広告業界の地獄の長時間残業と休日出勤は超ブラック 労働環境を変える検討をしましょう

指さす男

広告業界に勤めるあなたは、仕事は激務になるというのを覚悟して入社したわけです。

そう広告業界が激務というのは、世間的には知られている情報ですからね。ましてや入社するのであればそういった情報は調べてあるはずです。

毎日残業を5時間から9時間やって睡眠時間が4時間とかくらいしかとれない。どんなに遅く帰っても朝9時には出社しなければならない。

そんでもって残業代も出ないです。そして土日も休日出勤でほとんど出勤です。もちろん休出手当なんて出ないです。

普通に違法な会社ですし、広告代理店てなんかの軍隊か地獄絵図なんですかね?

そういう労働環境でもいいと思って勤めていますか?もしその労働環境がイヤだというのに勤めてるなら、

「広告代理店の仕事」

じゃないといけない理由とかがあるんですか?

もしそうでなくて、その労働環境にいるんなら「洗脳」されてるか「ドM」なんでしょう。ごめんなさいそうとしか思えません。

ていうか、私だけでなくてもほかの人もそう思いますよ。そんな労働環境で働いてるなんて「おかしいよ」と100人中99人が思うはずです。

広告業界であまりに長時間労働すると拷問んと一緒で「洗脳」される

考える女性

某大手広告代理店で若手社員が自殺しましたよね。まあ自殺まではいかなくても、うつ病とかで再起不能になってる人とかならものすごいたくさんいるんでしょう広告代理店。

そのアホみたいな労働環境でもやっているということは、それなりの見返りがあるのかもしれません。

でもその見返りの前に死んだり再起不能になるんじゃあまりに悲惨過ぎないと思いません。あなた自分の人生考えていますか?

通常神経なら転職しますよね。ただ、もしかしたら長時間残業での「洗脳」に犯されているんじゃないですか?

長時間労働をしていて精神的に追い詰められていると「洗脳」と同じ効果がある

拷問では「睡眠をさせない」「眠らせない」という拷問方法があります。人間寝ないと発狂して死んでしまいます。

残業しまくって、睡眠時間削ってしかも土日も出勤してればそりゃあ、ある意味「拷問」と一緒ですからね。

そうなってくると人はどんな人だって

「死ぬくらいなら転職したほうがいいじゃん」

て思いますよね。そういう考えが浮かばないほど思考回路が奪われていしまいます。「うつ病」「適応障害」など種類はありますけど、すでに思考回路が奪われている時点でなんらかの精神障害にかかっているですね。

だからもう、いくらでも長時間労働をしても

「もうここから逃げられない」→「死のう」

みたいな短絡的な発想に陥ってしまいます。

怖いです。怖すぎます。いややっぱり仕事で死ぬなんておかしいですからね。それでも、ある程度能力値も高い優秀な人でも死を選ぶことがあります。

私はすでにうつ病から回復して完全に社会の「洗脳」かラ解放されています。

もし私だったら、会社で長時間労働をさせられて追い詰められたら、すぐに心療内科に行って診断書をもらって、数か月休職します。

その間に転職活動してさっさと労働条件のいい会社に転職しますね。

だいたい、従業員にそんな残業代も出さないで死ぬまで甥住めるような会社にまったく未練とか申し訳ないとかいう心情は1ミリもおこらないです。へどが出ます

ただ、長時間残業で睡眠不足になっているとこういう風に拷問と一緒の「洗脳」に陥るので、そういった冷静な判断ができなくて短絡的に死を選ぶこともあるのです。

そうなると「転職する」とか「辞める」という思考回路が無くなって自殺するわけです

「なんで自殺するくらいなら転職しないの?」

って言われますけど、長時間労働を強制されている当事者はこうやってあるいみ「洗脳」されて正常な判断力を完全に失っています。

なので「

死ぬくらいなら転職する「死ぬくらいなら止めたほうがイイ」

という普通の判断ができない状態なんですよ。だから、長時間残業って舐めてると悲惨なことになりますよ。

そういう会社がある自体が害悪だと思いますが、広告業界とかは優秀な人が集まっているのでしょう。

だから変に「プライド」が高い人は「世間体」とかを通常の人より大きく気にしてしまうんですよね。

あなたはどうですか?プライド高いですか?

プライドが高いのは、行動力が高かったり、仕事力が高かったりしますが、逆に「会社を辞めたら負けだ」とか意味の解らないことを考えがちです。いったい何に「負ける」のかはちょっとわかりませんけどね。世間に負けるんですかね。

いやホント、そういう長時間残業は精神的な「洗脳」になってしまうので、やっているはもし体の不調とかが

出ていたらガチで考えたほうがイイですよホントガチで。

単純に思考回路が奪われる前に転職しましょう そうでないと待っているのは「死」です


広告代理店で長時間労働で苦しんでいる人。もしあなたが死にたくないもしくは、うつ病で何年も社会から長期離脱したくないなら転職してください。

そうでないと、待っているのは周りの人が悲しむ姿ですよ。

優秀なあなたならそのあたりの判断は簡単なはずです。もしすでに思考回路がやられいて「洗脳」されているかもと思う場合はすぐに心療内科に行って診断書をもらって、休職してください。

その間に転職活動もできますし、身体も休めることができます。そこまでしてた働く必要って無いですよ。そう簡単に自分自身も、家族があったとしても路頭に迷くなんてことはありません。ぶっちゃけ体さえ動けば何とかなります。

そう、「体さえ動けば」です。

長時間残業を苦にしてしんでしまったりしたら、体が動くどころではないすよね。

あなたが今どれだけ深刻な状況にいるかというのは自分自身ではわかりにくいものです。とにかくしっかり自分の状況を一回確認してみてください。

転職エージェントで相談してみください きっと長時間労働で洗脳されない職場が見つかりますから

笑顔の女性

あなたが広告代理店の長時間残業にほとほとキツイとおもっているなら転職エージェントに相談してみましょう。

エージェントは転職のプロなので、今のあなた状況を聞いたうえで、どういった転職方法が良いか。どういった職業がイイかなどをアドバイスしてくれます。

そう、長時間労働って「洗脳」されるんですよ何度も言いますけど。そうするともう逃げ場が無いと勝手に勘違いして自分で自分を追い込んでいくことになります。

そこまで追い詰められる前に一度転職のプロに相談してみるのがおススメです。あなたと利害関係のない人に相談することはとても大事なことです。

上司なんかに相談してもダメですよ。利害関係がありすぎて本当に相談相手にはなりませんからね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!