34歳で正社員に転職する時の判断方法と会社の将来性を見通すことの大事さ

分岐点

34歳くらいでだと正直、正社員に添書する場合には、20代よりもむつかしくなりますし、転職すれば給料が下がる場合がほとんどです。

例外は外資系企業でキャリアのある人が転職するくらいで、普通に転職できてもたいてい給料は下がりますしね。転職をしたことが無い人や転職に詳しくない人でもこういった状況は簡単にイメージできると思います。

でも、やっぱり転職したいってなるんですよね。それが34歳でも24歳でも転職したいという気持ちは出てきます。個人的には転職しちゃっていいと思いますよ。

一度きりの人生ですし、自分が思ったら行動に移すってことは大事なことです。

ただ、やみくもに転職しても失敗しますからね。もしあたなが、結婚していて子供もいてしかも住宅ローンを抱えているんだったら、転職して給料が下がるっていうことは、生活がいっぱいいっぱいになるのは間違いありません。そういう場合だったら、もし自分を納得されられる状況だったら転職しないほうがイイのかもしれません。

逆に、ブラック企業で毎日長時間労働でこのままこの会社に勤めていたら確実に過労死で死ねるという場合は、34歳だろうた40歳だろうが転職したほうがイイとも思います。まず体を壊したらおしまいですからね。

そう、自分で今の状況を冷静に観察してみて

「なんとなく転職したいという気持ちとか、転職したら今より状況が良くなるかもしれないなあ・・・・」

とかユルイ考えだったら転職しないほうがいいです。

具体的には

完全に出世の目が無いから他にいい会社が無いか

今の仕事に向いてないから転職したい

なんとなく仕事がイヤだから辞めたい

「もうこの会社ではやっていけない。ブラック企業すぎてあと2年勤めていたら確実に過労死するかうつ病で自殺していまう」っていいう状況だったら34歳でも転職したほうがイイと言うことです。

具体的には

ブラック企業で長時間労働でこき使われてうつ病か過労死え死ぬかもしれない

会社が倒産しそうでもう先が見えている

もう死んでもこの会社での仕事はイヤだ、どんな逆境になっても次の職場でがんばりたい

わかりやすいですよね。

もちろん34歳でもキャリアがあって戦略的に転職活動ができる、もしくは、一からやり直すつもりで給料が下がってもイイ、自分の力を試したいという場合でかつ、独身とかだったら転職して問題ないです。そう、何が言いたいかと言うと

「34歳での転職はたしかに年齢的にむつかしいから、テキトーな理由とか戦略で添書しないほうがイイよ」

と言うことだけです。

でも、普通に34歳でも転職している人はいくらでもいます 私の会社にも34歳で入ってくる人いますよ

私も転職して中途で中堅のメーカー製造業に入りましたけど、その会社にいると34歳くらいで転職してくるひとがたくさんいます。

私の会社はちょこちょこと中途採用をして、現場の作業員、技術者、生産管理、品質管理といった部署に新しい人材を入れていきます。これって特に今の30代40代の人材が足りないからなんですね。いわゆる「就職氷河期」と言う時代を経験しているので、その時代に採用を抑えていたんですね。

だからそのくらいの年代が足りないので、求人を出して少しずつ補充しています。

そうすると34歳で異業種から転職してくる人は多いです。

住宅営業・電気工事士・地方銀行・NC旋盤工・自動車ディーラーの営業・土木作業員・公務員・会計士事務所・鉄工所・板金工場

こういった様々な業界から私の会社に転職してきました。これっていわゆる全部、「異業種から未経験」での転職です。

34歳くらいならまだ異業種で未経験でも採用してくれるものです。もっとも、今まで職歴がある程度しっかりしていないで、ずっとニートや無職だったら採用されないですけど、普通に働いていて職歴がしっかりしていれば普通に採用されていました。

住宅営業だった人はグループリーダーをやっていますし、電気工事士だった人は技術グループの電気担当者をやっています。NC旋盤工は工場現場で重宝されていますし、土木作業員は現場で力仕事をやってくれるのでこれも重宝されていいます。会計事務所の人は、事務所で経理や予算作成の仕事をしていますしね。板金工場出身の人は、技術グループでちょっとした工具や冶具の加工をやっています。

自分の強みを生かせる会社というのもありますけど、適材適所に人を配置しています。34歳でも異業種転職は普通にやっていけてるので、そこまで不可能とは思わないですね。

ベンチャー企業に34歳で就職してのちに成功した人もいます まずは転職してみるという行動も大事ですね

34歳で転職すれば、キャリア転職でなければたいてい、年収が下がることが多いです。

ただ、そういった年収が下がるということだけで、「年収が下がるなら転職しても意味がない」と思うなら転職しないほうがイイでしょう。

逆に転職してうまくいく人って

「年収が下がってもイイから転職して自分のやりたい仕事、自分のスキルを活かせる仕事を思う存分やっていきたい」

と思っている人が結局成功するケースが多いです。

私の知人のNさんは34歳でIT業界でSEをやっていたんですけど、仕事自体がルーティンワークばかりで、自分の意志入れがまったくできない会社の仕事に不満を持っていました。でも給料自体は年収700万円ほどもらっており生活は安定していたんですね。

でも、どうしてもこのルーティンワークがイヤで、あらたに中小企業ではありますが、これから伸びていくであろう会社に転職しました。その時年収は500万以下になった粗相です。200万円以上年収が下がってしまったんですね。

でも、Nさんはその会社でバリバリとSEの仕事ををこなし、自分の意見をとりいれつつ新しい仕事も次々にこなしていきました。

その会社は成長を続けて5年後にはNさんの年収は1000万を超えたそうです。会社が成長していくと比例して年収も上がってきたそうです。

そう、34歳の転職に大事なのは「会社の成長性をみる目」なんですね。

一見すると大企業とかは待遇もイイですし杏手しているように見えます。しかし、大きな企業はすでに会社が衰退期になっていることが多く成長してく可能性は少ないんですね。そのうえ転職活動で大きな会社に入るということは睦可イイですし、あまり転職で大企業に入るメリットをあまり感じません。

特に自分のスキルを活かしていきたい転職なら、あえて自分がのびのびと仕事ができる環境を選ぶべきです。

ずっと仕事をしていて社長と一回も話したことが無いくらいの大きな組織では、仕事での自分の考えなどまったく聞き入れてくれることはありません。組織が大ければ当然ですよね。

転職の醍醐味って「どれだけ成長過程にある会社を見つけられるか」っていうのが大事だと思います。34歳になって転職したいというなら人生へのチャレンジ精神がなければうまくいかないですし、逆にそれがあることで大きく人生をステップアップすることができるはずです。

34歳で転職するのが不安た、正社員になれるかどうか不安だ・・・と言う場合には

34歳で転職をしたいけどやっぱり不安がある・・・34歳では正社員になれるかどうか不安だ・・・・と言う場合には一度優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイと思います。優良な求人を見てみると、実際にいい会社があるという確認になりますし、これからやっていきたい仕事の判断材料にもなりますしね。なにより転職への不安が和らいてきます。

ただ、ハローワークとか普通に出ている求人誌ではブラック企業がたくさん掲載されています。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからんなんですね。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているのでブラック企業ってほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントから転職活動に的確なアドバイスを受けることができます。

たしかに転職するって34歳をいうう年齢もありますしかなり不安です。私も転職したのは32歳の時だったのでかなり不安でした。

しかし、転職って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらいなが履歴書を作って面接対策をすれば内定を普通にとることができます。

準備と対策をすれば内定は取れるもんなんですよね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!