万が一にでもブラック企業に入ってしまったと感じたら即日辞めるくらいのマインドを持つ

頭が痛いサラリーマン

ブラック企業に入らない、ブラック企業に捕まらない対策をこうやって書いているわけですけどブラック企業に引っかかってしまう可能性は「ゼロ」にはならないんですよね。

そう、イイと思って入った会社がブラック企業だったということもあり得ます。

また、会社全体としてはブラック企業ではなくても、その会社のあなたの入った部署だけが、超絶ブラックで激務な部署だったり、激務でなくても、人間関係が最悪、超パラハラ上司がいる、先輩からいじめられるといった、実質ブラック企業と同じくらいきつい目に合う場合もあります。

どんなにブラック企業に捕まらないように対策をしても、可能性をゼロにすることはできませんし、会社自体がブラック企業でなくても、たまたま入った部署だけがブラックな職場だったり、パワハラ上司がいたりすれば結局ブラック企業にはいったことと一緒なんですよね。

そういう場合はどうするか?ですけど、結論は一つです。

「一日でも早くその会社を退職する」

ことですね。ちなみに私なら、2~3日くらい様子を見て、ブラック企業確定の判断をしたら、会社に行きません。そのまま辞表を提出して会社を辞めます。

そう、ブラック企業はすぐに辞めてもいですよ。どっちにしてもブラック企業なんて長期間(3年以上とか)勤められるわけが無いですし、

実際そんなに勤めたら、心か体を壊してどのみち退職することになります。

だったら、最初から辞めてしまったほうがあ棚のためになりますからね。

ここで、「会社に迷惑がかかる」とか「非常識だからすぐにはやめられない」とかいったマインドを持つ必要はありませんよ。

だって、どのみちサービス残業とかの違法行為をする会社でしょうし、理不尽な働かせ方をする会社なのですから、そういう会社に「迷惑がかかる」とか「常識」的なことを気にかける必要なんてないんじゃないですか?

ブラック企業に入ってしまったら、まず、1日でも早く辞めるというマインドと行動が鉄則です

見上げるサラリーマン

念を押しますけど、会社をすぐに辞めてしまうって悪いことでも何でもないですよ。

外人とかそういうところはハッキリしているので、一日でも辞めてしまう人とか普通に多いです

日本人は「我慢してずっと長く務めたりするのがかっこいい」みたいに子供のころから教育で刷り込まれていますからね。

マジメで仕事をやる人ほど、そうやってついついブラック企業とわかってながら、ダラダラと辞めずに勤めてしまいがちです。

それがブラック企業にとっては「最高の奴隷」なわけですね。だって、まじめで仕事もできて、会社も我慢して辞めないで仕事してくれる・・・・最高の奴隷じゃないですか(^O^)/

こうやってブラック企業の奴隷が誕生していくわけです。そう、ちょっと辞めるのを躊躇するとこうなってしまいます。

これ、私の実体験ですから間違いないですよ。ダラダラ勤めると結局、そのうち過労で体を壊しますし、下手すると、うつ病になって結局退職することになります。

お気づきの通り、あなたが体を壊しても、うつ病になってもまったく会社はケアしてくれません。というかそうなると

「もうこいつは使えない奴隷だな、辞めてもらおう」ということになります。そう、「奴隷は使い捨て」なけです。

ここまでわかっていても、ブラック企業に長く勤めたいですか?私なら1日でもは無く辞めますけどね。

そう、こういった理由で

「ブラック企業は1日でも早く辞めるマインド」

というのが大事です。このマインドを徹底しないと、結局奴隷として使われるだけ使われて捨てられるというオチが待ってますよ。

ブラック企業にいても1ミリもイイことが無いからです 精神的のも肉体的にも時間的にも人生で損しかないからです

そう、改めて言いますけど、ブラック企業に勤めていても、1ミリも人生でいいことがありません。

ブラック企業に勤めていると、結局最終的にはボロボロになって退職するわけじゃないですか。ブラック企業で10年以上

継続して勤めた人を私は現実で見たことがありません。知人とか友人で結局、ダメになって辞めていきましたね。

その止めるときには、精神的にも肉体的にもボロボロでしかも、仕事が忙しいだけでたいしてスキルもついていないという時間も無駄にしたような状態でした。だから結局そうなるんですから、早めに辞めるべきなんですよ。

でもまあ、初めてブラック企業につかまってしまった人だと、辞めるのっていうのは中所がどうしても出てしまいます。

そういう時は、こういった「ブラック企業にいても1ミリもイイことが無い」「肉体的・精神的・時間的に人生で大損害をこうむる」ということを思い出してください。そこを思い出せば、1日でも早くブラック企業を辞めるということに躊躇は無くなってくると思います。

今ではブラック企業も多いですから短期で辞めても、それほど職歴は汚れません。ダラダラ長く勤めてると取り返しのつかないことになりますよ

「でも、仕事ってすぐに辞めると職歴が汚れたりするんじゃ・・・」

とか思う人もいるでしょう。でも今時はブラック企業というのは世間的に知られていますから、短期間で辞めてもそれほどマイナスにはなりません。

それ以上に、ブラック企業にいて、年齢だけ重ねてしまうほうがよっぽどマイナスです。転職は年齢が若い方が有利ですし先ほども言いましたけど、ブラック企業はたいてい仕事がきついわりにはスキルが身につかない業種も多いですしね。

広告代理店とかならまだいいのですが、飲食などの業界だとあまりスキルはつきませんしね。

そんな状態でブラック企業に長く務めると、いざもう我慢できなくて転職したいというときに30代40代になってしまって転職が難しくなっている・・・・と言うケースが多々あります。

そうなると、一生ブラック企業勤めか、体を壊して退職してそのあと、また就職先がブラック企業しか残っていない・・・・

そうなりかねません。というかそうなっている知人とか普通いいますしね。そういう知人て死にそうですよ。アラフォーなのに白髪がいっぱいだったり、なんというかもう生きるしかばねみたいになっています。それを見ると絶対にブラック企業に

ダラダラと勤めているのは「超危険な行為」ということがわかります。

まず、ブラック企業に入ってしまったら、1日でも早く辞める・・・というマインドを持ってください。そうしないと本当に人生で後悔をすることになりますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!