40代で正社員に転職を成功させる方法 今までの資産と現実のバランスを見ながら活動しよう

しかめつらする上司

40代の転職は普通に「むつかしい」というイメージがあります。これは単純に年齢が高い人は企業が募集しないからですね。

40代で転職を成功させる人は、戦略をもって行動するのもありますが、自分の現状を理解して、現実を把握しながら人間関係を使った転職活動を展開していくというのがポイントになります。

そう40代になると、普通に求人誌やハローワークの求人を見人ならわかりますが、求人自体もかなり少ないですし、ある程度のキャリアを求める求人か、完全に底辺の求人かに二極化しています。

40代でそれなりのキャリアやスキルがある人はいいのですが、普通に会社勤めをしている人でそこまでハイキャリアの人ばかりではないんですよね。

だから、40代の転職は難しいですし、今更底辺の仕事に就くのも厳しいのですしね。結論を言うと求人誌やハロワを使っても40代の転職はまともに行動することができません。求人誌やハロワを使うと悲惨な待遇で低賃金で働く40代が激増するという悲劇になってしまうわけです。

もう一度言いますけど、40代での転職は求人誌なんかを普通に使っても、まともに就職できる時代ではなくなっています。

でもこれはすでに転職活動をしている人なら現実を実感しているでしょう。それだけ日本の会社って「年齢の壁」って大きいわけです。

ただ、40代の転職はむつかしいですけど、40代だからできる転職方法があります。年齢を重ねていることで若さは失っていますがそれ以外に人生で得ているものも多いわけです。

ここでは40代で転職をする場合の大切なポイントをご紹介しています。

40代やいい意味でも悪い意味でも現実を見て転職の行動をするのが大事

40代での転職は自分の「市場価値」を把握して活動する必要があります。

今までやってきた仕事を生かした業界を当たってみる。同業界でなくても自分のスキルが生かせる業界を探していくという行動が必要になってきます。

得てして40代ではいままで仕事をしてきたプライドもあるので、自分を過大評価しがちです。これはいろんな場面でさんざん言われているでしょうから今更長く書くつもりはないですけど、自分の中の自分の評価の50%くらいで見積もるのがちょうどいいです。

そうすれば、自分をある意味「謙虚」に見つめることができますし、自分を必要としている業界・仕事を選ぶのにもスムーズに行くはずです。

転職は恋愛と似ていて、相思相愛にならないと採用されません。40代が20代の若い娘とかをゲットしようとするのは無理がありますよね?

実際に若い娘をゲットしているのは、経済力がありそこそこの地位があったりする男性です。

転職もそれに似ています。自分のことを客観視できないと40代での転職ではまずうまくいきません。

とても大事なことなので、あえて書きましたけど「自分に自信を持つな」と言っているわけではありません。

自分のことを徹底的に冷静に見つめて、自分が必要とされるであろう業界・仕事を考え抜くという事前準備が大事になってきます。

40代で転職が成功するには自分の考えをブレないようにする

40代での転職は二極化であると言われています。

ある程度スキルを持った人がキャリアアップをするために転職をするパターン、もう一つは働き方を変えたいと思い転職をするパターンです。

キャリアアップの転職では自分のスキルを活かした仕事を徹底的に探して、給料が上がるのが目的でしょう。

そのため失敗しないためには、今の会社に勤めながら転職活動をすべきです。そして、今の会社よりもスキルアップや待遇が望める会社から内定が出れば転職すればいいですし、そうでない場合は今の会社にとどまるべきです。

目的がキャリアアップなのですから、それができないなら転職しても意味が無いからです。そういった自分の考えと行動をリンクさせて絶対にブレないようにすべきです。

もう一つの、「働き方を変えたい」というなら、今の会社での労働環境がきつかったり人間関係がきつかったりするのが理由で仕事を変えたいというケースがほとんどでしょう。その場合は「仕事量が減って人間関係が良い会社」を重視すべきで給料が良くなったりキャリアをアップさせるという要素を求めることはナンセンスです。

何が言いたいたいかおというと「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということになりかねないのが40代での転職です。

特に年齢的に厳しい環境で、自分の求めるものが多すぎたり、考えがブレていると40代での転職は成功しません。

そうです、「自分の転職の目的をもう一度はっきりして、これだけは譲れない」という部分を明確死すべきです。

そしてそれがブレることが無いように転職活動をするのが40代での転職の大事なポイントです。

人間関係を使った転職活動を取り入れるのも大事

40代くらいになると、これまで生きてきた人間関係というのも深くなってきます。

40代の転職活動は求人誌を見て活動をいうよりも、人間関係をたどっていくというのも大きなポイントです。

いわゆるコネクション(縁故)が40代では大きくモノを言います。

40代くらいになると今まで親しくしていた友人知人がそれ社会的にそれ相応のポジションについていることも少なくありません。

シンプルにこういった人間関係のある友人知人に転職したいということを打診してみると、意外とイイ求人案件があったりあします。

しかも、知り合いなのであなたの素性も相手は知っているわけですから、会社に推薦してもらうこともそれほど難しくはありません。

40代は人生の半分を生きてきたことになります。30代までの転職は求人を見つけてひたすら応募するというスタイルでもやっていけますが、40代からの転職活動は今までの人生での人間関係を総動員してやっていくのが大事です。

私の知人も40代で転職をしましたが、知り合いの会計事務所の先生が求人をかけていたので、そこの事務職員になったりしました。簿記2級を持っていたのですんなり決まりました。

他にも私の友人で建設現場の監督をしている人がいたのですが、給料と待遇があまり良くなく転職先を探していたところ、同じスポーツジムに通っている知人が建設会社の役員で、現場監督を探していたんですね。友人はその建設会社に入り給料と待遇もかなりアップしていました。

40代になると人間関係をうまく活用した転職も視野に入れるのがより有利に転職活動をしていくカギになります。

この3つのポイントを押さえながら転職エージェントからの情報を得るのが最も効率が良いです

この3つのポイントを押さえながら、転職エージェントから転職情報を得ていくというのが効率のイイ行動方法です。

転職エージェントは求人誌には乗らない非公開求人が多く出回ることの少ない40代の求人も豊富に扱っているためです。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

ブラック企業はもう終わりにしませんか?
ブラック企業に関わらない人生には転職エージェントが必要です。ブラック企業の無い人生を選択しませんか?
転職エージェントの詳細ページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加