銀行の渉外がきついという事実の実体験 辞めて転職して今はストレスのない仕事でヒャッハーですよ(^O^)/

銀行渉外

私は地銀で渉外をやってました。この手の話を語らせたら結構なエピソードが出てきます( ;´Д`)

あなたも銀行の渉外ってきついと思うでしょ?私なんて普通にうつ病になって休職した後に転職しましたからね。

でも今となっては本当に転職してよかったと思えます。だって銀行の渉外って正直「きつい」の言葉でいくらでも表現できますからね・・・・・

夏は汗だくになってバイクや車(自転車は私は無かったですけど)個人先、法人先を回りまくる。冬は路面が凍結していてもバイクで出ていくこの恐怖。

こういったとにかく外に出て回ってナンボというのが銀行の渉外です。いやマジでスーツとかやめて、ツナギとか作業着で回りたかったですね。スーツ着てる意味ないような気がしてましたからね。

そう、銀行の渉外ってきついだけで、預金あつめてローンを組んでもらったり、クレジットカードとか投資信託を売ってるだけです。

やってることはシンプルですし、今考えると誰でもできるような気がします。

昔は、銀行員ていうと給料も高かったので、こういったハッキリ言っていキツイ渉外とかやっててもまだマシだったんですけど、バブルがはじけてからは年々給料も下がってきて今では、銀行員でも普通の会社の給料と変わりません。現実として、私が転職した製造業の給料のほうが少し良かったくらいですからね。

それでいて、仕事量は製造業のほうが 全然少ないですし、なによりノルマとかないですから肉体的精神的のも全然楽でした。おなじ「仕事」というくくりで、ここまでちがうのかと当時はホントに衝撃を受けたものですよ。

まず、最初に結論言っちゃいますけど、銀行の渉外なんてやっててもメリット1ミリもありませんよ。

きついだけで、たいして金融知識もつかないし、そもそも今時渉外か投信買ったりローン組んだりする人っていなくなってきますからね。だってネット証券とかネット銀行とかのほうが使いやすすいし、貸付金利も安いし住宅ローンとか組むひととかも激減してきますからね。それほどバカじゃないですよ人間て。

30年とかの住宅ローンとか組んだり車のローンを組んだりするのは情弱ってのがもうバレてきてますからね。そういうご時世に銀行渉外とかやっててノルマに追われてうつ病になったりする・・・しかも給料もたいして良くないんじゃあやる意味とか全くないです。やめたほうがいいです。

渉外ってノルマていやですよね

銀行渉外でノルマってのは永遠について回ります。というか銀行員をやってると辞めるまでノルマですからね。融資担当になっても支店長になってもずっとノルマに追われます。

しかも渉外だと、預金・貸金(法人への貸付・個人の住宅ローン・カーローン、カードローン)からクレジットカード、投資信託、なんかあやしい金融商品とかなんでも、ノルマです。何月までに1000万取ってこい、これを何件取ってこいとかノルマばっかりっです。

ノルマが行かなければ、上司から罵声受けるし、毎日ネチネチとノルマについて説教されます。いや、もうこの時点で寒いというか嫌なんですけどね。

毎朝意味のない朝礼とかやって、夕礼でネチネチとまた説教されて、どんどんテンションが落ちてきます。

銀行渉外って3年くらいやってると「俺って何やってんだ?」とか思うようになりますからね。それだけ単調はわりにはノルマだけがきつくて、別に高度な知識とか必要ないのに、数字が細かくて覚えることだけは多いというまったくスキルってものは身につかない仕事です。

ああ、そうだ、ストレスに対する耐性とうつ病になる方法だけは身に付きますね。もしうつ病になりたい場合には銀行渉外とかを「マジメに」やるといいですよ。

銀行渉外の人ならわかるとおもいますけど、ノルマ行くためにはホント回りまくって夜遅くまで事務作業してもノルマ行かないんですよね。

最近では、銀行で残って仕事できないから、家に持ち帰って仕事したり稟議書書いたりしてね。それだけやって、給料とかも別い良くないんだったらわざわざこういった仕事やる必要ないなんじゃないの?とか思います。

新卒で入った時には、なんとなく銀行っていうイメージだけっで入ってしまって失敗したと思ってるでしょ?大丈夫みんな「失敗した」と思ってますよ。

上司ってパワハラとかやてる奴でも家庭とか持ってるの?子供とかにこの姿見せることができるの?

