ブラックな職場の自動車整備士が待遇のいい転職をする方法 高待遇の整備士を狙うか異業種製造業がおススメ

整備士の男

昔は自動車整備士って「よろしくメカドック」なんかでかなりあこがれた職業でした。

私はメカドック世代なので、自動車の整備ができる人はけっこうガチで尊敬できます。自分ができないことができるってのはホントうらやましいです。車を整備できるってかなりの技術ですしもっといい給料をもらってもいいんじゃないの?と個人的には思うんですよね。

ただ、最近では若者の車離れが進んで、整備士になる人もかなり減ってきました。そのため、慢性的に整備士が足りないわけです。

こういう状況を考えると

「あれ?整備士が足りないなら働く場所なんていくらでもありそうだよね?」

と思いますよね。そう「働く場所」はあるんですよね。

ディーラーの整備士だったり、メーカー整備士だったりと働く場所はあります。いっぱいオートバックスとかイエローハットとかありますしね。私の知人もホンダのディーラーで整備士やっています。でもこれがかなりきつい仕事なんですよね。

ただ、労働環境が整備士ってよくないんですよ。かなりハードに仕事を詰め込まれて、しかもディーラーとかカーショップなんかの整備士は、整備だけじゃなくて、そのディーラーとかカーショップの商品のセールスまでやらされてノルマとかあります。

子のノルマってのがけっこうきつくて、整備だけやってればいいって職場じゃないです。なので自分の自動車整備の技術を生かしきれない職場なですよね。かわいそうです。

それでいて、給料は安いです。正直年収で30代中盤で400万位の知人がいます。某大手ディーラーの整備士です。

仕事は技術も必要で、しかも忙しのに待遇が悪い・・・今時の介護業界みたいな感じです。

これじゃあ整備士になってもメリットないやと思い、さらに整備士になる若者も減っていきますよね。ちょっと寂しい現実です。

ディーラーの整備しは悲惨みたいですね 知人がブラックで給料も安い

可愛い娘

ディーラーで整備士をやっている知人は、朝10時から夜の21~22時くらいまで働いてます。

整備の仕事も大変ですけど、やっぱりその時にワイパー売ったりホイールを売ったりするセールスもしなく手はいけないみたいです。

しかも結構なノルマがあって、整備だけやってればいいという状況ではないんですね。

それでいて営業みたいなことまでやらされて、給料は安いです。30代中盤で年収450万ないくらいですね。

ハードな仕事で拘束時間も長くて、たいへんそうです。

仲間同士の飲み会でも仕事も遅くて来れない時があったり、時間もかなり拘束されてますね。いっつも疲れた顔してます。なのでまともなプライベートもないみたいで、嫁さんをさがしているのになかなかできないと言いつつアラフォーになってしまいました。気さくないいやつで持てないわけじゃあないと思うんですけどね・・・・

これ見ると整備士ってやりたくねえなあ・・・と素直に思ってしまいます。ただ、転職するといっても他のディーラーに移っても同じようなことになるので、むつかしいみたいですね。ディーラーの整備士はどのメーカーに行っても似たり寄ったりなので、あまりおススメはできません。

実際、整備士が労働条件を良くするための転職ってどういう風にすればいいのでしょうか?

整備士の資格は製造業の技術職に生かせます 特に自動車系の製造業なら需要はかなり高いですし仕事も楽しいはず

工場系女子

整備士におススメの業界で「製造業」があります。特に自動車系の製造業はねらい目です。

こういう製造業(メーカー)はカレンダー通りで生産しており、休みも多く、給料も悪くないです。そのうえ定時に終わるのが基本で残業があればキッチリ残業代が付きます。

これは製造業の労働組合が強いからでサービス残業という概念がありません。これが本来の「普通の」会社の姿なんですけどね。

余談ですけど、サービス残業がひどい会社は即、転職したほうがイイですよ、あなたが知らないだけできちんと残業が付く

会社も世の中にはたくさんあります。こういう法的なことができない会社は長期的に考えると必ず傾いていきます。

製造業に入ると、「技術職」というのがあります。工場の機械のメンテをする係ですね。

整備士の資格を持っているとこういう「技術職」をやらされることになるケースが多いです。たいてい整備士や電気系の資格を持った人などが技術職(技術グループ)という仕事をやることになります。

機械いじりが好きな人にとっては転職みたいな仕事なんですよね。実際、機械をいじるのが好きそうな人ばかりでした。

こういう整備士からの転職の方向性もあります。

ちなみに私の勤めていた製造業は、こういった「整備士だった人」「電気工事士だった人」

「板金工だった人」といった人が多いです。こういったいわゆる製造業の「ホワイト工場」につとめるとかなり待遇が一気によくなります。

せっかく転職するんですからホワイト工場一択ですよね。なにもブラック企業に引っかかる必要はありません。

ただ、ホワイト工場の求人ってなかなか無いんですよね。

ただ、こういう求人はなかなか自分ひとりで見つけるのはむつかしいです。転職エージェントを利用して求人を探してもらうのが得策です。

そうでないと、なかなか今、成長中の業界や異業種での求人で自分にあたものを一人で見つけるのってかなりに難関です。

エージェントは転職のプロなので、求人はもとより履歴書の書き方や面接対策もアドバイスを的確にしてくれます。

整備士の仕事をしながらでも転職エージェントを利用すれば効率のいい転職活動ができるでしょう。

転職エージェントで整備士からの効率のイイ転職活動をやっていこう

転職するには、今いる業界(業種)に転職するか別の業界に転職するかで、大きくやりかたが違ってきます。

ただ、どちらの選択をするにしても、転職エージェントを使用すると効率的に転職できるのは間違いありません。

なぜなら、転職エージェントは、あなたと面談をして希望の求人を選択してくれたり、履歴書の作り方や面接の具体的なやり方までをサポートしてくれるからです。転職のプロであるエージェントがキッチリ転職のアドバイスをしてくれます。

なお、エージェントは登録から利用までが無料になっています。

これは、企業側が求人を出してエージェントに登録しているため、企業が転職エージェントに費用を支払っているためです。

このため、求人者は完全無料で利用できるわけです。

転職エージェントは登録すると、担当のエージェントがついて、あなたの希望の求職条件がどのようなものかを面談してくれます。

それをふまえて、良い求人をピクアップしてくれるので、効率的に求人を探していくことができます。

自分にどんな仕事が合っているかを一人で悩んで考えていると、どうしても自分の適性を見失いがちです。

転職エージェントではプロのエージェントに相談できるので、自分の適性を第三者の目から見て、的確なアドバイスをもらうことができます。自分では思いもよらなかったキャリアの適性が見えてくることもあるんですね。

転職をする意志が少しでもあるなら、自分が転職をイメージしている業界の動向を一度転職エージェントに相談してみるのをおススメします。

無料で相談ができるので、気軽に自分が転職に向いているか、転職したい業界は今どういった状況なのか?給料はアップするのか?などをを聞いてみるのもイイですね。

転職活動はとにかく一人でやると時間がかかります。履歴書作成・面接の準備、企業の情報の収集など、これを一人でやるのは効率が悪すぎます。転職エージェントを利用すると、こういう時間のかかる作業を削減することができます。

実際転職エージェントじゃないといわゆる「ホワイト工場」の求人てめったにないです。新聞とかハローワークとかに行っても無駄なので、使うツールは自分で選択したほうがイイですよ。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする