職場の雰囲気が悪い原因を見定めるのは1年未満 3年勤める意味はありません

しかめつらする上司

「会社の雰囲気が合わない」と思っている人はものすごく多いです。あなたもその一人なのでしょう。

雰囲気が合わないといってもレベルに人によってかなりの差があります。

「ただなんとなく雰囲気が合わない、会社の仕事の方針がなんとなくあわない」という軽いレベルから

「もうこの会社の上司や同僚とやっていく自信が無い、会社の方針は自分と真逆で精神的に耐えられない」

といった深刻なレベルのものまで幅広いです。

会社の雰囲気が「なんとなく」と会わないといった具体的なことがあまり思いつかないうちはまだ大丈夫です。他の会社に転職しても、それこと同じような悩みが出てくる可能性はかなり高いです。

逆に「上司や同僚の態度や行動、会社の方針などが精神的に耐えられない」くらいのレベルの雰囲気の合わない状況ならマジメにこの会社を去るかどうか、それとも我慢してきんむするかを考えていかなければなりません。

どのみち、そのまま精神的に耐えられないくらいの場合で勤めていくと、いずれあなたも破綻してしまいます。

破綻するというと、うつ病になったり、結局耐えられなくて衝動的に会社を辞めてしまったりするという言ことです。

身体をこわしたり、無計画で衝動的に会社を辞めてしまうのはなるべく避けたいですよね。

職場の雰囲気が悪いと思って、それを見定めるのは1年もあれば十分です。そこで我慢して3年とかその職場にいても、雰囲気は絶対によくなっていきません。

ここでは、会社の職場の雰囲気が合わないと思った場合どういう行動を取っていけばいいかをご紹介しています。

会社の「雰囲気が合わない」と「仕事がつまらない」は違うので注意が必要です

「会社の雰囲気が合わない」という感じを受けたときに気を遣たほうが良いのは「仕事がつまらない」という感情とごちゃまぜになってしまうことがあります。

仕事がつまらないっていうのは、会社の雰囲気あわないっていうのとはちょっと違うんですよね。これわかりにくいんですけど仕事がつまらいっていうのは、どんな会社に行っても誰でも感じることです。面白い仕事ってそうは無いですからね。

自分のやりたい仕事に就ける人は1割もいないですから、ほとんどの人が「仕事詰まんねー」と思ってやっています。

毎日「仕事つまんねー」て思っていると、だんだんと「この会社の雰囲気俺には合わないなあ…」となってきます。

こういう感じで、会社の雰囲気が合わないっておもうことって誰にでもある衝動なんですよね。5月病と一緒みたいなものです

「仕事がつまらない」と「会社の雰囲気が合わない」っていうのは、似てるようで大きく違うので注意が必要です。

仕事がつまらないっていう理由で会社を辞めると、たいてい次の会社でも仕事がつまらないといって辞めたくなります。

これだと負の無限ループのハマってしまうので、この違いちょっと分かりにくいですけど深刻な「会社の雰囲気が合わない」というものとは違うということを覚えておいてほしいです。

本当に会社の雰囲気が合わないと、朝会社に行くのも嫌になってくるのが普通です。このくらい拒否反応が出るなら「本物」です

「ただ仕事がつまらない」という思いだけで辞めてしまうのはちょっとリスクが高いです。

仕事がつまらないのではなく本当に「雰囲気が合わない」というストレスでまいっているなら半年から1年くらいで見切りをつけるべきです

仕事がつまらないというのではなく、本当に「会社の雰囲気が合わない、かなりキツイ」と思ったら、今後この会社でやっていけるかを判断しなくてはいけません。

よく、どんな仕事でも「3年は頑張ったほうが良い」というのは間違いです。これはブラック企業がマジメでこき使える社員という奴隷を体よくつなぎとめておくための方便です。どこでも使われている都合のいい言葉です。

3年も我慢すると、その間に年齢を重ねてしまい転職が不利になってしまう可能性もあります。というより会社にいるかどうかを判断するのに3年もいりません。

会社をに見切りをつけるかどうかを判断するには半年から一年くらいで充分です。最高で一年ですね。一年あれば会社の仕事も一通り循環します。そしてその間ずっと「会社の雰囲気が合わない」というならもうその労働環境にはいないほうが良いです。

