ブラック職場で上司がクソうざい場合は会社自体もそんなに長くない 会社の終末は近いですよ

ムカつくゴミ上司

「親と上司は選べない」というのが世の中の悲しいところです。ブラック職場の典型のクソうざい上司がいるわけです。

たとえば自分の希望の会社で仕事も順調で満足な人生を歩んでいても、ある日異動があってクソ上司に変わったとします。

あなたはその日から、かっこうのイジメの餌食になるわけですね。そう大人の社会でも部下をイジメることで自分の存在価値をかみしめる的な人間がいるんですよね。

得てしてこういう上司は無能な場合が多いですけど、それを自分で理解しているので仕事に対しての情熱はありません。だって仕事やってもできないんですからね。

その反動で自分の仕事ができないというコンプレックスを「部下をイジメる」という行動でウサを晴らしていきます。

そう、たんなる「ウサ晴らし」なので特に理由はありません。あなたが憎いわけではないですけど、部下をイジメたり仕事を妨害するのことで自分の価値を感じるという歪んだ人間性をもった上司というのがけっこうな割合でいます。

どうしてこういうクソうざい上司がいるかというと、会社に問題があります。組織が大きかったりすると、たとえ人間性がおかしくても、大きな問題さえなければそのまま人を使い続けます。

とにかくこういった人間性に問題がある人には「ここにこのまま置いておけば問題にもならないだろう」といった精神で会社はそういうゴミ上司を放置します。

まあ、そういうクソゴミ上司の場合は、高確率で精神的に病んでいます。ただ、自分はその精神的な面では自覚がないので、

「部下をイジメてもまったく罪悪感が無い」という人間として最悪のケースが多いんですよね。罪悪感がなくて人をイジメる・・

仕事を邪魔する、自分のミスをなすりつける。これに「罪悪感が無い」わけです。「サイコパス」という精神病です。

でもそういう上司を会社は放置するので、あたなが会社に訴えたとしても意味はありませんし状況は変わりません。

結局上司がクソうざいと仕事にならない何もできない自分がつぶれるだけ誰も助けてくれない・・・みたいな状況になります会社ってそんなもんです

ということで、上司がこういうクソうざいゴミな上司になると、もう完全に八方塞がりです。

実際いましたよ、私の前の職場にも。とにかく部下をとことん追い詰めて今まで何人も部下を退職させたり、うつ病で再起不能

にしてきました。徹底的にに部下のミスをつついてネチネチ毎日のように罵倒します。

「お前は仕事ができないから辞めてしまえ」

「残業6時間やれよ」

「朝は始業前1時は早く来て仕事の準備しろよ」

「お前死ねよ」

実際に「死ねよ」とか言われてました。これってかない法的にも侮辱罪とかで訴えることができるレベルです。

でも実際まわりでこういうううなことを見ていて聞いている同僚、ほかの部署の上司もいるわけです。

もちろんこういう仕打ちを受けているのが分かっていても、誰も何も助けませんし、だれも手助けをしません。

そのゴミ上司に「おまえさすがに部下イジメるのはほどほどにしろよ」とかいうその上の上司もいません。

これ・・・・悲惨ですよ。結局、周りでいい人ぶっていますけどいざとなると助けてくれる人はいません。

なので、自分の状況は時分て解決するしかありません。

もちろん上司からいじめられていた部下も

「もう異動させてください」

「耐えられません」

「もう限界です」

といってそのクソでゴミは上司のさらに上の上司にうったえたりしていました。でもそんな言葉はスルーでしたね。

結局その人は、うつ病で休職その休職してその間に転職活動をして転職していきました。その経験から生まれた技がこの技です。

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

そうこういうクソうざい上司って、「人から嫌われるのが快感」みたいな曲がった性格です。

もちろんプライベートとかでは誰にも相手にさらませんが、会社になると仕事なので、どうしても接点を持たなければなりません。

みんな嫌いなんですよこのゴミ上司のことが。でも、そうい嫌われたり非難されたりするのが「好き」なんですよね。

人から非難されたり嫌われたりすることで自分の価値を感じるというもう、人間として終末というか破綻している人格を持っているケースだったんですね。

でもこういう人格の人間でも会社では生きていけるわけです。

だから会社組織って怖いですよ。犯罪さえ起こさなければあるいみ「なにをやってもOK」的なことがおきるのが会社組織です。周りの人間はそして見て見ぬふりをします。

ドラマや映画みたいに、助けてくれる人は「一切」いません。いいですか「一切」いません。

そんな現実をわかってない甘っちょろい人が多すぎます。もしこういうクソカスゴミ上司がいたらさっさと異動願いを出すか

それが通らないのなら転職してその上司のいない場所に行きましょう。そうしないとあなたは高確率で人生が傾いていきます。

でもなぜかそんな状況でも我慢して「うつ病」とか体壊してしまう人がおおいのが現実 私からするとバカなんじゃないの?とおもいますね

助けを求めるサラリーマン

でもなぜか、こういった状況でも、我慢して最後まで自分が壊れるまで上司の攻撃を受ける人がけっこういます。

逃げれない?のかわかりませんが、たぶん「マジメでガマンは美徳」という教育をうけているからですね。

「我慢は大事、逃げることは卑怯。仕事は死ぬまでやり続けるのがかっこいい」

かっこいいわけです。逃げないのが良いわですね。まあ本人がイイならいいんですけど。

バカじゃねえの・・・思いますね。

こういう人は「クソごみ上司」のかっこうのターゲットになります。そう、会社ってこういう人が多いからこういう

クソ上司にとって最高の狩場・漁場なんですね。

だって、イジメてもけなげに我慢してくれるまじめで思考停止している人がいっぱいいるわけですから。そのクソ上司は

「ヒャッハー!イジメる部下がいてしかも犯行もしないから最高だぜ」

と思っています。実際こんなもんです。

私は一時期キレてしまいまして、社会人としてはちょっと微妙な行動でしたけど、ある日を境にゴミ上司を毎日論破してしまいました。

もうどうでもよくなったんですね。。もうどうせ辞めるつもりだったしね。

そしたら弱いもんですよ。そういうゴミ上司は反抗しないと思い込んでいるので、一度反抗されるともうダメです。

そしたら寄り付かなくなりましたけど、あまりこういう方法はおススメできません。

ただ、その会社にいても意味あります?そういう上司を放置してる時点でももうダメな会社です。

さっさと異動願いしてそれが通らないなら転職しましょうよ。なに迷ってるんですか。そんな会社にい続けるリスクより転職するリスクのほうがよっぽど低いにきまってるじゃないですか。そのあたりに気づいてください。

是が非でも上司がクソなら我慢しないで転職してください 自分の人生を良くするには自分で動くしかないからです誰も助けてくれませんよ

結論言うと、上司がクソでゴミならさっさと異動届を出す。それで異動できないなら転職する。

会社内で誰かに訴えても誰も助けてくれません。なぜなら会社の中ではだれでも「自分の身が大事でかわいいから」

他人のメンドクサイ要求やいざこざに絡まれたくないので、だれも助けてくれるという行動はとりません。

薄情とかひどいとか思いますけど、人間こんなもんで、ドラマとか映画とかとは現実は違います。そのあたりをいい大人なら理解してください。もう一度言います。会社内では誰も助けてくれませんので、自分で行動するしかありません。

もし転職の方法がわからないなら「転職エージェント」を利用してください。転職のプロであるエージェントが転職の方法を一から教えてくれるので、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用してクソゴミ上司からの呪縛から解放されるのがいいですよ

気楽なサイクリング

転職を怖がっていると一生クソうざいゴミ上司の呪縛から逃れることはありません。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!