上司のパワハラでうつ病になったらすぐ休職して転職活動をしよう ついでに社外に訴えれば一石二鳥な理由

人生の階段

あなたはゴミみたいな上司にパワハラをうけて「うつ病」になってしまった。もしくはうつ病なりかけているという状況でしょうか。

けっこう、上司のパワハラ対策とかが記事になってますけど、なんかクドクドと書いているだけで「結局何が言いたいの?」みたいな記事ばっかりで正直ウンザリします。

パラハラ上司がいて毎日罵声浴びせられて、いじめられてその上うつ病になってしまったら、「会社を休職する」するのがイイにきまってます。

上司とかを同行しようとして会社側に相談してもまったく無駄ですからヨロシク。このサイトで何度も言っていますけど、会社に相談事をしても全く状況はよくなりませんよ。そんな個人がどうとか会社なんてどうでもいいんですからね。

だからパワハラ上司がいてしかも「うつ病」になるほどあなたが追い詰められているときには、さっさと会社を休職したほうがイイです。実際にやる行動としては

心療内科に行く→うつ病で診断書出してもらう→休職する(2か月以上は休みましょう)

といういう流れです。すぐに決まります。

そもそも、会社って私語をとする場所なんですからね。「パワハラを受ける場所」じゃないです。そういった割り切りができないっていうのはサラリーマンとして致命傷になってきます。

サラリーマンてその名の通り「給料をもらっている人」ということです。だから仕事をして給料をもらうのであって、そんなゴミ上司のパワハラを受ける筋合いはありません。

もっと自分の考えとかをもって思考停止にらないほうがイイです。パワハラを受ける時点で、そんなくだらない状況を変えていく行動をするのは当然なんですよね。

パワハラ受けたらうつ病で休職すればいい その間は傷病手当金とか出るしその会社に復職したくなければ休職中に転職活動をすればいい

さて、繰り返しますけどパワハラを受けてうつ病になった、もしくはうつ病になりそうなら、さっさと心療内科を受診して診断書をもらって休職しましょう。

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

こういった休職することに躊躇するのは

「その間の生活費とかどうするの?」

とかですけど、うつ病で休んでいても傷病手当金も出るので、そこまで不安になることはありません。当座の生活はで決まるからね。

参照 傷病手当金について 協会けんぽ

あとは「うつ病とかで休んだら出世とかに響きそう」

とか言ってるなら、もうそのままうつ病が悪化して死んだほうがイイですよ。自分の命とか健康とかよりも出世とか会社の評価が大事だったら、もうお話になりません。

がんばって、うつ病のまま仕事をしてパワハラ上司にイジメられて過ごしてくださいね。

さて、こういった行動をとれるかどうかで大きく人生が変わってきます。そもそもそんな状況で長く続けていてもどのみち、うつ病が悪化して最悪自殺しますからね。

命が無くなったら家族とか転職とかそんな次元じゃあなくなってくるので、事の重大さをもっと認識してください。自分の身は時分でしかも守れませんよ。

まずボイスレコーダーで証拠を取っておきましょう これがどんなパワハラ対応でも基本中の基本になってきますからね

パわぱら上司がいる状況で、あなたがどんな対応とか身の振り方を選択するかは人によって違うと思いますが、絶対にやっておくことは

「ボイスレコーダーでもパワハラの証拠の録音」

です

パラハラ上司が罵声とか暴言を吐いているのをボイスレコーダーで録音しておきます。ボイスレコーダーとかアマゾンとかで3000円くらいで売ってますし、スマホでも録音機能がついているものがほとんどなので、そういったパワハラ上司の言動を録音しておきましょう。

その証拠があると、やっぱり心療内科で受診することがあればそういったデーターがあれば簡単に診断書を出してくれますし「異動が適切」などと一筆入れてくれる医師もいるでしょう。

