銀行員の女性はブラック職場で辞めたいよね ノルマや接客のない仕事に転職しましょう

銀行の女性っていいですよね。窓口の女性は美人が多いですし、いつも笑顔で対応してくれます。

制服もかわいいですし、たまに銀行にいくと女性に目が行ってしまいます。

ただ、一見華やかに見える銀行の女性行員ですけど、仕事内容はかなりブラックです。

窓口ではお客さん対応から、事務処理、クレーム対処がありしかも営業ノルマも課せられるという神経が磨り減る仕事です。

そのため、銀行は女性の寿退社がとても多いです。パターンとしては男性行員と社内恋愛してそのまま寿退社みたいな女性がほとんどです。

仕事は男性よりも遅くなりませんが、月末月初や税金の締めの時期や給与振り込みが多い時期などは残業でかなり遅くなります。

一番きついのは年末年始、9月3月の決算時期です。このときはかなりの労働時間になります。

そのぶん、普通の女性よりは若干給料は高めなので、まだその辺は救いがあります。

ただ、ストレスはハンパないはずです。なので「銀行を辞めたい」「結婚して早く辞めたい」という女性がほとんどです。

「銀行を辞めて転職したいけど銀行員てつぶしがきかないしなあ」

と思われがちですけど、そうではありません。普通に計画的に転職活動をすれば高確率でいい企業に転職できます。

それは、銀行は企業側からハードワークであることが知られているので、企業側からもそういう仕事に耐えてきた女性は欲しがります。職歴としてはかなり好印象なのが銀行員だった女性の武器です。

外資系企業や、製造業などの事務職にはかなり受けがいいです。もちろん実務経験があるに越したことはありませんが、実際転職して事務系の仕事をしている女性をよく見かけます。

ここでは、銀行の女性行員の実態と転職方法についてご紹介します。

銀行はかたいイメージでも仕事内容はかなりブラック

銀行のイメージは「堅い」「エリートがいる」「細かい」なんてところですね。実際このイメージは当たっていてやっている仕事内容はかなり細かいです。ただ、仕事内容が細かいだけならそれほどでもないのですが、

一番やっかいなのは「上司とのやり取りのむつかしさ」「顧客対応」「スキルが身につかない」この3つです。

銀行は保守的で今でも「仕事は男中心」という考えが根強いんですね。そういった考えで純粋培養された男性が上司になるわけです。上司も固定観念で固まった、いわゆる昔の考えを持った上司が多いです。これが「上司とのやり取りのむつかしさ」の原因を作っています。

そういった上司にとって窓口業務や融資・為替・預金業務の女性は「兵隊か事務員」そのものなんですね。

なので、女性を軽視した発言や扱いがぞんざいになっているの否めません。自分の力を認めてほしい女性にとっては居心地は最悪なのです。いまだに銀行の女性は寿退社でさっさと辞めてほしいと思っている男性上司も多いんですよね。まさに昭和の感覚です。

また、「顧客対応」はお客さんはお金が絡むことなので、クレームも当然多いです。特に地方銀行などは客層もあまりよくないケースが多く、罵声をあげるような客も平気でいます。女性を女性と思わない客も普通にいますしね。

そういった客にも笑顔で対応する仕事はかなりハードでストレスがたまります。ストレスで辞めていった女性行員も何人も見ました。そのため女性にとっては長く続ける仕事という感覚は無いようです。それだけ仕事内容がハードすぎます。

「スキルが身につかない」というのはちょっとニュアンスが違いますけど、銀行の業務は通常の社会からはかなりマニアックで銀行の中でしか使えません。内容がハードの割にはシステムの内容が複雑なのでそれを覚えたりすることが多く、ほかの会社では使えない内容が多いんですね。

そのため他の業種への転職が不利になる面もあります。仕事につぶしが効かないのでやりがいを持っている女性もあまり多くありません。

こう見てみると銀行の女性行員の仕事は結構なレベルでブラックです。私が行員時代は「よくやるなあ」と思ってみていました。自分もきつかったですけどね笑。

はっきり言って、男性の仕事と女性の仕事のきつさにあまり差がありません。ただ、男性は出世がからんでいるので、上司へのゴマすりという仕事が追加されます。これはどの会社にもあることでしょうけどね。

こういった仕事内容のハードさから女性行員が辞めたくなるのは、無理のないことなのかもしれません。

精神的に追い詰められている女性銀行員も多いです。銀行って支店によっては女性に対しも容赦なく罵倒されるケースも多くて、銀行員ってのの辛さを目の当たりにすることになります。女性男性そうですけど、銀行員になるならそれなりの覚悟をしておきましょう。

転職には仕事のハードさとネームバリューが武器になる

銀行の女性行員が「銀行を辞めて転職したい、でもスキルもないし無理なのかな?」と思うでしょう。

でも実際ほそんなことも無いんです。

これは企業側に思惑ですけど、「銀行経験者は数字に強い」というイメージが定着しています。

本当のところは数字に強くなくても銀行員はできるんですけどね。どちらかというと男性などは営業力のほうが優れているほうが有利です。

銀行以外の企業側はいい意味で「数字に強い」と思っているので、銀行員のイメージはいいです。

実際、銀行員の事務作業のレベルはかなり高いです。正直、市役所で事務作業をしている人の数倍あると言ってもいいくらいです。

その理由は、為替などの時間制限があって、絶対にそれまでに間に合わせてやらなければならない事務量がハンパない量だからですね。いやでも事務処理能力はとんでもなく向上します。

