ビルメンを辞めたい きつくて楽じゃない激務現場の現状と転職方法

ビルメン

ビルメンの仕事ってよく、底辺と言われますよね。私の知人もビルメンやってましたけど、そこまで辛そうじゃなかったですし、普通に結婚とかしてましたからヘタな超ブラック企業よりは、待遇はイイんだと思っていました。

ただ、その知人に聞いてみたらビルメンやってる人でも、職場によってかなりきつい職場もあるということです。どんな業界でもそうですよね。会社によって待遇の落差があるっていうのはしょうがないです。

ただ、ビルメンてやってることは大変なのに、なぜか社会的な評価が低いっていうのもあります。介護をやってる人とかといっしょで、ビルメンがいなければ社会は回りませんしなぜか社会的な評価が低いという仕事ってあるんですよね。

そういったビルメンでもかなりきつい職場があるみたいです。知人の話だと病院のビルメンとか、職場によってはビルの管理を完全に任されている職場とかはビルメンの仕事ってきついんですよね。しかも意外と人と接することがあってコミュ力も必要になってきます。人と接するのがイヤだからビルメンになるっていうのは選択間違いみたいです。

ビルメンに勤める知人からきつい職場のビルメンの実態を聞いてみました。

ビルメンの仕事は入るビルが悪いときつくなりますからね 配置の運が大きい職場です

ビルメンの仕事っていわゆる「裏方」の仕事なんですよね。ビルの建物に「異常が無いか」をチェックするわけです。

この「異常が無いか」っていうのの範囲があいまいで、ほんとにビルの中でのちょっとした不具合とか電気とかがおかしかったりするのを治すだけとか、治すにしても業者を呼んで対応するだけっていうビルメンもあります。

一方で、「異常が無いか」っていうのが、トイレで汚物が詰まったり、病院とか飲み屋の多いビルとかでゲロとかの処理までやらされるビルメンもあります。

そう、後者のビルメンは正直辛いです。ビルメンを辞めたいってお思うのが後者の方のビルメンということですね。

ビルメンってこういった大変な仕事の場合もありますし、昔は誰でもできる仕事ということで、働く場所が無い場合い高齢者とかが働く場所でした。

ただ、今はビルの設備が普通にハイテクになってきたので、それに対応する資格も必要です。第二種電気工事士、危険物取扱者乙4類、ボイラー2級技師位は必要になってきます。昔のイメージでビルメンの仕事を始めるとたいてい続かなくて辞めていきます。

病院のビルメンテナンスに入ったらかなり地獄のビルメンの仕事

まず、ビルメンでも特にきつい職場が「病院とか老人ホーム」とかのビルメンです。これって結構修羅場になることが多いんですよね。なにせ命を預かっている職場のビルメンですからね。

こういった場所のビルメンはビルの管理といっても、普通にトイレの汚物とかのつまりとかを処理したり、感染症患者の部屋の修理をしたりしないといけないのできついうえになんか、体へのリスクとかも高いです。

老人ホームで、浄化槽に紙おむつが詰まってそれを除去する作業とかもあったみたいです。病院とかではビルを清掃したりゴミ箱のゴミを処理するときに普通に注射針とかが入ってて、それが刺さることも多いです。

いや・・・これって普通になんかの感染症とかになるんじゃね?肝炎とHIVとか普通に感染しそうです。針が刺さるっていうのがヤバいですね( ;´Д`)

こういった病院とか老人ホームとかの施設だと、ナースとか介護士とかがストレスがたまっていて、思い切り罵声を浴びることも多いみたいです。悪気があるかどうかは別にしてとにかく、ビルメンに対してのあたりがきつくて、人間以下みたいな態度で接する人も多いみたいですね。まあそいうう人は自分より立場が上とか強い人には媚びへつらうとは思いますけどね。

とにかく、洗濯機が壊れた、プリンタが壊れた、トナーが無くなったから交換して。洗濯機が壊れた。車いすが壊れた・・・とビルメンと関係ないようなことまでやらされます。

こうなると正直きついでしょね。何でも屋になってしまうと、いいようにこき使われて結局心身ともに疲れ果てて、この仕事を辞めてしまう‥‥と言うケースがほとんどです。

資格だけ持ってればいいというのじゃだめなビルメンの仕事 コミュニケーションも必要になってくる

ビルメンの仕事って今時では、資格だけあってあとはビルのメンテだけしてればいいってわけじゃあないんですよね。

普通にビルのメンテをするときにも、そのビルで仕事をしている人とコミュニケーションは普通にありますし、ビルメンの会社によっては、ビルメン会社の商品とかを売り込むノルマが合ったりあします。このビルにはこういった空調設備がいいですよ・・・とか、

