アラサーで年収600~1000万以上を狙うなら外資系企業に転職すべき理由

電話する営業

年収1000万以上を目指すとなると、普通の企業で出世頭だとしてもなかなか達成はできません。都銀や大手商社や証券会社でアラサーあたりで管理職になれば30代後半くらいで1000万は可能かもしれません。

具体的に年収1000万以上になる職業は

パイロット・医者・歯科医師・大手商社の管理職・外資系企業・マグロやカニの漁師・国会議員・外交官・都銀の管理職

このあたりの職業ならアラサーで年収1000万以上が可能です。もうあなたがすでにこの職業についているならこのページ飛ばしてください(^O^)/

いや、エリートばかりじゃないですか。どれも勉強しまくって就職してからも出世競争を勝ち抜いたものだけが若いアラサーのうちから得られる年収と言えそうです。

その中でもマグロ漁師やなんかは慣れそうな気がしますが・・・・ただだものすごいハードワークというか運も大事ですよね。マグロ漁船に乗っている知人とかっていないんですけど・・・・

それに比べれば外資系企業は比較的ハードルが低いです。この中の職種の中では一番就職しやすくて現実味のある職業です。

「ええ?外資系企業って英語とかペラペラでものすごく頭がよくないと入れないんじゃ?」

と思われがちですが、普通に日本の企業の営業をこなすことができて、英語も基礎的いな日常会話程度ができれば入社はそれほど難しくはありません。

関連記事

外資系企業に強いという転職エージェントはDODAです。実際に外資系輸送機器会社に転職することができました。外資系企業専門のアドバイザーをつけてくれたので安心して転職活動をすることができました。

ここでは、外資系企業がアラサーを欲している理由と、どうすれば外資系企業に入れるかをご紹介します。

一番アラサーを欲しているのは外資系企業 バイタリティーさえあればやっていける業界です

外資系企業はとにかく仕事がハードです。完全結果主義で仕事のできない人はすぐに首になる日本の企業では考えらえれないほどビジネスライクな組織です。

その分給料も、結果さえ出せば20代のうちから1000万を超えるのはザラで2000万円以上も狙うことができます。

その外資系特有の結果主義から、組織の人材の入れ替わりが激しくたえず新しい人材を募集しています。特に、日本に出資してから間もない新しい外資系企業は、30代の人材が不足しています。

英語がある程度できて、営業経験のある息のイイアラサーを喉から手が出るほど欲しがっているんですね。

外資系企業はあなたが思っているほど敷居の高い企業ではありません。ただ、入ってから結果を出せないとクビになる確率が高いだけです。

そのため、「仕事には自信がある」人に取っては日本の企業のように、上司にこびへつらっていないとなかなか出世できないような環境ではなく、「仕事ができる」ことで出世を勝ち取ることのできる数少ない環境です。

っていうか本来仕事ってこういうものだと思うんですけどね。日本の会社は「媚びるだけで出世できる」っていのが鉄板の場所なんですよ。いい加減にしてほしいですけどね。

でも外資系企業はいくらでも実力さえあれば出世できます。イヤ素晴らしいじゃないですかそんな環境って日本企業にはありえませんよ。

仕事に自信があるなら、迷いなく外資系企業への転職を検討すべきです。

英語力はそれほど高くなくてもイイ 最初は日常会話程度でも余裕でイケますよ

「でもなあ、外資系って英語ペラペラじゃないとダメなんだろ??」

と思う人もいます。たしかに英語はできないといいいけませんが、TOEICでは600点くらい取れれば十分です。正確にいうと充分ではないのですが、意味が通じれば仕事をしながらビジネス英語を覚えていけばいいので、最初から「ペラペラ」である必要なありません。

ぶっちゃけて言うと最初は「中学生レベルの英語」ができれば何とかなってしまいます。

日本人はあたまが堅いので、外資系企業に入るには最初から「完璧な英語力が必要」と思われがちです。これがおおきな過ちなんですね。

なんでもそうですけど、最初から完璧な英語ができる必要はないんですね。外資系企業でも業界は様々でその会社での専門用語はたくさんあります。そういった用語はどうせ入社してからおぼえていくしかないんですよ。

なので、過剰に英語に恐れをなす必要はないです。基礎的な英語力があれば仕事をやりながら充分対応していくことができます。

仕事自体は特殊ではなく日本の営業とやることはいっしょです

外資系企業といっても仕事はなんら特別なことをやるわけではありません。やりとりが英語でやるケースがあるだけで、やっている内容はほとんど日本の企業とかわりません。

ただ、評価が完全歩合制だったり、完全結果主義だったりするので結果が出ないと、ある朝自分の机がなかったという話はよく聞きます。

私の銀行時代の営業の同期が外資系の生命保険会社に入社しました。

その男は特に英語ができたわけでもないのですが、銀行営業の時からバイタリティーにあふれていてガンガン成績をあげていました。

ただ、世渡りが下手というか上司と反りがあわないことが多く、営業成績は抜群でも出世は遅れていったんですね。

そんな時に外資系の生命保険会社に転職して、一気に年収も1300万円ほどになりました。バリバリ顧客を獲得して持ち前の人の好さとバイタリティーで頭角を現していき、35歳の時には年収は1800万円ほどでした。

あのまま銀行にいても出世できずに年収もせいぜい700万くらいでしょう。自分の力に自信のある人は外資系企業を強くおススメします。

その同期が言っていましたが、「やっていることは銀行時代の営業とほとんどいっしょだ。英語は本社とやり取りするときに必要なだけだから、そんなに難しくはないよ」ということでした。

外資系の営業といっても商品が外国産なだけで、売る相手は日本人ですからね。それほど英語できなくてもなんとかまります。そんなことよりも「営業力」があったほうが全然やっていいけます。外資系と言っても外国法人の日本支社的なところがほとんどなので、交渉相手は日本人がメインですからね。そこまで英語ができないからと言って気にする必要は全然ないっすよ。

外資系企業で成果を出すと、さらに条件のいい会社にヘッドハンティングされる

その銀行時代の同期は、実は外資系企業からヘッドハンティングされていたのです。

銀行営業時代にヤリ手で有名だったその男は、その界隈の外資系企業からお呼びがかかったわけです。そして、転職した外資系企業で成果をあげるとまた別の会社から、さらにいい条件でヘッドハンティングされます。日本では考えられませんね。

日本の会社でいくら有能であっても、給料の上限は決まっています。また出世の体形も独特でどんなに仕事ができても上司に嫌われればほぼ出世はできないシステムになっています。

仕事に自信がある人にとっては、外資系はある意味夢のある業界です。

日本の企業の「仕事ができても上司の期限一つで出世や給料が永遠に停滞する」システムに嫌気がさしているあなたは外資系企業への転職が必須ですよ。そうしないとせっかく営業力とかトップ営業でも永遠に安い給料でこき使われる運命ですからね。あなたの今後の人生のためにも転職してください。

外資系企業をめざすなら転職エージェントを利用しよう

外資系企業へ転職するなら、「転職エージェント」を使用する必要があります。

転職エージェントは、一般求人誌にはほとんど乗らない「外資系企業」の求人が多数存在します。

報酬の高い外資系企業への転職案件は「転職エージェント」の得意分野です。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加