面接を受けた会社もしくは受けようとしている会社に行って職場の雰囲気を見ておく

考える男性

ブラック企業を避けるためには実際に自分の眼で、入ろうと思っている会社を見ておくのが大事です。

「面接受けるときにその会社に行くから大丈夫」

みたいなことだと痛い目を見ることもあります。もし、可能であれば、その入ろうとしている会社の実際にの現場というか職場の雰囲気を見ておきたいところですね。

実際に職場を見れば、その雰囲気でブラック企業かどうかを判断することができますしね。

これは「ブラック企業を避ける」ためには地味ですけどかなり効果的です できるなら職場を見ておいたほうがイイ

この、職場を実際に見ておくというのは、地味ですけど、ブラック企業に引っかからないためにもかなり大事です。

例えば飲食店なんかでも、全国チェーンで一部上場企業とかあるじゃないですか、それでも自分が幾分にはイイですけど、行ってみて働いている人を見ると

「いや、この職場じゃあは働きたくないな・・・メチャメチャ大変そうだもんな・・・・」

っていう飲食店とかありますよね。実際、飲食業はブラック企業が多いですしね。

飲食業とかのサービス業じゃなくても、実際に職場で働いている人の雰囲気、表情、仕事の様子を見ればそれがブラック企業か判断やすいですしね。

★職場で罵声が出る

★従業員の表情が死んでいる

★あきらかに人が足りないような感じで仕事を忙しくやっている

★授業インに笑顔が無い・もしくはお客さんに対する笑顔が引きつっている

★上司が妙にテンションが高い

★職場に変な張り紙がしてある「一歩前に」「気力で前に進め」「やる気があれば何でもできる」

(なんかアントニオ猪木みたいですけど、これは実際に私の地銀時代にに職場に貼ってあった張り紙です。ホント根性論満載で怖いですよね。)

他にもいくらでもありますけど、なんか「違和感」を感じることが合ったら、だいたいその「違和感」は当たっています。

人間で防衛本能って強いので、「なんかこの会社おかしくないか?」というのは敏感に感じ取ることができます。

追記・面接でもわかりますけど、ブラック企業の面接の特徴

面接を受けると、こういったブラック企業にありがちな「違和感」を面接でも感じることができます。

ブラック企業って面接を受けた時点でも、なんとなくわかりますよね。ブラック企業でアリがちな面接の特徴です。

★業務内容の質問に具体的に答えない、または答えられない

★面接官の態度がでかい、圧迫面接をする

★面接官のやる気が全くない

★面接の質問でプライベートなことを聞いてくる

★面接官に清潔感が無い

そもそも、面接をする人って、その会社の中でも割とエリートな部類の人なはずです。人事課とかですからね。

いわば会社の顔みたいな人種ですよ。そういった人が態度がでかかったり、やる気が無かったり、服装とかが清潔感が無かったりとそんな感じだったら、会社もブラックな確率がかなり高いです。

とまあ、こういった情報は2chでもさんざん言われていますし、いまさら感もありますけどおぼ言えておいて損はありません。

面接のときには面接官とかは自分の会社のイイところしか言わないですしね 実際に会社を見ると雰囲気がわかりますし

面接の時って、面接官も自分の会社がブラック企業だよとは言いませんし、仕事がきついとは言いませんしね。

自分の会社のいい部分しか言わないわけです。面接である程度はその会社がブラック企業かどうかもわかりますが、やっぱり実際に会社を見るのとは全然、判断材料と情報量が違いますしね。

先ほど言いましたが、飲食業とかサービス業(店舗があるような会社)はそこの客として一度行って見れば、従業員がどういう仕事をしているかはすぐにわかります。

ちなみに私は飲食業とかに行って、この会社に入りたいなあ・・・・と思ったことは一度もありません。接客が嫌いですしね。ストレスがたまる割に低賃金なので仕事としてやる意味が無いからです。

実際に店舗とかが無い会社とかは、面接に行ったときに、会社をぶらついてみるのもいいです。あんまり職場のオフィスの仲間では入りませんが、廊下からオフィス内の従業員の仕事っぷりをのぞいたりすることはできますしね。

授業員の顔とか、職場の雰囲気を見ればだいたい会社の雰囲気ってわかりますしね。

万が一にでも先ほどブラック企業の特徴で一番に書いた「職場で罵声が上がる」みたいな会社は絶対に避けたほうがイイです。

大人同士の会話とかで、罵声が出ることはまずありません。というか、普通に暮らしていても罵声浴びることなんてないでしょ?

家族同士でもめったに罵声浴びることないのに、そんなのが出るような職場はすでにブラック企業確定です。

できる範囲でいいので、面接を受ける会社、または入ろうと思っている会社の職場は視ておいたほうがイイです。

人生でそんなに転職って何回もしないですからね。それくらいの労力はかけておいて損はないと思います。

面接を受ける会社がサービス業ならその店舗に実際に行ってみるとか、面接のときにしか入れない会社だったら、実際働いている部署とかをなるべく見ておくのが大事 社員の表情とか職場の雰囲気でだいたいブラックかどうかわかりますよ

というわけで、面接を受ける会社、入ろうとしている会社はら、実際に店舗に行くなり、会社のオフィスを見るなりして職場の

実際に働いている環境を「可能な限り」見ておくのがベターです。

もちろん、場合によっては視れない職場もあると思いますけど、可能な限りでいいんで実際に従業員が働いている状況を見ておくのを強くおススメします。

こういった会社の雰囲気と働いている従業員の顔つきとか表情でさいたい、ブラック企業かどうか察しがつきますからね( ;´Д`)

こういった職場の雰囲気を見ておくのはとても大事なことだと思います。もう一度言いますけど、転職って人生でそんなに何回もあることじゃありません。これくらいの労力をかけてもイイと思いますよ。

実際、転職エージェントを使うとそういった会社の雰囲気まで教えてくれますし、自分の受ける会社は現場を見ておいても損はないです。

万が一にでもブラック企業に入ってしまったと感じたら即日辞めるくらいのマインドを持つ ・・・に続く

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!