第二新卒の就活で内定を取るには中小から大企業を狙うとダメな理由 成長中の中小企業がベターです

奪取するサラリーマン

既卒になってしまうと「もう大企業への就職は厳しい」「もう大企業に就職がむつかしいどうしよう」と思う人も多いでしょう。

確かに大企業でのステータスやネームバリューは相当なもので、就職したら鼻が高いですし、親も喜んでくれるでしょう。

ただ、最近では誰でも知ってるシャープや東芝などのいわゆる「超大手大企業」が買収さらたり倒産の危機に瀕しています。

「大企業だから安心」というイメージはだいぶ崩れてきています。そのため、「企業の規模」で就職先を決めるのはかなり危険な就職方法だとも言えます。

大手企業と中小企業の差は「ネームバリュー」にあります。大手企業はこのネームバリューのおかげで、毎年、求人を大きく広告しなくても新卒の優秀な人材が入ってきます。そのためあまり中途採用や第二新卒を採る必要がありません。

一方、中小企業は優良な会社でも、ネームバリューが無く定年で多くの人が辞めたり、事業を拡大するときには人材を中途で採用していくしかありません。そのため第二新卒での採用も活発に行っています。

そういう理由もアリ、既卒の就職先は「優良な中小企業」を狙って行くというのが良い戦略になります。ポイントは「優良な」中小企業ということです。既卒なら第二新卒の枠も使えるので内定を取るのはそこまで難しくないです。

中小企業は優良な企業とあまりよくない企業の差が激しいという特徴があります。一番いいのは「今後伸びて事業が拡大していくであろう中小企業」や「独自のノウハウや製品を持っていて、そのニーズがずっと続くであろう中小企業」という企業を狙うべきです。

ただ、そういう企業はなかなか見つけることがむつかしいです。ここでは既卒が中小企業をチェックしたほうが良い理由とその就職方法をご紹介します。

そもそも大企業より中小企業ので働いている人のほうが圧倒的に多い現実

そもそも、日本では中小企業の数は380万社、大企業は111万社です。中小企業のほうが三倍以上あり、従業員数も中小企業では33百万人、大企業では14百万人です。

中小企業で働いている人のほうが圧倒的に多いのが現状です。

まず、既卒が大企業だけにこだわって就職活動をしているとかなり厳しいことになります。大企業は先ほど言ったようにネームバリューがありますから、放っておいても優秀な人材が新卒で入ってきます。そのため既卒や第二新卒の求人はほとんど無いんですね。

優良な中小企業は、事業拡大のときなどに求人を出します。新卒や中途と形はバラバラですが、大企業のようにネームバリューがないので求人を出さないと人がやってきません。隠れた名店みたいなイメージです。

そういう求人を見つけるにはやはり、こまめに求人をチェックし行くことと、優良な中小企業を探していく、興味を持つということが大切になってきます。

大企業は基本激務 給料は下がるが優良な中小企業はライフワークバランスが保ちやすい

大企業は基本は激務です。給料はイイですけど、その分仕事量はかなり多いというのが通常です。もちろん大企業でも定時に帰れるような会社もありますが、それは少数派です。

よくネット上の情報でしか見ないような、終電まで仕事をして朝6時に出社するみたいな、冗談みたいな世界が現実にあるのが大企業です。

相当なタフネスと出世願望やその仕事が大好きといった、特殊な要因がないと長続きしないような労働環境です。

優良な中小企業は、給料は大企業には劣りますが労働環境は比較的穏やかなケースが多く、残業も少なくあってもしっかり残業代がつくことがほとんどです。残業代がつくのは法律上当たり前なんですが、これができていない大企業が多いです。電通とかね・・・大企業がこんな状態ですから、日本の行く末も怖いものですよね。

話がそれましたが、中小企業は労働環境を重視するなら大企業よりも時間的拘束が少ないケースが多くワイフワークバランスが保ちやすいともいえます。平たく言うと、プライベートが充実するということです。

