ブラック企業で社畜を辞めたい人は「転職できない」と洗脳されてる件 普通に転職できるし人生巻き返せますよ

うつ病イメージ

ブラック企業で社畜やってます・・・みたいないことが言えるくらいならまだ余裕がありますね。

本当に精神的に参ってくるともうそういう冗談を言う気力もなくなってきます。いわゆる「社畜」っていうのは「自分から理不尽な仕事でも進んでやっていく人」「仕事しか生きがいが無い人」「人生で仕事しかやってない人」こんな意味でしょうか。

でも社畜でも二つのパターンあがります。

▲真の社畜で仕事をやることに全く疑問を持たない・同じレベルで同僚や部下にも社畜精神を植え付けようとする人
▲仕事はやっているが本当にイヤイヤやらされていて、いつも社畜を脱出していと仕事を「強制」されているタイプです。

前者は永遠に仕事をしていればいいです。仕事とともに死んでください。あとは周りに社畜精神を押し付けるのだけはやめてください。一生そのブラック企業と心中してください。といことでスルーすればいいです。

ただ、後者の仕事をイヤイヤ仕事を強制されている社畜はあるいみ「被害者」です。社畜になり切れない人ですよね。

というか「社畜」になりたい人っているんですかね?普通の神経の人ならいません。たまーに、社畜をしてる仕事だけやってる人種もいますけど、そいうい人はここでは議論しないようにしましょう。

社畜になるのを強要されていたらやっぱり辞めたいと思うのが普通です。自分の会社の環境がおかしいかどうかは最近ではネット上で情報が手に入るので、普通にわかります。

サービス残業ばかりとか、終電まで仕事してしかも給料も安い。離職率が高いというなら、あきらかにブラック企業です。

社畜精神を強要されているあなたは、もうそこから逃げたくてしょうがないですよね。

ただ、ブラック企業で社畜を辞めていと思ったら、辞めればいいんです。なんか「辞めるのが」いけないことだとおもっているおがかなり危ないです。

「辞めると迷惑がかかる」とか「やめらた路頭に迷う」とか思いますけど、ブラックで社畜やってるほうが家族に迷惑かける可能性や、

身体を壊して仕事自体ができなくなるリスクが極限まで高いです。これって転職のリスクより全然高いですよ。

使われるだけ使われて体壊してポイの社畜になりたいならそれもいいでしょう。でもあまりそれはお勧めできません。

ここでは社畜を脱出するためのマインドと行動方法をご紹介します。

転職でリスクがあるっていう情報操作にまどわされないように ブラック社畜で体を壊すリスクのほうがよっぽど怖いですよ

悩む牛

社畜を脱出するには、転職が必要ですよね。単純にブラック企業からホワイト企業へ移るという行動が必要です。

日本というか社会はやっぱりそういう「転職はリスクが高い」といってなるべく人材をブラック企業にとどめようとしていますね。

なぜなら、ブラック企業があるから日本の経済は回っているようなものです。そういう過剰な労働をやることで、こういった資源のない日本という国の経済が保たれているわけです。低賃金で壊れるまで働かすことで、上の人間が潤うという図式になっています。

あなたの労働力が裕福な人にスライドしていくわけです。こういったカラクリに気づいているかどうかでかなり「転職」へのハードルが下がります。

どっちにしろその社畜をやめたいなら、行動は早ければ早い方がいいです。なぜならホワイトな環境ってけっこうあります。

あなたの周りでも、仕事がきつくてもがいている人と、楽しそうにプライベートを楽しんでいる人っているでしょ?

この違いは労働環境が良いか劣悪かによって左右されます。一度自分の環境をちょっと冷静に考えてみましょう。

自分が社畜でもう辞めたいと毎日思っているなら、普通にそこから脱出することを行動しないと手遅れになります。

例えば20代で行動を起こすのと40代で行動を起こすのではあきらかに20代での転職行動のほうが楽です。

ちょっと躊躇しているとすぐに3年とか5年たってしまいます。

「我慢しないやつは人間としてダメだ」「3年は我慢しよう」とかっていうのは経営者側が作った言葉ですからね。そいう言葉で巧みに洗脳されているとついつい行動できなくなってしまいます。

それでも社畜でい続けたいならそのままでもいいでしょう。ただ、私は絶対にイヤですけどね。

普通にブラックじゃない会社もあります 仕事は人生でずっとやっていくもの 転職の行動をしないのはナンセンス

いつやるの?今でしょ

当たり前ですすけど普通にブラックじゃない会社もあります。ホワイト企業とは言えないですけど、いわゆる普通に忙しいくらいの会社だったら、かなりの数になります。

要は、ブラック以外の会社に行けばいいだけで、多少忙しいくらいの会社だったら転職成功ということです。

そう考えると、転職ってそれほどリスクの高いものではありません。もちろんリスクゼロではないですけど、

もう一度言いますけど、社畜のままで、精神的につぶれて「うつ病」になってしまうよりはリスク低いです。

そこを考えていない人が多すぎます。人間の精神力ってそこまで強くないですよ。特に社畜で毎日ストレスが溜まっていると簡単に身体が不調を訴えてきます。

そうなる前に転職を検討してい見るのがベターです。ただ、転職本んを読んだり自分ひとりで求人を集めたり、面接対策をするのはかなり大変です。

ガチな話、世の中にはブラック企業も多いですが、ホワイト企業から、ホワイトまでは行かないまでも仕事が「普通に」できる会社は「いくらでも」あります。そういくらでもあるんですよね。

私は派遣担当のエージェントをやってたことがありますけど、派遣先ですら仕事がキツイところ、全然楽なところがあります。正社員でもそれは全く一緒です。

だって給料一緒ならブラックじゃないほうがイイにきまったるじゃないですか。我慢するところが違っています。我慢するのは

「自分にとっていい仕事ができないからもっと我慢して努力してみよう」とか

そういうレベルでの我慢をしてください。仕事自体が、きついだけで内容のないブラック企業なんかにいる意味は一ミリもありませんからね。

ただ、自分が実際に労働環境を変えると言っても、自分が本当はどういった仕事に適性があるのは、自分自身でもわかりにくいですし、そういう疑問があるなら転職エージェントを利用してアドバイスを受けるのがおススメです。

転職エージェントを利用して効率的な転職を目指そう

上り調子イメージ

転職エージェントは転職のプロのエージェントがあなたと面談をして、希望の求人をピックアップしてくれます。

求人はエージェントが企業を審査しているのでブラック企業はありません。せっかく転職してもまた社畜になったら意味がないですからね。

転職エージェントというと馴染みのない感じですが、「アドバイザーがいて、求人しっかり審査している」転職支援サービスというのが「転職エージェント」のイメージです。

求人を審査しているのでハローワークなどと違い求人にブラック企業はほとんどありません。

まず、転職といってもどうすればいいかわかなない場合も、転職のプロである「エージェンント」があなたと面談をしてアドバイスをしてくれるんですよね。

転職をすること自体が不安なら一度エージェントに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

そうすることにより、あなたに合った転職の方法もわかりますし、何より世の中にはブラック企業以外の「しっかりした従業員にやさしい会社」というのがいくらでもあるというのがわかります。視野が広がるんですね。

転職エージェントの利用は登録から利用まで無料になっているので、使うことでお金がかかることはありません。

安心して転職活動を行う効率のイイ方法をとして転職エージェントの利用がおすすめな理由になってきます。

転職エージェントの求人を見ると世の中にないい会社がたくさんあると気づくことができます。その点だけでも大きなメリットになってきますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!