アラサー後半(30代前半)での転職は年収500万以上がベター 成長業界の会社に転職が必須

残業をするサラリーマン

30代になると今の会社での自分の将来どのくらいまで収入が上がるかというのがおおよそ判断出来てしまいます。

だいたいこのくらい出世して年収がこれくらいっていうのが判断できるのが30代という年齢ワクですね。

ただ、転職をするにしても30歳くらいから行動をしないと手遅れになります。35歳を超えると相当なスキルが無いと自分の希望通りの転職というのは現実的には睦しくなってくるからです。

というわけで30歳くらいが自分の希望を通すことができる最後のチャンス的な年齢なんですよね。その年齢の時に出来れば年収500万は確保しておきたいところです。

転職して年収が下がるってことはよくありますけど、30歳くらいでしっかりと戦略をもって自分を評価してくれる会社を選べば現状より年収アップすることはそれほど難しくはありません。

ここではアラサー30歳での転職活動で年収をアップさせるポイントをご紹介します。

成長業界を見極めて転職活動をする 最初にそこを調べるのが最重要課題です

まず、転職の行動の一つとして最も大事なのが、「景気がいい業界を見極める」といういことです。そしてその業界の会社をチェックするということですね。

どんなに個人的なスキルが高くても、次に務める業界の金回りが悪ければどうしても給料は低くなってきます。

これって何気に超重要なんですよね。自分の生きたい業界がもし景気が悪くてにっちもさっちもいかない状況なら給料は確実に転職れば下がります。

「自分がやりたいことと給料が良いかどうかは別問題」なんですね。もちろん自分がやりたい仕事の業界が景気よければ一番いいんですけどね。

当たり前ですけど、景気のイイ業界は給料が良いです。同じ仕事量をしても年収が100~200万円以上違うのはザラですしね。

あと、会社自体の業績を分析するのも大事です。これから伸びていくであろう会社を選ぶこともとても大事です。

こういった自分が転職する先の業界・会社が景気が良くて今後伸びていくかどうかを判断するのは、自分のスキルをアピールする以上に大事です。

ぶっちゃけて言うと、対してスキルが無くてもたまたま入った会社が景気がよければ、けっこな給料になります。

それこそ年収500万とか余裕です。

製造業なんかでも、現場作業で単純作業してる人でも、会社の景気がいいので30代では年収500万円を全員超えているなんて会社はザラですよ。

こんな感じなので、転職する業界と会社を選択するのがいかに年収をアップさせるのに従業化が分かります。

特に外資系企業は年収が良いのが定番 イチオシの業界です

仕事がきつくても高い給料が欲しいなら、やはり外資系企業です。外資系企業なら年収500万円とか余裕な世界ですしね。

もちろんある程度の英語も必要ですし、成果主義なので、成果が上げられなければ解雇されることも多いです。

ただ半面、日本の会社などでは成果を上げても永遠に給料が上がらない会社がほとんどです。30代で年収500万円スタートとなると一部上場企業かそれこそ先ほど言った。相当景気のいい業界じゃないとなかなか無いですしね。

外資系企業にはこういったメリットデメリットがありますが、確実に給料は高いです。自分にバイタリティがあって成果を上げる自信がある人にとってはかなり美味しい就職先です。

実際、外資系企業は激務ですし、成果主義なので厳しい面もありますが、外資系企業に勤めている人は割と10年とか長い期間勤めている人が多いです。

外資系企業って日本の、上司にこびへつらって我慢して出世してそこそこの給料をもらう・・・・といった環境にウンザリして外資系企業に入った人が多いんですよね。

そのため、外資系企業を選んだ人ってそのクールな人間関係で実力主義なところがあっているわけです。

そういう意味でも給料と仕事の成果が直結しているのが外資系企業です。ここを選択肢に一つに入れるのも大きなポイントです。

自分の会社が意外と伸びない産業という場合はスキルを腐らせないうちに転職する

自分の会社が伸びない業界、景気の悪い業界だったら、今後あなたがいくら仕事をがんばっても年収が上がる可能性は低いです。

400万円くらいの年収で40代50代になっても年収500万円台には届かないでしょう。

せっかくその会社でスキルがあったとしても、そのスキルに見合うだけの給料がもらえないのは、その後の会社員人生でかなりのデメリットです。仕事をやっても給料が上がらないとうのは、生活の質も上がっていかないですし、なにより

仕事のモチベーションが保てないですよね。そういうことになると、結局給料も上がらず、仕事もヤル気にならないという最悪の40代50代をむかえてしまいます。

そういう風になるとどうなると思います?結局、そういうことを考えないようにしながら働いているので、目が死んだ状態で生気が無い状態で働くことになります。

そういう人を何人も見ているので切ないですよ。30代のうちに行動しない付けは40代あたりでかなり大きな後悔につながります。

実際30代って500万年収が無いときついですよ 普通のそのくらいの会社に転職できるので行動が大事です

現実的な問題として30代くらいで年収500万くらいないとキツイです。結婚して住宅ローンを組んで、子供を作って・・・

となると、見ているとカツカツでやっています。だんなのこずかいが月500円とかでどうやって生きてるの?という現状です。

奥さんがパートで働いていても、世帯年収が500万円に届かないと相当生活が苦しいです。生活が苦しいとやはり家庭もぎくしゃくするんですよね。子供の教育にもお金をかけることができません。

よく、貧乏でも幸せがあれがいいとかいいますけど、それはキレイごとです。ある程度の年収があって心の安定を得ることができるというのが現実です。

そのため30歳での転職はしっかりと戦略を持って行い年収500万円以上の待遇を狙って行くべきです。

ただ、一人で転職活動をしてもなかなか景気のイイ業界や外資系企業などの求人を探すのはむつかしいです。

なにより自分のスキルをうまうアピールできる方法はアドバイスが無いと難しいものがあります。

そのため、転職エージェントを利用して、転職のプロであるエージェントにアドバイスをもらうのがおススメです。

年収500万以上を得るために転職エージェントを利用して効率のイイ転職活動をしよう

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれますし、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!