こういった最新の防犯設備がいまはやってますよ・・・とかこういったビルメン会社の商品を売り込むノルマもあったりします。こうなるとある程度営業ですよね。

今時では省エネ提案とかが流行ってますしね。ビルは電力とかがものすごい単位でかかるので、省エネ提案はかねになるんですよね。こういった営業的な仕事をやらされるビルメンも多いです。

危険な仕事もあるからそのあたりの身は時分で守るしかない

ビルメンの仕事は、普通に空調フィルターを変えるときとかも脚立とかに乗りますし、天井が高いところではかなり不安定な足場で作業をします。

普通に片足で立ったりしたりしますしね。屋上での作業とかちょっとした高所作業とかもあって、地味に危ないです。こういった危険管理ってあまり教えてくれないですし、自分の安全は自分で守るしかないんですよね。

知人の話では、天井に昇って配線をやるときに天井板が破れて下に落ちてしまったことがあるみたいです。その時には着地も失敗して足にヒビが入ったみたいです。

ビルメンてけっこう危険なこともやらされます。自分の身は時分で守っていくしかないですからね。会社でキチンと労災が出るかどうかチェックしておいたほうがイイでしょう。

ビルメンの仕事を辞めたいと思っているときには、労働環境を変えていく有利な職場を選ぶべきです

ビルメンの仕事は人によってはかなり大変です。私がいた製造業にもけっこうビルメンをやってた人が中途で入ってきました。

ビルメンの仕事から労働環境を変えていくというと、メーカーで製造業に入る、電気系の保全系の会社に入ると言ったことがベターですね。

ホワイト工場って実際けっこうあるんですよね。定時で追われて残業もついて長期連休もある。それでいて仕事内容もきつくない、どっちかというとゆるい。そういうホワイト工場に転職できるとブラック企業に勤めていたのがウソのようです。実際に生活も楽になりましたし、プライベートも充実してとても満足しています。

こういった製造業や電気の保全系の仕事なら、休みもきっちり取れてそこそこ給料がもらえるという会社は多いです。ビルメンに比べると社会的な地位も高いですしね。

ビルメンの仕事がなぜか地位が低いっていうのは私的にも納得いかないですけど、メーカーなどに入ることで安定した仕事を得ることができます。

労働環境を変えていくという意味ではメーカーなどの製造業が一番はずれが無いと思います。

できれば避けたいのは、飲食の仕事だったり、営業でノルマのある仕事だったり、金融系の仕事、介護系の仕事ですね。このあたりの業界を避ければさすがにそれほど失敗することはありません。

こういったブラックな業界はねっとでしらべればいくらでも情報が入ってくるので、バイトでつなぎでやるならまだいいのですが、正社員としてこういったブラックな業界は

避けるべきです。もし自分がやるべき仕事がわか也場合は、一度優良な求人を紹介してもらうとどんな職業があるかどうか判断できるので求人を紹介してもらうのがベターです。

転職活動が難しいそうで不安だ・・・・転職してもブラック企業に捕まったらどうしようと思う場合には

転職活動が難しそうでかなり不安だ、転職してもブラック企業に捕まってしまったら最悪で怖い・・・・と言う不安がある場合には、一度優良な求人を紹介してもらって自分の眼で見てみるのがベターです。

優良な求人を見てみることで、世の中にはいい会社があるというのがわかりますし、自分がどういった仕事をやっていきたいかの判断材料になります。また転職への不安も軽くなってきます。

ただ、ハローワークとか普通にちまたにある求人誌だとブラック企業が多く掲載されています。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからです。

転職エージェントでは、厳し基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また転職のプロであるエージェントが転職について的確なアドバイスをしてくれるので助かります。

たしかに、転職って不安ですし、私も金融関係から製造業に転職したんですけど、そのときは異業種転職でかなり不安でした。実際何からやっていいのかわからなかったです。

しかし、転職エージェントからアドバイスをもらいつつ、求人を紹介してもらって履歴書を作成して、面接対策をして転職活動をしたら普通に内定は取れました。世間で言われているほど難しくはないかったです。

これが確かに一人で活動してたらかなりやばかったかもしれません。やはりアドバイスは必要だと感じました。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!