派遣会社の担当者と合わない場合も派遣社員のメリットを利用して正社員になる方法

メガネを上げる男

派遣で働くというのも一つの就職の形ですよね。

時給制なので、正社員ほどの給料は望めませんが、働ける期間が決まっている場合とかは辞めやすいですし仕事の責任もそれほど高くないので、正社員ほどのストレスはたまりません。

そのため派遣での仕事をあえて選ぶ人もいますよね。自分のライフスタイルの合わせた働き方ができるとうのが何よりのメリットです。

派遣を選ぶメリットはこれだけではないんですよね。いきなり正社員になるのが難しい場合はとりあえず派遣で働いて実務経験を積んで、正社員の求人に応募するということもできますし、大手の会社ならヘタな中小企業の労働環境が悪い会社より大手の企業に派遣で入ったほうが100倍働きやすいという場合もあります。

ただ、派遣会社でも会社への派遣を担当してくれる人と相性がわかない時って結構あるんですよね。そういう場合でもうまく派遣という形態を利用していずれは正社員になっていくというのが大事です。

派遣をうまく利用していくにはコツがあります。そのコツを押さえて派遣という働き方を有効に使ってみましょう。

派遣社員の担当者は一人で何百人の派遣登録者を担当してます なるべく誠実に対応して好印象を与えておけば声がかかりやすくなります。

私はもともと、製造業の派遣社員の管理をやっていました。そのため派遣会社の担当者とよく打ち合わせをしました。

派遣会社のスタッフって仕事が大変なんですよね。実際一人で何百人とか派遣社員を抱えています。ガチで仕事は激務です。

人材を派遣した会社からのクレームや要求もあって全部一人で処理しています。ホントかなりの仕事の量です。

そんな派遣スタッフがぶっちゃけていうと、一人一人の登録してある派遣の人員を深く把握するのは無理です。

そんなところでよく派遣スタッフが言っていました。

「登録したある人の中で優先するのはやっぱり自分との説明とかをきちんと聞いていた人とか、とにかく礼儀がしっかりしている返事がはっきりできるとかそういったしっかりした印象の人を優先して大企業に派遣している」

ということを言っていました。

そう、履歴書の内容とかもありますけど、一言で言うと

「派遣の担当者の印象で決めている」

という言ことです。やっぱり派遣の担当者も人間ですし、仕事も忙しいので「自分の主観」で決めてるだけなんですよね。

でもやっぱり普通に

「挨拶ができる」

「返事がしっかりしている」

「きちんとした受け答えができる」

「敬語がしっかりしている」

こういった基礎中の基礎的なことができない人って意外と派遣に登録している人は多いです。そのためこういったことを普通にできるように派遣担当者に見てもらうことができれば、優先的に派遣先を斡旋してくれます。

意外とプライドの高い人とかって、こういうことできないんですよね。

ハッキリ言うと、会社って派遣社員でプライドが高い人とかいらないんですよね。なんでかって言うと正社員と仕事で意見が衝突したりするからです。

会社が派遣に求め散るのは

「言われたことをきっちりやってくれる力」

です。それ以上でもそれ以下でもないです。

派遣社員はもともとそういう役割の雇用形態なので、会社に行けんをしたい場合は正社員になったほうがベターです。

とにかく、「派遣の担当者にはしっかりとした受け答えや返事、印象を良くする」ということをしておいて損はありません。

これはバカにできない事実なんですよ。

派遣の担当者と相性が合わないっていうのもあるかもしれません。でも派遣って普通の受け答えや行動を「フツーに一般常識的」にやっていればたいてい、「この人は使えるな」と思われることがほとんどです。それほどハードルは高くないんですよね。

だから、普通にやる気を見せて仕事を無難にこなしていけば、いい仕事を派遣担当者が紹介してくれるようになってきますよ。

派遣を正社員へのステップとして利用する方法をあります 派遣をうまく利用してステップアップしましょう

派遣社員としてはたらいて、正社員になりたいという人も多数います。

でもなかなか、派遣社員から正社員になった人というのは少数派です。

その場合、「派遣社員としてスキルと実務経験を身に着けて、実務経験が必要な正社員の求人に応募する」という手が堅いです。

例えば、簿記2級の資格をとっていても、会計事務所などの正社員の募集では「実務経験2年以上」とかいうのがほとんどです。

その場合、派遣社員はら実務経験なしで雇ってくれる会計事務所はけっこうあるんですうよね。

派遣として働いても「実務経験」には当然カウントされます。しかも、派遣だからといって仕事内容が正社員と大きく違うということもなく、派遣でもスキルはばっちり学べます。

そう派遣は「雇われやすい」というメリットがあります。そして実務経験を得るために職場に潜り込んで、実務経験とスキルを手っ取り早く2~3年で習得してしまえるというメリットがあります。

正社員だとなかなか入れない大企業とか、資格が無いと入りにくい法律系や会計、コンサルタントの事務所、製造業の生産部門なんかにも派遣なら比較的簡単に入ることができます。

そこで実務経験とスキルを数年学んで、そのあとあえて、実務経験が必要な正社員の求人に応募するという手もあります。

一見遠回りですけど、かなり正社員になる方法としては堅い方法です。

派遣社員の「採用されやすい」というメリットを生かした就活方法です。こういった計画的に派遣社員という形態を利用するという方法もあります。

派遣はあくまでも正社員になるためのステップと考えたほうがイイです。もちろん主婦などで派遣でずっと働くつもりなら別ですが、普通に正社員になりたいと思っているなら、「派遣の形態を利用して実務経験を作っていく」といった利用の方法がうまい派遣の使い方です。

派遣会社は大手の派遣会社一社で充分です

派遣に何個も登録しても、かえって情報が入りすぎて混乱します。

大手の派遣会社に1つ登録するだけで充分です。おススメなのは「テンプスタッフ」です。

とにかく、派遣の業種の選択肢が多く正社員の転職も多く手掛けているテンプスタッフが経営する派遣会社です。

派遣先の選択肢が豊富なので、自分の働くライフスタイルの合わせた職場を見つけるにはとても使いやすいです。

また働きたい派遣会社No.1!テンプスタッフ

派遣会社の中では担当者の数も多く、それだけ希望も通りやすいのがテンプスタッフです。

派遣登録しておけば、希望の求人をピックアップしてくれうので効率のいい職場選びをすることができます。

関連記事

社会人未経験での就活ってかなりの「焦り」が出ますよね。早く正社員に就職したいという焦りが出ると、ついついブラック企業につかまったりします。社会人未経験者用の転職エージェントを利用して普通に求人をチェックすれば普通の求人もたくさんあるので焦らず就活をしていきましょう。
女性の雇用形態はそりゃあ正社員でずっと勤めるのもイイですけど、出産育児とイベントもおおいのが女性。雇用形態は柔軟に決めていく必要があるんですよね。正社員や派遣のメリットデメリットそれぞれ把握して自分で判断していくのがベターです。その理由についてご紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加