大手出業で激務をしてるとかえって貯金もできない 中小企業の給料でも生活が変わるので貯金ができる

大手企業で激務をしていると、給料はイイのですが激務だと、たとえば私生活で疲れ切っているので、自炊や洗濯ができないこともあります。自炊できずに外食ばかりしたり会社に近いと頃に住むために都市部の高い家賃のマンションを借りたり、洗濯はクリーニングに出したりとお金がかかります。

また、仕事のストレスで飲みに行ったり、お姉さんのいる飲み屋に行ったりすることでストレス発散したりするケースも多いですよね。

そうすると、大手企業で給料が良くても結局貯金ができなかったりします。生活に余裕が無いので、こういった余分な出費が増えるからですね。

仕事内容が比較的穏やかな中小企業ならば、時間的余裕があるので自炊もできますし洗濯もできます。また、ストレスも少ないので、余分な衝動買いや飲み代が減ることになります。

そうすると、貯金もそれほど苦も無くやっていくことができます。

どちらが良いかと聞かれれば、ストレスが少なくて貯金ができるほうが良いと思います。これは人の価値観ですけけど、どちらが言いかは明白だと思います。

優良中小企業の求人を探すには転職エージェントを利用しよう

このように既卒の人は、就職するのがむつかしいうえに激務の可能性のある大企業に固執するのはナンセンスになってきます。

「優良な中小企業」の求人を探して地道に就職活動をしてくのが、今後の生活のためを考えると妥当な選択になってくるでしょう。

ただ、こういう「優良な中小企業」の求人を探していくには、業界を絞らずさまざまな求人をピックアップしていく必要があります。

既卒の就職セミナーなどをマメに回ってみて、中所企業でも内容が良い会社、今後伸びそうな会社に目を向けていくことが
重要です。とにかく視野を広く持っていきましょう。

ハローワークなどの求人はブラック企業がたくさんエントリーしているのであまり役に立ちません。

優良な中小企業の救助んを探すには、既卒専用の「転職エージェント」を利用して求人を紹介してもらうのがベターです。

転職するには、今いる業界(業種)に転職するか別の業界に転職するかで、大きくやりかたが違ってきます。

ただ、どちらの選択をするにしても、転職エージェントを使用すると効率的に転職できるのは間違いありません。

なぜなら、転職エージェントは、あなたと面談をして希望の求人を選択してくれたり、履歴書のの作り方や面接の具体的なやり方までをサポートしてくれるからです。転職のプロであるエージェントがキッチリ転職のアドバイスをしてくれます。

なお、エージェントは登録から利用までが無料になっています。

これは、企業側が求人を出してエージェントに登録しているため、企業が転職エージェントに費用を支払っているためです。

このため、求人者は完全無料で利用できるわけです。

転職エージェントは登録すると、担当のエージェントがついて、あなたの希望の求職条件がどのようなものかを面談してくれます。

それをふまえて、良い求人をピクアップしてくれるので、効率的に求人を探していくことができます。

自分にどんな仕事が合っているかを一人で悩んで考えていると、どうしても自分の適性を見失いがちです。

転職エージェントではプロのエージェントに相談できるので、自分の適性を第三者の目から見て、的確なアドバイスをもらうことができます。自分では思いもよらなかったキャリアの適性が見えてくることもあるんですね。

転職をする意志が少しでもあるなら、自分が転職をイメージしている業界の動向を一度転職エージェントに相談してみるのをおススメします。

無料で相談ができるので、気軽に自分が転職に向いているか、転職したい業界は今どういった状況なのか?給料はアップするのか?などをを聞いてみるのもイイですね。

転職活動はとにかく一人でやると時間がかかります。履歴書作成・面接の準備、企業の情報の収集など、これを一人でやるのは効率が悪すぎます。転職エージェントを利用すると、こういう時間のかかる作業を削減することができます。

優良な第二新卒の転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.第二新卒ナビ

2.マイナビジョブ20’s

3.いい就職.com

 

第二新卒ナビの特徴は「第二新卒ナビ」はの最大の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あ棚の立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

「第二新卒ナビ」の公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合はマイナビジョブ20’sやいい就職.comを選択しましょう。

マイナビジョブ20’sもいい就職.comも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「マイナビジョブ20’」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

「いい就職.com」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!