ビジネスマンは筋トレで体力をつけるのは必須ですジムに行く時間が無い人は自宅で筋トレしよう

アームカールする男
ビジネスマンは筋トレで体力をつけるのは必須ですジムに行く時間が無い人は自宅で筋トレしよう

ビジネスマンは忙しいのでなかなか、運動をする時間がありません。

会社の帰りにジムによって運動しようと思っても残業が多い場合は本当にそれすらできないことが多いです。

仕事で忙しくてストレスで食べ過ぎになることもあります。それで運動を全くしないとブクブクと体が太っていってしまう・・・

日本では太っているビジネスマンが多いです。これは日本ならではで、欧米では太っているビジネスマンは「自己管理ができない人間」ということで転職などに非常に不利になるのは良く知られた事実です。というか太っているていう時点でもうダメなんですよ外国ではね。筋トレしましょうよ筋トレ。

最近では日本でも太っている人は自己管理ができないとみられる風潮も定着してきました。

そこで一番効果があるのは「筋トレ」です

筋トレは最も短時間で、体を引き締める効果があります。なぜか日本では筋トレをしている人口が少ないですが、欧米では普通にホームセンターなどでジムにあるような筋トレマシーンが売られていて、自宅にホームジムを持っている人が多いんですね。

ここでは、忙しいビジネスマンがどやって筋トレをしていけばいいかをご紹介します。

自宅での筋トレの方法

自宅での筋トレはイメージとしては「腕立て伏せ」「腹筋」を自重でやるようなものです。

ただ、自重でのトレーニングは相当数回数をやらないと効果が無いうえに、筋肉の量がなかなか増えていきません。

時間のないビジネスマンがやる筋トレとしては、ダンベル・バーベルを使った筋トレを特におススメします。

一見、ダンベルなどを使った筋トレはハードルが高いように思われますが、やってみるとそれほど難しくはありません。

また、今ではユーチューブなどで筋トレ方法をプロのビルダーなどがアップしているので、いくらでベストなやり方を見ることができます。

やはり筋トレは映像で見てプロの方法を真似するのが一番の近道です。本当にいい時代になりました。

では具体的にどういう筋トレがいいかを見ていきましょう

ダンベル・ベンチがあれば無限のバリエーションができる

ここではもっとも効率がいい「ダンベル」と「フラットベンチ」を利用したものをご紹介します

ダンベルはいわゆる重りですね。こんな感じのものです。

ベンチは強度のあるものが最高で。お値段は1万円以下であるので一度買うと一生ものになるので超おすすめです。こんなのがイイですね。

ダンベルとフラットベンチがあるとものすごく筋トレの幅がひろがします。マジで自重での筋トレ「腕立て」とか「腹筋」だけよりものすごく効率もイイですし体も引き締まりますよ。マジでおススメです(^O^)/

