上司からの嫌がらせを会社内で相談しても無駄 会社外に相談するか休職すべき理由

考える人

あなたは上司の嫌がらせでだれかに相談したいと思ってるんですよね

これって会社とか友達とか家族に相談しても、その上司の嫌がらせって無くなりません。相談しても「大丈夫?会社辞めたほうがイイよ」

とかアドバイスはもらえますけど、上司の嫌がらせが無くなるわけじゃあないですからね。正直相談するよりも、あなたが行動しないとその状況は全くと言っていいほど好転はしません。現実って厳しいですよ。

ヤフー知恵袋とかで上司の嫌がらせで悲惨なことになってる人がいましたけど、やっぱり行動力がないと上司からの嫌がらせはエスカレートしますからね。

まず、大前提は「嫌がらせていている上司を同行しようとしても無駄」ということです。

その嫌がらせ上司に媚びを売ったり、逆に無視とかしてもどっちにしろ嫌がらせはエスカレートしていきます。上司になにかアクションをかけてもまったく無駄です。

なぜなら、その上司はあなたのことを「ストレス発散のためのイジメる道具」くらいにしか思ってないからです。人間とかとは思ってないんですよ。

だから、その上司がいる限りあなたは嫌がらせを受けるので、とにかくあなたがクールに行動して、その状況から脱出することだけを考えたほうがイイです。それかその上司がいなくなる行動をとることですね。

これってハッキリ言うと行動する方法は限定されていて、もうだいたい決まっています。このサイトでも何度か記事にしていることなんですけど復習の意味もかねて、嫌がらせ上司に対する対処行動を見ていきましょう。

まずやることは証拠を取っておく ボイスレコーダーで上司の発言を録音しましょう

まず、とにかくその上司がの暴言とか嫌がらせなど、ふだんの暴言をボイスレコーダーで録音しましょう。

アマゾンとかで普通に3000円くらいでボイスレコーダーを売ってるのでそれでもいいですし、スマホの録音でも十分です。

嫌がらせ上司ならそんなのしばらく録音してればいくらでも、証拠音声をためることができますからね。そう、あなたが相談するにしてもこの証拠があれば事がスムーズに運びます。

嫌がらせ上司のこういった暴言とかを録音するのはめっちゃ簡単です。毎日ネチネチといやがらしてきますからね。こういった人でも家庭とかがあって奥さんとか子供とかがいる・・・・っていう人も多いです。こんな奴が親とかだったら私だったら自殺もんですけどね。自分の家族は他人に嫌がらせとかしてるのがわかったら本当にショックです。

さてそうったゴミクズの嫌がらせ上司の暴言などをしっかりと録音しましょう。10日もやってれば十分すぎるほど証拠が取れるんじゃないでしょうか?

このサイトでも何度も言っていますが・・・・まず会社に相談しても無駄 相談するなら労働基準監督署か弁護士ですよ

さて、この証拠をもって相談するんですけど、まず会社内とかで相談しても無駄ですよ。よくパワハラ委員会とかセクハラ委員会とかある会社もありますけど会社内のそんな組織に相談を持っていっても無駄です。なぜなら、現実私の以前いた会社でもそういった組織とかありましたけど、まったく機能してなかったですからね。

だいだい、他人がいじめられていようがどうでもいいんですよ。仕事上の付き合いなんですからね。家族や友人じゃあないんですから。だから会社内とかで相談して無駄です。その嫌がらせ上司のさらに上の上司に相談とかしても無駄ですよ。そのさらに上の上司だって、部下に問題があったら

