40代未経験で薬剤師に転職する方法 ブラック職場を避けて絞って活動するのがキモです

40代の薬剤師で未経験というとそれなりに理由があるのでしょう。

薬剤師の資格を取ったけどすぐに結婚してそのまま家庭に入ってしまった。

薬剤師として企業に就職したけどほとんど薬剤師の資格とは関係ない仕事をしてきた。

などなど理由はそれぞれあります。

ただ、40代で未経験の薬剤師が就職となると厳しいのはしょうがないです。そこで就職するには就職先を考えて就職しやすい場所を選んで就職活動をする必要があります。

さすがに20代なら就職先はありますが、40代で未経験の場合は計画的に就職先を絞って就活をしていく必要があります。そうしないと無駄な時間がかかって効率が悪くなってしまいますしね。

40代で未経験の薬剤師でもきちんと戦略をもって就職活動をすれば光は見えてきます。

ここでは未経験の薬剤師が就職しやすい職場とその傾向についてご紹介します。

結論から言うとドラッグストアが40代未経験での就職に適しています

最初に結論から言うと、40代で未経験の薬剤師が就職するにはドラッグストアの一択になりそうです。

ドラッグストアは人手不足な業界でドラッグストアの薬剤師も不足しているからです。

仕事自体も薬剤師の仕事もありすし、店によってはレジ打ちやお客さん対応などの雑用もありあす。

よく薬剤師っぽい人がドラッグストアのレジを打っているのも見たことありませんか?

そういった雑用もあり40代未経験でも薬剤師としての求人がドラッグストアならあります。

ドラッグストアはよく配置換えとかやりますよね。そのたびに薬の配置が換わったりするので、一から薬の場所を覚えたりベテラン薬剤師と未経験の薬剤師でも仕事のガンバリで差が埋まりやすいというのがあります。

また、単体の調剤薬局に幾より、ドラッグストアで買い物しながら、薬をもらって行こうっていう人が増えてきてるんですよね。

薬はぶっちゃけどこでもらっても同じですから、ドラッグストアで併設の薬局でサクッと薬をもらうのがもう一般的になってきています。

もちろん、ドラッグストアでも薬剤師の時給は高いのでそのあたりは問題ありません。

ただ、ドラッグストアは雑務もあるので、40代だと体力的にしんどいかもしれません。

とはいえどんな仕事でも40代になれば体力的にきつい場面も出てきます。そこは割り切って仕事をしていく必要があります。

そうはいっても、普通に40代のあなたがバイトとかで働くよりは全然仕事も楽なはずなので、そのあたりは安心ともいえますよ。薬剤師の特権ですよね。

企業はもっとも40代の未経験者の薬剤師には厳しい就職先です

40代未経験の薬剤師が普通の企業に薬剤師として入社するのはかなりむつかしいです。

なぜなら同じ未経験の薬剤師なら新卒の薬剤師を採用するからです。いたって単純な理由です。企業に未経験で就職するなら薬剤師に限らずそうとうなコネクションが必要です。

親族や親戚が役員をやっている会社。友人が役員や人事部長などをやっている会社。

そういったケースなら就職はできるでしょう。ただ、未経験で企業に入っても、自分より若い上司がいたりすでに経験豊富で自分より若い薬剤師に仕事を教えてもらうことになります。

そうとう人間ができた人でないとストレスもたまりますし、なにより企業は人材に厳しいです。

使えない人間だと思ったら即、窓際に送られることになります。ましてや40代になって一から企業の仕事や人間関係を構築していくと思うとかなり心身共に消耗します。

40代未経験で企業に入りたいならばコネクションを生かして就職ということになります。そこは社会のリアルでありどうしても企業にこだわるならそこを開拓していく必要があります。

とまあつらつらと書いてきましたが、40代で未経験での薬剤師の企業就職はむつかしいということです。私ならドラッグストアかコネのある薬局とかに努めます。いまから会社で人間関係のストレスとかあるのはめんどくさいですからね(;^ω^)

調剤薬局は未経験でも場合によっては就職可能ということもありあます


調剤薬局は40代未経験でも就職が無理というわけではありません。ここも地域や病院の忙しさによっては人手不足のケースがあります。

人手不足のところは未経験の薬剤師でも採用するケースが多いです。

ただ、40代で就職すると当然ですが周りは経験者であろうが未経験であろうが仕事はできて当たり前といった空気でみられます。

若ければ多少のミスもごまかせるかもしれませんが40代くらいで仕事ができない、未経験だから仕事がスムーズにできないという言い訳は通用しません。

逆の立場ならわかると思います。40代の人が職場に入ってきてしかも仕事ができなかったら・・・そりゃ厳しい状況ですよね。

調剤薬局は小さい組織なので一人一人の影響がモロにでます。未経験で薬剤師になると最初は大変ですが、40代といっても謙虚な気持ちで仕事を教えてもらうという態度がとても大切になってきます。とにかく年下の薬剤師とかに仕事を教えもらうことになるので、無駄なプライドがある人はどこにいっても仕事が続きません。

