適応障害やうつ病の現認がパワハラ上司ににあるならすぐに休職してその間に転職活動をしたほうがイイ理由

以前、私が勤めていた職場で工場現場なんですけど、適応障害になった知人Hさんがいました。Hさんは35歳で妻子アリのどちらかというと、のんびりとしたキャラの男性です。

もともとそんなに仕事がキツイといった会社じゃないんですけど、直属の上司がとんでもないパワハラ野郎だったんですね。そのパワハラ野郎ってのがドンでもなくてとにかく仕事を「邪魔」」する上に、Hさんみたいな絶対に反抗しないようなキャラの人間を選んでイジメまくるみたいなクソ野郎だったんですね。

Hさんはその上司の部署に異動になってから、その日からいじめの対象になりました。

まあ、仕事のやることなすことに文句を言われて、ただのイチャモンが毎日続きます。このイチャモンが無ければ普通に定時で終われるような仕事なんですけど、イチャモンというか仕事の順番とかやり方まで明らかに逆に時間がかかるような「いやがらせ」をうけるわけです。

こんなことしてどうなるの?とか思いますけど、その上司にとってはそういったイジメ的な行動が「生きがい」なんですね。

そういうイジメを生きがいにしている奴ってけっこういますからね。当然Hさんはだんだんと精神的に追い詰められていって、意味のない長時間労働をやらされつつ、毎日そのゴミ上司から罵声を浴びせられるわけですからね。

Hさんは会社を休むようになってそのまま適応障害ということで休職になりました。

わたしはうつ病をやったこともありますけど、この「適応障害」っての「うつ病」ってあんまり違いなないとおもうんですよ。

私もうつ病の時には、セカンドオピニオンには「適応障害」とか言われましたからね。医師によって見方も違いますし、そもそも心療内科の医師なんて設備もかからないしテキトーなことを言って薬出していればいいので、もうかりますからね。うつ病ブームですしね。

さて、適応障害になるのって結局、原因はうつ病とほとんど一緒です。長時間労働の激務とか上司からのパワハラとかですね。よく細かい原因とかを箇条書きにしてる記事とかいっぱい見ますけど、結局はブラック的な仕事とかブラック的な人間関係の2つに集約されます。

そんな環境にいればそりゃ精神的にに病みますよね。

Hさんは一年ほど休職していました。そのあとは閑職に回されて、出世もできずにずっと平社員でその会社で働いています。そう一度適応障害とかになった人はもう出世とかできないんですよね。それが明らかにパワハラ上司のせいだったとしても、そういった精神疾患になった人間をわざわざ出世させる企業とかはありません。

そう、もう一度精神疾患で適応障害とかうつ病になったら、その職場での未来はあまりないんですね。いやちょっと語弊がありますけど、適応障害とかで

休職してその職場に復帰しても、そこから係長、課長と昇格していくことはまずありません。ずっと平社員で定年までおとなしく仕事をしていくしか選択肢が無くなってしまいます。だから私は転職したんですけどね。

適応障害からうつ病になる可能性があるのでとにかく心療内科に行って診断書をもらって休職しましょう その間に転職すればいいんですよ。

Hさんの話ですけど、結局、適応障害からうつ病を併発して休職期間が1年かかってしまいました。その間に奥さんから離婚されそうになったりとさんざんな目にあったと言っています。離婚は何とか回避できたみたいで不幸中の幸いでしたね。

思うんですけど、こういった会社を休職した後にそんな目にあわされた会社にまた勤務しなければいけないって「屈辱」ですよね。

そんな目にあわされても、またその会社で働くって、プライドみたいなものはもう捨てなければいけません。もちろん、Hさんは家庭もあって子供も3人もいたので簡単に会社は辞めれなかったのは重々わかります。

ただ、独身とかで身が軽ければそんなパワハラ上司がいるような会社は、まず心療内科に行って診断書をもらってさっさと休職してしまいましょう。その休職してる間に転職活動すればいいんですよ。

仕事がきつくて、精神的にきつかったら心療内科に行って診断書をもらってきましょう。そうすれば簡単に会社を休職することが出います。会社ってこういった公的な機関が出した「書類」にはめっぽう弱いです。傷病手当金ももらえるので、休職しながら転職活動をするのが一番頭のイイ行動方法です。

そんなパワハラ上司がいる職場とかにまた復職するのも屈辱というかね・・・・生活のためならしょうがない面もありますけど、私はイヤでしたからね。

ちなみに私は地銀ん時代にパラハラと激務でうつ病になって休職しました。そして転職活動をして転職しました。もう地銀の仕事はコリゴリでしたしパワハラとかそういった次元に低いことをやってくる上司が多い職場ってのもほんとウンザリしていましたしね。

適応障害とかうつ病になるってそうとうですからね。そこまで追い込まれなきゃいけないの?なんで?って思いませんか?

