ブラック企業を避けて既卒者が就活成功の方法 マインドを高めて第二新卒の枠を使おう

考える男性

「既卒者」という言葉があります。これは、就職が決まらない学生がそのまま学校を卒業して、そのまま無職やフリーターなどになることを言います。

世間では、

「既卒になると就職が厳しい」

「新卒カードを逃してしまったら人生オワコン」

「ああもうだめだ既卒」

みたいにさんざん言われています。

たしかに新卒に比べると不利なことばかりです。いきなり、職歴も技能もないのに「中途採用」と同じ扱いで就職戦線に放り出されるからです。いきなり即戦力になれるわけありませんし、なろうと思っても無理な話です。

年齢が数年違うだけで、卒業しているか在職しているかだけでここまで扱いが違うのも日本の採用状況が完全に歪んでいるからですね。新卒一括採用は日本独特のシステムになっています。それは今後変わっていくことはないでしょう。

ただ、近年では「第二新卒」の枠も出てきて、既卒の学生も以前より就職をしやすくなってきました。

ここでは既卒者が就職活動で注意する点をご紹介します。

既卒者が一番気にするべきは、職歴なしでズルズルすごしてしまうこと

既卒者が一番気を付けるべきは「もう既卒になったからイイや就職だめだわ」と投げやりになってしまうことです。

これって意外と多いんですよねこういうマインドになってしまうことが。たしかに就活をがんばった人が内定を取れないとかなり心が折られます。

そうするとこのままずるずるフリーターを続けてしまうという現象が高確率で起こってくるんよね。

20代前半くらいでフリーターって結構楽しいです。責任もないですし、自由時間もあってけっこうハマってしまうんですよね。

ただ、実はこの20代前半が既卒の就職に一番大事な時期なんですよね。「第二新卒」の枠は25歳までがほとんどです。

更に言うと20代のうちに正社員にならないと未経験でOKという仕事はほぼ20代でしか求人がありません。

ちょっとしたマインドのゆるみがあるとアッという間に30歳になってしまいます。こうなると就職がきついのは目にいていますよね。

まず既卒が大事なのは、内定が無くてそのまま卒業してしまっても腐ることなく就職活動を続けることが大事です。

もしくは見分を広げるために海外を見に行くとか、何か技能を身に着けるために勉強をするために専門学校に通うとかそういう選択なら数年の無職の期間があっても、就職活動ではマイナスになりません。うまくいけばプラスの用ウインになります。

ただ言えることはダラダラとフリーターやただ、無職で遊んでいると状況がどんどん悪化してきてしまいます。

焦ってブラック企業につかまらないようにすることも大事

「既卒だからどこでもいいから就職しなきゃ」と思い焦って就活をしている人も多いでしょう。就職活動をがんばるのはとても大切なことです。

ただ、その時視野がせまくなって、ブラック企業の求人に簡単にハマってしまうことに気を付けなければなりません。

ブラック企業はハローワークや求人誌にいくらでも求人が載っています。ちょっと焦って「どんな会社でもイイや」とあまり調べずに就職してしまうと、ブラック企業の術中にはまってしまいます。

ブラック企業は若い人材は喉から手が出るほど欲しいわけです。若い人材を奴隷として使って、数年間もてばいいくらいのモノとして見ています。使えるだけ使って、そのあとのケアなどは当然考えていません。

そういう企業にハマりやすいのが既卒で焦って就活をしている若者です。ブラック企業は面接のときなどうまい言葉で内定されるのがとてもうまいです。

そして当然求人内容や面接とは全く違う労働条件で働かせるというのが常套の手口になっています。

こういうブラック企業にハマらないためには、既卒だからといって焦って就活をするのではなく、しっかりと情報収取をして

「第二新卒」の枠で採用している会社を先手くするのがベターです。

今では既卒でも「第二新卒」の枠もあるので大企業は無理でも普通に就職できる

既卒の狙う場所は「第二新卒」の枠です。近年は、若い人材が欲しい中規模な会社などで「第二新卒」の枠を募集しているところが多いです。

大企業ではあまり見かけませんが、ここで選ぶべきは「優良は今後伸びていくであろう中規模な会社」が一番のねらい目です。

どうしても大企業がバリに目が行きがちですが、日本は大企業以外の会社が8割を占めています。8割以上は大企業以外で働いているですよね。

そういう会社でも今後伸びていくであろう優良な会社はたくさんあります。ここで大事なのはそういう優良な会社の求人情報をどれだけ調べることができるかがキモになってきます。

ただ、自分ひとりでそういう良い求人を調べるのはかなり苦労があります。求人誌などには載ってない案件もあるからです。

そこで「転職エージェント」の利用をおススメします。「既卒なのに転職エージェントなの?」と思うかもしれませんが、

転職エージェントは既卒も扱っていますし、クローズド求人も豊富にかかえています。クローズド求人は転職エージェントに企業が募集を依頼している求人で、求人誌などには掲載されません。

しかも、エージェントが企業を選別しているので、ブラック企業があたるということはありません。

そういう安心感と効率を考えると転職エージェントの利用は必然になってきます。

優良な第二新卒の転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.第二新卒ナビ

2.マイナビジョブ20’s

3.いい就職.com

 

第二新卒ナビの特徴は「第二新卒ナビ」はの最大の特徴は「厳しい判断基準によりブラック企業を排除している」という所です。

アドバイザーが第二新卒での就活を経験したことがある人間がほとんどなので、あ棚の立場に沿って第二新卒の就職活動をサポートしてくれます。

求人を探すところから面接対策までしっかりとしたサポートをしてくれる転職エージェントです。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして必要事項を選んで名前・とアドレス、携帯番号を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

「第二新卒ナビ」の公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

第二新卒ナビだけだと求人の幅がたりない、担当者と相性があわない・・・と言った場合はマイナビジョブ20’sやいい就職.comを選択しましょう。

マイナビジョブ20’sもいい就職.comも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「マイナビジョブ20’」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

「いい就職.com」の公式ページを見てみる

↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!