そういうわけで、銀行の女性行員が転職するのは都会なら外資系企業の事務職、地方なら有力な製造業の事務職あたりがおススメです。

外資系企業の事務職なら顧客に直接クレームを言われることもありませんし、給料もいきなり跳ね上がる可能性があります。

特に都銀や有力銀行に勤めていたならそれだけで転職先としては有力になるので外せない選択です。

地方の場合は製造業の事務職が有力です。これはなんといっても「仕事がゆるい」からです。その割に男性と同じくらいの給料をもらえるケースがあります。これも直接顧客にクレームを言われることはほとんどありませんし、銀行の事務量を経験してことがある人にとってななんなくこなせる内容になっています。

ただ、人によっては事務職以外の職種・・・・営業や総合職でバリバリやっていきたいという女性もいるでしょう。また人事や総務といった内容の濃い職種につきたい人もいるでしょう。

そういった場合は計画的に転職を行うことが必須になってきます。これを自分ひとりでやるのは困難で効率が悪いので「転職エージェント」を利用することで解決できます。転職エージェントは転職のアドバイスやあなたに合った求人を選んでくれるサービスです。

寿退社をあてにするのはやめたほうがいい 不確定要素が高すぎますしね

社内恋愛

銀行では「寿退社」が本当に多いです。それだけ女性が「結婚したら仕事を辞めたい」と思っているのですね。

ただ、近年では状況も変わってきました。男性の給料が上がっていかないですし、共働きでないとやっていけないでしょう。

「給料のいい男性を捕まえればいいじゃん」と思っているとそれは、不確定な要素に期待をかけていることになります。

はっきり言って「収入が良くていい男を捕まえる」ことは「転職する」ことより10倍くらいむつかしいでしょう。

それだけ恋愛は不確定要素も大きいですし、運の要素も強いです。そうとう自分に女としての自信がある人以外は寿退社を最初から目指す行動は避けたほうが無難です。

結果的に寿退社になることはイイと思います。実際そういう人もいますしね。

ただ、銀行に入行して仕事が嫌になったから寿退社で逃げたい・・・・といった考えは今の時代では破綻しがちです。

時代が変わってしまったんですね。男性のほうも女性に働いてほしいのは当たり前の時代になってしまったんです。

寿退社をめざすなら「転職」を目指してみませんか?

銀行を辞めたいと思ったらさっさと辞めてしまいましょう だってノルマきついし接客きついしいいこと何もないですしね。

ブラック企業イメージ

銀行を辞めたいと思ったら、さっさと辞めてしまって転職活動をしたほうが人生にとってプラスになります。

これは経験側なのですが、特に独身で女性なら「辞めたい」と思ったら辞めて行動したほうが効率がいい人生を遅れます。

銀行にいて数年以上やっていて計画的に転職活動をすれば、受けた企業全滅ということはまずありえませんし、いつまでも嫌な仕事をやっているうちにどんどん年齢を重ねてしまいます。

転職活動は一度始めてしまうと意外ネガティブに考えていたときよりうまくいきます。銀行員はそれだけ良いイメージが強いので、企業受けはかなりいいためです。

転職する際にはキチンと貯金をしておいてしばらく生活できるくらいのたくわえをしておいたほうがいいでしょう。

この辺りは普段お客さんに預金を勧めている人にとっては楽勝ですよね?準備ができたら実際の転職に向けて行動を起こしていきましょう。

銀行の女性職員は窓口業務を経験していればトーク力もかなり優れています。そのため転職活動での面接などでも、やってみると楽勝なケースが多いです。銀行職員の女性はかなりのトークスキルを自然と仕事で学んでいるんですよね。

「そうはいっても転職ってどうやっていいかわからない」

という場合は転職エージェントを利用して効率的に転職活動を行いましょう。

女性銀行員のからの転職が不安だという場合には、質のイイ求人を見てみるのがベターです

可愛い娘
銀行員の女性がいきなり一人で転職活動をするのは、効率がわるいですし何より情報を集めるのが大変すぎます。

実際に転職となると不安になることも多いです。銀行員から転職してまともな求人があるのかどうかという不安は大きいですからね。

実際にハローワークや求人誌ではブラック企業が多いです。これは求人の質を審査していないからですね。

転職エージェントでは厳しい基準で求人を審査しているので、求人の質は高いです。優良な求人を紹介してもらえば、アドバイスを受けつつ履歴書対策・求人対策をすれば内定をもらうのはそれほど難しくはありません。

一度、質のイイ求人を紹介してもらうだけでも転職への不安は少なくなってきます。視野が広がりますしね。

求人を見てから転職するかどうかを判断してもイイと思います。良い求人=良い転職と言ってもいいですからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

関連記事

信用金庫の仕事ってかなりブラックなんですよね。しかも女性でも窓口業務とかでノルマもあって神経をすり減らしてストレスのたまるブラック企業です。信金の女性は製造業の経理とか総務など、企業の経理系の仕事に転職しやすいです。なぜなら金融業界の女性は仕事歴を高く評価されるからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!