銀行渉外のチームって上司のパワハラ上司率って70%以上ですね。なんかまともな上司のほうが少ないってのが悲しくなってきます。

まあ、ノルマとか行かないと罵声とか浴びせるじゃないですかヘタすると

「お前死ねよ」「辞めちまえ」

とかNGワードを平気で言いますからね。お母さんから「こういった言葉は使っちゃだめよ」とか教えてみラわなかったんですかね。

というか、こういう奴でも子供とかいるんですからね。こういう仕事っぷりを子供が見たらどう思うでしょうかねえ。と当時はよく思っていました。こんな奴でも家庭に帰ると「いいお父さん」を「演じて」るんですかね。でもまあ、人間て本性が出てしまもんですからね。

ここで思うのは、仕事に「人間性がイイ」「人格者じゃないといけない」って言うことは必要ないんですよ。最低な人間でも仕事はできますし、

会社の中なら生きていけますからね。まあ、プライベートとかでは友達もいないと思いますけどね。

そう、だから仕事で無理にこういった上司と付き合わなきゃいけない仕事なてする必要ないんですよ。特に銀行渉外なんて上司がキチガイですし、一番やばいのは

もしかしたら、自分も将来こういった「パワハラキチガイ上司」になってしまうかもしれないってことです。

それだけ「環境」って怖いですよ。あたながもしこういう「パワハラキチガイ上司」になってしまったら本当に残念です。

でも、そういう雰囲気がある「異常な環境」なのが銀行渉外の仕事なんですね。だんだんと人間性を破壊していくわけです。

そうやって人間としての大事なものを失って行くわけですね。給料が倍くらいもらえるならまだいいですけど、今では銀行員の給料は普通くらいですよ。

別い他の仕事でもいいわけです。あえて銀行渉外をやる理由ってのは1ミリもないわけですね。

接待飲み会 社内飲み会 なんかねえ・・・・・

銀行渉外だと取引先の社長とかの接待飲み会多かったですね( ;´Д`) まあ、幸い私は酒飲めたんでまだいいですけど、酒飲めない人は最悪ですからね。

地銀のブラック営業をやってると、中小企業の社長連中との接待営業もありました。接待の宴会ですよね。「俺の酒は飲めないのか」というキャラのおっさんばかりで悲惨な地獄絵図です。酒弱いと営業とか辞めたほうがイイですよ。絶対後悔します。だって宴会ばっかりあるんですからね、営業の仕事って。

こんな現代においても「俺の酒が飲め無いのか」的なことがいまだにあるのが本当に驚きですよ。

ちなみに転職した製造業とかでは接待とか一切ありません。いやマジで最高だぜ。まあ渉外だから営業するのは当たり前ですし、それで取引先を接待するのはまだわかります。

ただ、社内の飲み会とかって銀行は多いですよ。そして飲み会に行ってもずっと仕事の話で、上司の武勇伝か説教の2パターンのみです。このパターンしかないのに毎回毎回飲み会あるんですよね。

何回言っても上司の武勇伝と説教・・・いや、家に帰ってやることが無いのか?とおもいます。というか結局本当に「家に帰ってやることが無い」んですよね。

銀行員の時代って仕事がきつくて特に渉外に出てから、プライベートで趣味を持つとかってなかなかきついです。平日は遅いですし、休みも疲れがたまっていて

ずっと寝ているほうがいい・・・・と言うケースがほとんど。だから、趣味とか持てないですよ。しかも家庭とかあったら、家庭のこともあるし自分の時間なんてほとんどありません。

だから、視野が狭くなって「仕事しか無い人生」になるんですね。そうすると、こうやって部下を強引に誘って飲みに行って自分の過去の武勇伝とか部下に飲みながら説教することで自分の心をごまかいしているんですね。悲しい・・・悲しすぎる・・・

渉外なんてやっててもこういう風になっていくんですよね。上司の同じ武勇伝を12回くらい聞くことになります。何回も同じ話をするんですよね。老人と一緒なんです。あまり頭の回転が良くないんですよね。だからこういう風に思考停止になってくるわけです。

そう、こうなったら正直、世間的いには銀行員とかでいいかもしれませんけど、人生の充実度で言ったら「終わり」です。このまま思考停止のまま視野が狭い状態で死んでいくんですよ。いや、本当に悲しい・・・・・