どうして、仕事って適度な量でやることってできないんですかね・・・・それはただ経営者が貪欲というか自分の事しか考えていないからですよね。

あとは、それを押さえる法律・・・・特に労働基準法とかが機能していないからです。サービス残業とか規制が厳しくなったと言っても現状いくらでもまだまだやってますからねサービス残業。

あと一番厄介なのは、上司とかの命令は絶対とかいうふうい、「教育」されてるのがまずいです。

「目上の人の言うことは聞きましょう」

「我慢することはかっこいいことですよ」

「我慢して死んでもそれはそれでかっこいい」

みたいにあ洗脳教育されてきますからね。だからこういったパワハラ上司が調子に乗るんですよ。仕事の辛みが無ければ当然無視するような人間ですからね。仕事があるからしかたなく絡んでやってるのに、部下が何も口答えしないから調子に乗るんですね。

こういった輩に限って、部下に反抗されたりして腹パンとかされたら、地面にうずくまって「ごめんなさい」とかいって泣いて謝るに決まってます。

なんか、暴言吐かれたら一発殴ってもいいんじゃないかとは思いますけどね。捕まるのでやらないですけど、なんか面白くない世の中になってきました。

世の中が規制されれば規制されるほど、こういったパワハラ上司とかが調子に乗りますからね。だからこれからこういった長時間労働とかパワハラとかが無くなることはあり得ませんし、だんだんとまだまだ増えてくるんじゃないかと思ます。

そう、だからこそ自分の身は自分で守るしかないんですよ。だからそんなパワハラ上司がいるような会社は見切りつけたほうがイイと思いますけどね。

いい機会になるんじゃないでしょうか?

あと、パワハラ上司はどこにでもいます 自分のみは自分で守りましょう

後パワハラ上司ってのはどこにでも湧いてきますからね。私の体感だと5年に一回くらいはパワハラ上司と遭遇します。

あなたが役員とか社長になるまでは、ずっと「上司」というものはそんざいするので、99%のサラリーマンは定年退職するまでは上司がいることになります。

そして、だいたい5年に一回くらいはこういった「ゴミなパワハラ上司」に遭遇します。いっぱいいますからねこういった上司ってね。

だから、パワハラ上司に遭遇してラ心療内科とかつかってサクッと休職してしまうほうがイイですよ。

それで上司を異動させたかったら、ボイスレコーダーとかつかって証拠をとって労働基準監督署か弁護士に相談すれば高確率でパワハラ上司を異動させることができます。

参考記事

上司からいじめがあって退職したい、辞めたい・・・と思う前に自分で対処してみましょう。といっても会社に相談しても全く状況は変わらないというのは経験済みなので、労働基準監督署に訴えるか心療内科とかで診断書もらって休職するか、転職するのが現実的な方法です。会社とかに相談しても時間の無駄なので現実を見て対処してくださいね。

適応障害とかうつ病とかって人生でただの「無駄な時間」ですからね。だって社会復帰するのに1年くらいかかりましたからね私。1年すよ。

そうなる前に自分の身は時分で守るための行動をクールに行ってくださいね。まちがっても「私が我慢すればいいんだ、まじめにやればきっとわかってくれる」

とかおもって仕事をまじめにやって、パワハラ上司の餌食になるってのだけはやめてくださいね。

パワハラ上司の腹の中は

「こいつなんにも反抗しないからもっとイジメちゃえwwwww」

っておもってますすからね。忘れないで下さいね。

そういう適応障害やうつ病といった精神障害になる前に転職したほうがイイですよ本当に

そういう適応障害とかうつ病になるって、ほんと相当な激務とかじゃないとならないですからね、あとは圧倒的はパワハラとか・・・・

そん名の我慢する必要ってないです。体壊したらそれで人生が傾くケースも多々ありますからね。フツーに転職したほうが前向きです。

ただ、転職と言ってもハローワークとか、ちまたにある求人誌とかにはブラック企業がてんこもりですからね。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからなんですね。ブラック企業の奴隷を補充する場所になっています。

転職エージェントは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動について的確なアドバイスをしてくれます。

転職ってやる前は不安ですし、ネット情報とかでもむつかしいとかあおられてますからね。

しかし、転職は優良な求人を紹介ししてもらって、アドバイスをもらったりして、履歴書く作って面接対策をすれば普通に内定は取れます。

準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですよ。

一度優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみれば、ブラック企業以外の求人があるとのがわかりますし、職業選択の材料にもなるのでおススメですよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!