きびしいことを言うようですが、やっぱり薬剤師の資格も持っているといっても謙虚な気持ちで教えてもらうっていうのはめちゃくちゃ大事です。それさえできれば、どこに行っても未経験でも就職でもなんとかなりますよ。

病院への就職は難しいができないことは無い ただ長時間労働もあるので40代には体力的にきついかも

病院への就職は40代未経験の薬剤師でも可能です。調剤薬局とそれほど差はありません。

ただ、病院薬局は調剤薬局よりも人間関係が複雑で医師や看護師との連携が必要です。

こういった連携が必要な職場では、40代という今までの社会経験を生かした行動生きてくるケースもあります。

また、大きな病院で最新医療を取り入れている病院は勉強をする必要があり、40代でも勉強をし続けるということになります。年齢を考えてユックリ仕事をしたいというスタンスではなかなか務まらない職場と言えます。

病院では忙しい時期は長時間労働もあり普通の企業と変わらない側面もあるのでそういうことも考慮したほうが良いでしょう。

病院薬剤師は仕事がきつい反面、こういう「人の役に立つ」という仕事です。薬剤師の仕事は人の健康に直結する仕事なので、特に病院薬剤師はやりがいはあります。

ライフワークとして薬剤師をやっていきたいなら病院薬剤師をやるのはおススメでもあります。

どちらにしても転職支援サービスの利用は必須になります 一人で40代未経験の求人を探すのはむつかしいです

40代の未経験の薬剤師の就職のしやすさは

ドラッグストア>調剤薬局≧病院薬局>企業薬剤師

という風になります。これはあくまでも一般的な目安なので、それぞれ置かれた状況を考えて就職活動をしていきしょう。

ただ、どんな状況でも40代未経験の薬剤師が一人で就職活動をするのは効率が悪いです。

求人を調べたり、履歴書を書いたり面接対策をしたりを一人でやるのは手間がかかります。

そういうケースでは「薬剤師の転職支援サービス」を利用することをおススメします。

転職支援サービスでは転職のプロであるアドバイザーがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

「薬剤師転職支援サービス」は転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがあなたと面談をしてすぐれた薬剤師求人を紹介してくれます。

登録から利用はすべて無料になっています。これは求人を希望している企業側が転職支援サービスに報酬を支払っているので、あなたは無料で利用できるわけです。

薬剤師転職支援サービスは、あなたに履歴書の書き方や面接のやりかたをしっかりとサポートしてくれます。

良い求人情報があっても面接がうまくいかないと難しいですからね。そういう細かなところまで配慮してくれるのが転職支援サービスです。

一人で薬剤師の求人情報を探すより、格段に効率よく転職活動をすることができます。

また、北海道から沖縄までの求人情報を網羅しているので、勤務地の相談もでき、あなたのライフスタイルにあった転職を可能にしています。

薬剤師は安定した求人があるので、あなたのニーズにあった求人は見つけやすいです。転職支援サービスを利用してスマートに薬剤師の転職活動を行いましょう。

優良な薬剤師の転職支援サービスは下記のとおりです。支援サービスは登録・利用とも無料です。

 

1.ファルマスタッフ

2.薬キャリ

3.ヤクジョ

 

「ファルマスタッフ」は東証一部情報の「日本調剤グループ」が運営する転職支援サイトです。

職場へ足を運び求人情報を収集し、面接同行サービスを実施してキメの細かいアドバイスで定評があります。

薬剤師専任コンサルタントが80名在中し、あなたの希望に合った薬剤師求人の提供・面接指導を行ってくれます。

登録は公式ページの緑色のボタンの「まずは会員登録(無料)」をクリックして名前・とアドレス、生年月日・住所と携帯番号と必要事項入力入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

ファルマスタッフの公式ページを見てみる(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

「ファルマスタッフ」だけでは求人の幅が足りない。担当者との相性が合わない・・・と言った場合は「薬キャリ」や「ヤクジョ」を選択しましょう。

「薬キャリ」も「ヤクジョ」も大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質とも「保育ひろば」に引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

「薬キャリ」の公式ページを見てみる
↓ ↓

 

「ヤクジョ」の公式ページを見てみる

↓ ↓

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!