銀行ってプライドが高い人が多いんですけど 結局、渉外の仕事って「ドサ周り」なので、根性さえあればだれでもできまからね、ただきついだけで理想と毛実のギャップに苦しむわけです

銀行に入ってくる人って、プライド高い人多いですよ。まあいわゆるそこそこの大学を出て、都銀なんて東大とか早慶が多いですし、地銀でも普通に早慶レベルとかザラですしね。

だから、「俺はエリート」「これからの金融をしょって立つんだ」みたいな大儀をもって銀行に入ってくる輩が多いです。同期でもそういうキャラって何人かいましたね。多少浮いてましたけど( ;´Д`) ただ悪いことじゃあないと思うんですよね。なんでもやる気のあることはイイことだと思いますから。

ただ、銀行の渉外とかやると、そんなエリート意識とか金融をしょって立つ?何それ美味しいの?的なことになります。だって、ノルマの追われるただのドサ周りマシーンになるんですからね。1ミリも金融をしょって立つみたいなことになならないですからね。

そもそも銀行の体質が、上司の言うことには絶対に服従、ましてや支店長の言うことが真っ黒だったとしても白って言わないと、その時点でどっかに左遷させられたりします。

渉外に出るとさらに、お客さんとかにもわけのわからない理不尽なクレームばかり言われたりします。はっきり言って神経が鈍感な人間じゃあないとやっていけないですね。

マジメで、自意識が高くて性格が繊細なこういったエリート意識の高い人間は、たいてい精神が病んできます。まあ、私もうつ病になって銀行を休職したんで人のことは言えないですけど、マジメでエリート意識が高い人間ほど、生涯には向いてないですね。たいていまじめな人間は出世できないか辞めていきます。

極端なことを言うと銀行ってところは、当然ですけど人を落としいてれても自分の手柄にしたり、自分の責任とかミスを他人になすりつけたりすることが上手な人間が生き残ります。人間性が低く成ればなるほど出世しやすいのも事実ですね。

事実、支店長とか部長とかいう人種と若いころ関わってきましたが、尊敬できるとかいう人はいないですし、一緒に飲みに行くのも嫌だ・・・・と言う人がほとんどでしたしね。

銀行の渉外をやってる時点で、正直、人間的な魅力は下がっていくんでよね。人間ノルマとかに追われて、そういう人間的魅力のない人間がほとんどの環境にいると自分もだんだんとはたんしてきます。しかもうつ病とかになる確率も高いので、人生のメリットとか人生の充実を考えるとまったくもってプラスの面がありません。

私は銀行の渉外がきつくて嫌で転職しましたけど、あなたはどうします?ずっと渉外をやっていくのも楽しいですかね?

私はこの渉外ってのが嫌で嫌でしょうがなかったです。大学生の自分に「絶対に銀行だけには入るな」と説教したいくらいですよ。それだけ世間知らずだったんですね。

しかも、銀行に内定もらったら「イイところ就職したね」とか周りが言うもんだから完全に思考停止してましたね。銀行で渉外をやっていて楽しかった思い出は一度もありません。あったとしても、負の思い出が多すぎて忘れてしまっているのかもしれません。

あたなはどうします?ずっと銀行で渉外やっていきますか?私は転勤して渉外辞めたので、今では銀行渉外時代とは比べ物にならないほどストレスのない生活をしています。

転職活動って難しいとか煽る情報がありますけど、簡単ではないですけど、やればまあ普通に内定は取れます。行動するかしないかで大きく違いますしね。

転職ってまずは優良な求人が無いと話になりません。自分が見ている求人がブラック企業ばっかりだったらその中から仕事を選ぶのも無意味になってしまいますからね。

ちなみにハローワークとかちまたに出ていいる求人誌って、ブラック企業ばかりが掲載されています。これってハロワとかは掲載企業を審査していないからなんですね。だからブラック企業ばっかりが珪砂入れているんですよね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動に的確にアドバイスをしてくれます。

たしかに転職ってやる前は不安ですし、私もかなり不安でしたからね。

しかし、転職は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらいつつ履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定って取れるもんなんですよ。

不安な場合は一度優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイと思いますそうすれば、実際にイイ求人がるという確認になるので自分がやってみたい仕事も選んでいけると思いますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!