので、まずメリットデメリットを把握してうまく利用していきましょう。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加