特に会社の雰囲気が合わなくて、精神的に厳しく体調も悪くなっているとかなら家庭の事情などもあるかもしれませんがその職場を去らないと、うつ病になったりする危険も高いので、人生自体が破たんする可能性があります。

とうなってくると、転職をするどころが社会生活自体も厳しくなってくるので、自分でその会社を見切りをつけるかどうかを判断できたら、早めの転職を検討したほうが無難です。

職場の雰囲気が悪いというのは、自分の力では改善することはできません。そりゃそうですよね。パワハラ上司とか嫌な同僚とかが、ある突然いなくなるならいいのですが、そういうことはあり得ません。そういう人がいれば職場の悪い雰囲気なんて改善できるわけがありません。当たり前です。

会社の雰囲気っていうのは異動するか転職するかでしか変わりません 異動できない時は転職を検討しましょう

会社の雰囲気が合わないという場合、その部署を移動したり転職するしか方法はありません。そこにいて雰囲気が良くなるという経験をしたことが無いからです。

というかさらに悪くなっていくということはいくらでも経験してことがあります。現実はそんなもんなんですよね。

ただ、異動というと自分で時期を決められなかったり、永遠に異動できないということもありますし、そもそも会社の方針が反吐が出るくらいイヤだという場合には異動しても同じ会社にいるということなので、根本的な解決にはなりません。

そうなると転職するというのが一択の選択肢になってきます。

「会社の雰囲気が合わないくらいで転職するの?」と周りから言われるかもしれませんが、実際にその会社にいるのはあなたですし、判断するのはあなたです。

そもそも「転職はリスクがある」というのも「3年は我慢しろ」というのと一緒でブラック企業が職場から逃げられないようにするための体のイイ言葉なんですね。

自分の人生ではある程度に「逃げることを選択する」というときもあります。だいたい一生逃げずに生きていたら

確実に死にますよ。野生動物の政界では逃げる能力が高いものが生き残るハードな正解なわけです。

参考記事

「逃げるのは恥ずかしい」「我慢して仕事しろ」とか言われますけど、これは奴隷として社員を働かせるための子供のころからの洗脳です。だいたい体調崩すまで仕事をする自体が全くのナンセンス。だって体壊して死んだら「終わり」ですからね。そこまでしなくても自分で労働環境を変える行動をするために「逃げる」ことをするのがとても大事な行動ですよ。気づいてください。

「でも転職って言ってもどこから手を付ければいいかわからない」というときは転職エージェントに登録してアドバイスを受けるのがおススメです。

エージェントが求人探しから履歴書の作成方法、面接対策をアドバイスしてくれるので一人で転職活動をするより効率が劇的に向上します。

転職エージェントをりようして雰囲気の合わない会社から労働環境を変えていこう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人を適正をみてピックアップしてくれます。

ブラック企業やブラックな職場にいると、どうしてもその職場から脱出することまで頭が回りません。

余裕が無くなっているですね。転職なんて考える暇もないかもしれません。

視野がせまくなっていて、自分の勤めている会社が全てみたいになっているパターンもあります。

転職エージェントに相談してみると、「まともで従業員にやさしい会社」っていうのが世の中にはいくらでもあるというのに気づくことでしょう。

ブラック企業ばかりじゃないんですよね。普通の会社もたくさんあります。それに気づいていないだけです。

転職エージェントはそういった転職のやり方の相談もアドバイスしてくれますし、求人を扱っている会社を審査してるのでブラック企業はほとんどありません。

ハローワークとか普通の求人誌は求人掲載する会社を審査しないので、ブラック企業がいっぱいの状態になってしまうんですよ。

転職エージェントの登録利用は無料です。求人依頼会社から報酬をもらってそれで運営しているからです。

まともな会社が世の中にはあるということを知るだけでも、視野が広がって人生の選択の幅が広がってきますよ。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加