ブラック保育園で働いていてしんどくて辞めたい 続かない保育園よりもホワイト保育園に転園しよう

保育園の多くが仕事が超絶ブラックというのは最近は当たり前の情報になってきていますよね。なので、そういう現実を知りながらも保育士になっている人がほとんどです。

というう人は「子供が好き」「子供の成長を見届ける仕事がしたい」といった志の高い人がそういう労働環境が悪いとわかっていても保育士になっているわけです。

なので基本保育士は根性もありますし、多少の忙しい仕事なら普通に耐えられる人が多いです。そんな状況で本当に耐えられないような労働環境になっている保育園は、ぶっちゃけていうとゴミみたいなブラック保育園と言えます。

経営者がゴミで利益しか考えないあまり、法律を違反した子供の数を保育士に担当させたり、経費削減で保育士を補充しなかったりとそんなことは日常茶飯事です。現状こういうゴミ経営者がいるもの現実です。

そいうう保育園はどうなると思います?

サービス残業も当たり前で、保育士の人数も足りないので仕事も山積み、休憩時間も取れないで働いて当然仕事も家に持ち替えったりします。同僚の保育士が耐えられなくて辞めてしまい、そのあとの保育士の補充もなかなかないので、仕事は増える一方。

挙句の果てに仕事が激務なために、職場の同僚もイライラして人間関係も悪化していきます。

「こんな仕事できないの?」「もっとはやくできないの?」みたいな言葉が日常で使われるようになり、もう精神的身もダメージが蓄積していきます。ひどい時には「うつ病」で退職を余儀なくされることもあります。

こんなブラック保育園だと長く務める意味もありません。つぶれたほうがマシです。でも、ついつい保育士はこういうところに勤め続けてしまう習性もあるんですよね。それはなぜなのでしょうか?

保育士は「子供のことが好き」という責任感の強いタイプが多い なので労働環境がおかしいのに気づきにくい

もともと保育士は「子供ことが好き」「子供と接する仕事がしたい」という高い志をもって保育士の仕事をしています。

そのため、保育園の労働環境が劣悪でも「これが普通だ」「これが当たり前で子どもを相手にする仕事はきついものなんだ」

と自分で思い込んでしまうケースが多いです。あるいみ志が高くてずばらしいことなのですが、こういった気持ちをたくみにブラック保育園のゴミ経営者は利用するんですよね。

一般企業でもブラック企業がよく使う手なのですが、「やる気のある人の労働力を巧みに使う戦法」と私は読んでいます。

こういう人はあまり疑問を持たずに仕事をやり続けます。しかもいくら低賃金でも仕事をやってしまうので、自分の労働力がうまくゴミ経営者に搾取されているというのに気づかないんですよね。

その傾向は保育園では特に高いです。そのため保育園ではサービス残業がまかり通ったり、持ち帰り仕事が普通だったりするんですよね。

ハッキリ言います、「全然普通じゃありません。その労働環境おかしいです。キチガイですよそれじゃあ」と言いたいくらいです。

まず、気づいてください。自分の勤めている保育園の労働環境が異常でブラック保育園だということに。

もちろん保育園の仕事はユルい仕事ではありませんが、普通に残業が付いたり、持ち帰り仕事が無い保育園もあります。

というかそれの方が普通なんですね。そのあたりはうまく洗脳されているだけなんです。

「子供が好き」なのに労働環境の悪さのせいで子供が嫌いになりかけていたら環境を変えるべきです

もし、あなたが「子供が好き」という理由で保育士になったのに、仕事がきつすぎて「子供が好きという感情が今はほとんどない」

みたいな状態だったら、すぐにでも労働環境を変えるべきです。そのまま勤めていても、精神的に病んでしまう可能性がかなり高いからです。

精神的にきつくなってくると、仕事の意欲も低下してきて自分の生活も厳しくなってきますし、子供に対しても丁寧な対応が出来くなってきて自己嫌悪になりがちです。いわゆる負のスパイラルになってきてしまいます。

最後は「どうしてこうなっちゃったの?」と思うようになり結局は保育園をやめてしまうケースが後を絶ちません。

そうなる前の傷が浅いうちに、今の労働環境から脱却する行動をするべきなのです。

「でも環境を変えるといってもどうすればいいかわからない」という場合は保育士の転職支援サービスを利用して転園するのがおススメです。

環境を変えるには効率的な転園の活動が必須になってきます

ゴミ経営者がブラック保育園の経営状態を良くすることはあり得ません。国からの直接の指導などがぎり変わらないでしょう。

私が勤めている業界でもそういうことは一度も見たことがありません。国はコチラが訴えてりしない限り動かないですからね。

そのため、労働環境があまりにひどいことに「これはおかしな・・・」と気づいてしまったら「保育園の転園」する行動が大事になってきます。

転園の活動を一人でするとなると、求人情報を集めたり面接の対策をしたりと、それを仕事をしながらするのはとてもむつかしいです。

保育士の転職支援サービスを利用するることで、まったくわからない状態から転園できるまでをサポートしてもらえるので、キチンとしたサービスを利用して効率的な転職活動をするのがポイントになってきます。

ただ、保育士の仕事をしながら一人で他の保育園の求人情報を集めたたり、履歴書を書いたり面接対策をするのはかなり大変です。

転職支援サービスを利用するメリットは、求人誌に載ってない保育園の求人案件をたくさん紹介してもらえるということです。

いわゆる「非公開求人」です。こういう非公開求人は転職支援サービスがしっかりと保育園をチェックしてるので、ブラックな労働環境の求人はほとんどありません。

登録から利用まではすべて無料になっています。これは求人を希望している保育園が転職支援サービスに報酬を支払っているためで、あなたは無料で利用することができるのです。

保育士専門の転職支援サービスは、丁寧なヒアリングをして、あなたの適性を見て求人を選び保育園の雰囲気などの情報も教えてくれるケースもあります。

そういう普通の求人誌では得ることのできない情報などもあり、一人で転職活動をするより格段のメリットを受けることができるのです。

そのため、保育士の求人情報を自分の力だけで探すより、効率よく時間を使って転職活動を進めることができます。

保育士は求人の量は安定しているので、あなたに合った保育園の求人を転職支援サービスを利用することで、かなり早く見つけやすくなります。転職支援サービスを使用して効率の良い転職活動を行いましょう。

優良な保育士の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.保育ひろば

2.「保育士バンク」

3.「ジョブメドレー」

 

 

「保育ひろば」は特に厳選された保育士求人があることで定評がある転職支援サービスです。

アドバイザーが的確なアドバイスで、転職の面接指導などをやってくれますし、面接の段取りなどと保育園とうまく交渉してくれます。

特にアドバイザーの対応が良いという口コミの多い転職支援サービスで、保育士の転職には欠かせない支援サービスと言われています

登録は公式ページで必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

保育ひろばの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「保育ひろば」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「保育士バンク」や「ジョブメドレー」を選択しましょう。

「保育士バンク」も「ジョブメドレー」も大手支援サイトであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、アドバイザーとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「保育士バンク」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ジョブメドレー」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!