また、会社にも提示できますからね。この証拠があれば会社もそれなりには対応するでしょう。ただ、会社ってこういうのがあってももみ消すことがおおいです。

そもそも、会社だってあなたの上司がパワハラ野郎なんでことは知ってるんですよ。だけど、知っていて放置しているだけなんですね。

会社にとってパワハラ使用がセクハラしようが、会社に利益を上げてくれる人間だったらなんでもいいんですよ。部下をぼろくそ言ってこきつかって利益を上げる

人間だったら会社にとってはおのほうがメリットがありますからね。だから会社にそう出しても無駄たってのが解かりますよね?簡単な理屈です。

あとは労働基準監督署に訴えるor弁護士に訴えるで復職してからもその上司がいなくなるので安心ですよ(^O^)/

ボイスレコーダーで証拠をとったら、会社に相談しても無駄なのでその証拠をもって

労働基準監督署に相談する

弁護士に相談する

ってことをやっておくのはパワハラ上司を異動させたりするには効果的でです。

ちなみのもうこんな会社転職すると決めているなら無理にやる必要はないですけど、これって相当なダメージをそのパラハラ上司に当たれることができます。

郎党基準監督署に行ってパラハラ相談に行くと労基が会社に「そういったパワハラやめろよ」みたいな「勧告」をします。証拠が無くても勧告はしてくれますが、証拠があれば確実に勧告してきますからね。

会社って、会社内でのことは簡単にもみ消しますけど、そういった公的機関からの勧告とかにはめっぽう弱いです。こういった労基からの勧告があるとさすがにそのパラハラ上司も異動になり左遷を食らうことになります。

また、会社からも「労働基準局からの勧告の現認になった奴」というレッテルが張られるので、会社内で相当なコネとかが無い限り出世とかはできなくなってきます。ヘタすると降格とかにもなりえます。

ゴミパラハラ上司をなんとかしたいなら、会社に相談するんじゃなくて外部の機関に相談するのは鉄則です。

弁護士に相談するのいいですね。その上司を訴えるわけですけどこれは別に裁判まで持っていこうというわけじゃあありません。

その上司を訴えればそれが当然、会社側にも知られることになります。これも

「パワハラで訴えられた人間」

ということが会社ににんしきされれば、たいてい異動になったりその後出世することはありません。トラブルがあるような人間を積極的に使う企業はありませんからね。

ここまでやるかどうかは、あなた次第ですけど、労働基準監督署に訴えるはけっこうオーソドックスなやり方で効果も高いので、サクッと訴えてしまいましょう。

そういったゴミ上司は早くいく亡くなったほうがすっきりしますからね。というかほんとパワハラ上司は死んでほしいんですけどね(^O^)/

さてこんなパラハラ上司がいる職場はさっさと見切りをつけたほうがイイと思いうマジで 休職中に転職活動してもっといい会社みつけましょうよ

さて、うつ病になるほどパワハラ受けるって・・・・・そんな人間がいるってことは、その上司がいなくなっても次のパラハラ上司が必ず出てきます。

パラハラ上司が多いってのは、その会社の雰囲気とか空気に依存してますからね。

私も地銀にいたときは、パワハラ上司のほうが多いくらいでした。ノルマのことで暴言吐かれたりネチネチといじめられたり大変でしたからね。

それが転職して製造業に入ったらそういったパワハラ上司ってほとんどいないんですよね。ゼロじゃないですけどほとんどいません。これって会社の「雰囲気」とか

「空気」が違うとそういったパワハラとかやれる雰囲気でもないんですよ。ブラック企になればなるほどパワハラ上司も比例して多いです。

仕事が激務ならそれだけパワハラ上司もおおいってことですね。

いやあ・・・・これってブラック企業ってまったくもってメリットがまったくないというのがわかりますよね。

さて、心療内科で診断書とかもらって休職したらその間に転職活動をすればいいですよ。転職先には休職中とかわからないですからね。

転職先が決まったら、会社に退職する旨を伝えて終わり・・・・ってことです。どのみち休職しているので引きをめられることもないでしょう。

退職するときには「転職先が決まった」とか言うとめんどくさいので、「もう耐えられないので辞める」とか言っておけばいいです。

パワハラされる会社なんてどうでもいいですからね。だって、会社のほうが非常識なことをしているのに、社会人の常識とかをもとめてくるのってチャンチャラおかしいと笑ってしまいますよ。

さて、転職活動といってもハローワークとかちまたにある求人誌とかをつかても、ブラック企業がたくさん掲載されています。これってハロワとかが掲載企業を審査していないからなんですね。だからブラック企業の奴隷の獲得現場になっています。

転職エージェントは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確にアドバイスをしてくれます。

転職って難しい難しいとあおられていますし、転職活動をしたことがない場合には不安なものです。

しかし、転職って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして履歴書をつ食って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですね。

一度優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるといいですよ。ブラック企業じゃない求人があるっていうのの確認にもなりますし、転職への不安も和らいできますからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!