具体的にはまず最初にダンベルとベンチを使って基礎的な運動をしてみましょう

ダンベルプレス

一見地味な動画ですが、筋トレの理論を初心者にむけてとても丁寧に解説してくれています。

大胸筋を鍛えてたくましい胸を作ります。男は胸です。ここがたるんでいるともう音として見られないくらいです。

とにかくダンベルプレスをはじめとする筋トレはフォームが命です。

そして、10回できるかできないかの重さで、3セット位やるのが一番筋肉を疲れさせることができます。

ダンベルカール

太い腕を作ります。上腕二頭筋を鍛えます。この「yoshi」さんの動画はとても分かりやすく、なによりyoshiさんの人柄にファンが大勢ついています。

yoshiさんのほかの動画もひじょーにおススメなので筋トレに興味のある人は絶対見たほうが良いです。

フレンチプレス

同じく太い腕を作ります。上腕三頭筋ですね。

フレンチプレスは意外と簡単で、見よう見まねでやってもかなり上腕三頭筋に効きます。

効果が高い種目なので取り入れていきましょう。

ワンハンドローイング

広背筋を鍛えます。逆三角形の背中を作っていくには背中のトレーニングは必須ですね。

一見簡単そうですけど、広背筋自体を使って腕の力を使わないのがポイントです。

ダンベルを使った腹筋

ダンベルを使った腹筋は、普通に腹筋をやるより少ない回数で腹筋に効きます。

時間もかからないので超おすすめです。

ダンベルスクワット・ブルガリアンスクワット

足を鍛えるにはスクワットです。特にブルガリアンスクワットはお尻がどんどん締まっていくので最高です。

このKTMさんの動画は単純に見ていても面白いのす。人柄もいいですし、かなり詳しく説明してくれるのでお気に入りの動画です。

もっと追い込みたい人は「ホームジム」を作ってしまおう

最初は上で上げた筋トレだけでも、数か月やると別人のような体になってきます。

するとだんだんと、筋トレ自体が好きになってトレーニングが楽しくなってきます。

よくあるパターンですね((´∀`))

そして、もっと筋トレをやっていきたいと思う人は「ホームジム」を作ってしまうとトレーニングジムでやる筋トレを自宅でやることができてしまいます。

ホームジムは「パワーラック」「バーベルセット」「ベンチ」があればほとんどの種目をこなすことできます。

トレーニングジムに月一万円払っているなら、一年で元を取れてしまいますし、なによりジムだとジムに行く時間もありますし、

ホームジムはこんな感じです。この動画も結構好きです。なんだかんだでこの人もだんだんマッチョになっていく様子がうかがえます。

大体10万円前後でこれだけのものがそろうので、相当本格的な筋トレができます。

私も次に引っ越した時はホームジムを作ろうと思っているので、とても楽しみです。ああ早くホームジムが欲しい。この動画で使ってるのはアイロテックの「マスキュラーセット」ですね。

追記 引っ越しました(2017.4.29)

引っ越しました、スクワットラックを買ったのでホームジムを作成中です。完成したら画像アップします。DODAを使って転職をして新天地で筋トレしてます(^O^)/

実際私は、数社の転職エージェントを利用しました。その中で転職が成功できたのがDODAです。金融業界から製造業の総務部に転職できたのも...

筋トレは一番短時間で体力増強と体型維持ができる運動です

筋トレは本当に短時間で体型を変化させることができる運動です。

走るとただスリムになりますけど、筋トレすると筋肉がついていわゆる男らしい体になります。

筋肉がついてくるといきなり女性の反応が変わってきます。なんだかんだで女性は筋肉が大好きです。

今の時代、線の細い男性が好まれていますがあれはぶっちゃけ嘘です。

だって、がたいが引き締まって筋肉ついてたほうがかっこいいにきまってるじゃないですか。

線が細いっていうと裏を返すとガリガリの男ですよ?そんなの全然かっこよくないです。

ということで、ビジネスマンはしっかりと筋トレをして体を引き締めることでワンランク上の仕事ができるようになっていきます。

仕事ができる人は体つきも引き締まっていますよ。しっかりいい体をつくって体型管理をしていきましょう。

時間が無いので効果を最大限にしたいのでHMBも筋トレして飲んでいます。

HMBとは、筋肉を作り上げる時に重要なロイシンの代謝物質です。必須アミノ酸の一種なんですね。

筋トレに必要なのはタンパク質とこの「必須アミノ酸」です。

HMBの量が少ないと結局筋肉の成長はあまり期待できないんですね。たんぱく質とアミノ酸の相乗効果がとても大事なんです。

プロテインとHMBを同時に取るようにしてから、筋肉の付きが全然違ってきました。

もちろんプロテインだけでも筋肉はつくんですが、HMBを飲み始めてからは自分の感覚だと1.5倍は筋肉の付き方が違います。

あ、もちろんHMBを飲むだけじゃ筋肉つきませんよ。筋トレしてタンパク質とってHMBを飲むと効果があるってことです。

せっかく筋トレするならHMBを飲んだほうが効果が全然違ってました。すんごい助かっています。

→私の飲んでいるHMBの詳細はコチラから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!