自分の責任問題になって出世に響くからそんな問題はもみ消そうとします。だから、まったく会社のだれかに相談しても状況は良くなりません。

そういったゴミ嫌がらせ上司の問題は、「労働基準監督署」か「弁護士」に相談しましょう。どちらも会社の外です。

労働基準監督署にその証拠とかをもって相談し手に行くと、労働基準監督署が会社に「勧告」を出します。会社ってそういった労基みたいな公的機関の

「勧告」には凄く敏感で、そういった風評が外に漏れるのを極端に嫌います。そういった勧告があったりするお、あっさりとその嫌がらせ上司が左遷されたりします。

実際に、私が以前いた会社でこういったいじめ上司がいてそのいじめられていた部下が労働基準監督署に相談に行って勧告が会社にきて、その上司は部下のいない

一人でやる仕事の部署に左遷していました。左遷かどうかはわからないんですけど、とにかく部署は異動になったんですね。

とのときには特に証拠とかもって行かなくても普通に労基から勧告が会社に出たので証拠があればまず大丈夫でしょう。

もうひとつは「弁護士に相談」です。証拠をもって弁護士に相談すればその上司を訴えることができます。

別に裁判までいかなくても、その上司が訴えられれば「部下を嫌がらせして訴えられた上司」ということで会社に名がとどろきます。会社ってこういった悪い方面で目立つことが大嫌いですからね。訴えられて、そういった人がマスコミとかにチクったりするという危険性まで考えますから。

そうやって訴えるところまでやればこれも、高確率でその上司は異動になったりします。

とにかく、言えることはその嫌がらせ上司の問題を、会社の内部の人に相談して無駄だよ・・・ということです。それが分かって無いと、下手に会社内で相談してそのことが嫌がらせ上司の耳に入ったら、さらにパワハラがひどくなりますからね。意味が全くないです。

あと嫌がらせ上司の行動に耐えられなくて精神的にきついなら心療内科に行って診断書もらって休職して会社を休みましょう

そういった訴えるというのがどうも苦手と言う場合には、心療内科に行って診断書をもらって会社を休職しましょう。

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

心療内科って使えますよ。実際にうつ病の人はもちろんですけど、ちょっとうつ気味だなあって場合でもだいたい診断書を出して少し会社を休めみたいなことを言っくれます。

その時正直に「上司の嫌がらせで精神的に参っていて、最近夜も眠れないですし、死にたいと思う言ことも多いです」と普通に正直言い言えばほとんどの場合

うつ病の診断書をくれます。それを会社に出せば2か月は会社を休めます。さらに症状が改善していない場合は、休職延長の診断書もすぐに出してくれるので半年~1年くらいは会社を休むのは余裕です。

その休職してる間に決めればいいんですよ。こんなゴミ上司がいる会社を辞めるかどうか。転職活動も休職中にやってもいいんですうよ。ちなみに私は

やってました(^O^)/ こんな会社にいてもしょうがないな・・・・っていう思いは強かったですからね。

こういった上司の質が悪い会社ってあんまり経営の質も良くないですからね。そういった嫌がらせとかしてる上司をだれも止めないですし、普通まともな会社ならそういった悪い噂のある上司ならそれなりの対応がありますからね。閑職に行ったり、部下を持たないセクションに異動になったりするのが普通です。

まあ、いくら仕事だからって嫌がらせするような人間が上司に居座っている会社ってどうよ?って思いますしね。

たしかにどんな会社にもこういったたぐいの輩はいるもんですけど、やっぱり自分で動いて今の状況を変えていくしかないんですよね。悲しいですけど誰も助けてくれませんからね。自分で動いてこういったゴミの嫌がらせ上司から距離を置けるようにしていきましょう。

さて、こういった嫌がらせ上司がいるような会社で働き続けたいですか?私なら絶対嫌ですけどね

これ最初に言っとくべきだったんですけど、あれこれ労基に訴えたり、休職したりとかもいいんですけど、転職できる人は転職しちゃった方がいいですよ。

そもそも、こういった嫌がらせ上司がいる時点でその会社にいるのがイヤになるのが、まあまあまあ普通ですからね。でも生活のためとか転職って難しそうだからとかいう理由で転職しないだけなんですよね。

とにかく、転職ができそうなじょうたいだったら動いたほうがイイです。そこまでしてそういった不快な会社にいる必要ってあるんですかね?

ただ、転職するにしてもハローワークとかちまたにある求人誌とかを使っちゃダメですよ。ブラック企業がいっぱい掲載されていますからね。

ハロワとかは掲載企業を審査委していないので、ブラック企業の奴隷の狩り場になっていているんですよね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査委してるので、ブラック企業はほどんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職って誰でも不安なものですし、特に初めての場合は何からやっていいかわからないっていうのもありますしね。

しかし、転職って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらったりして、履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるんですよね。

一度優良な求人を紹介してもらって、自分の目で見てみるのがイイですよ。そうすれば自分がやりたい仕事への選択肢の幅も広がりますし、ブラック企業じゃない良い求人があるっていうのの確認にもなりますしね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!