33歳で未経験の業界への転職は可能な理由と転職のマインドと行動方法

成功

私のいた会社では33歳くらいで未経験の人がいくらでも中途で入ってきました。私も32歳で未経験で入りましたしね。製造業のメーカーです。割とホワイトな会社でした。

「いや、そんなのたまたまだろう」とかあなたは思うかもしれませんけど、大企業とか、有名企業でなければ33歳くらいならまだ未経験での募集ってけっこうあります。

といっても35歳くらいまでですけどね転職で未経験に業界は入れるのは。というか「まともな会社」と言う条件が付くと35歳くらいまでということです。

さすがに35歳を超えると(36歳以上)なかなかむつかしいというのが現実です。これって私が転職活動をして死ぬほど求人をたくさん見たときの体感なので、間違ってはいないと思います。

そう、まず安心させるわけじゃあないですけど、33歳ならまだまだ未経験で「まともな会社」に入ることはできますよ。まともな会社っていうのは、平たく言うと

「ブラック企業じゃない会社」ということです。

33歳で転職をしたいってことはていてい、2つの種類があります。

「キャリアアップや給料を上げたいというケース」

「今務めている会社がブラック企業すぎて限界だから転職したい、もしくは会社がつぶれそうだから転職したいと言ったケース」

のこの2パターンです。

正直、キャリアアップとかの転職のケースではこのページを見ていないと思うので、ほぼ後者の「ブラック企業だから転職したい・・・・」というのが本音でしょう。

そう、それでいいんですよ。ブラック企業なんかにいてもどのみち、体を壊して辞めることになるので33歳なら、未経験の業界に転職できるギリギリの年齢ですしね。

行動しておかないと30代後半40代とそれころ本当に身動きが取れなくなってきます。今なら未経験の業界に転職することはそこまで難しくないです。

未経験の転職先といってもいままでのスキルが生きるところはいくらでもあります

まず、未経験での転職と言っても33歳のあなたは、今まで働いてきたスキルがあります。ずっと無職だったら33歳でも就職自体が難しいですけど33歳まで働いてきて、しかもそれがブラック企業だったりしたらかなりスキルはあります。潰しが効かない仕事だっとしてもかなりの「社会人としてのスキル」はイヤでも学んでいますからね。

逆に、仕事がユルい会社の人はスキルってそんなに上がってないんですよ。意外ですけど。まあ、仕事がユルい会社の人は転職しようなんて思わないからほとんど表に出ることはないですけどね。

そう、ブラック企業とか仕事が激務の会社にいた人って、想像以上に「仕事を解決していく能力」が高まっています。理不尽な仕事でもやり切っていかないといけませんからね。その力がいやでも高まっているんですよ。

結局、仕事って、特殊なスキルと必要かと思わいますけど、弁護士とか会計士とか医療関係とかプログラマーとかそのくらいのレベルの仕事でなければ、未経験でも半年もあればたいてい習得できるんすよね。

だって、同じ会社でも部署が異動になって現場から経理課や総務課とか、生産管理とかに行った新人だって半年もすれば仕事ができるようになります。

そんな新人よりも33歳で激務をやってきた人なら、たいていの仕事なんて半年もすればできるようになります。

そう、会社もそのあたりはわかってるんですね。先ほどいった弁護士とかそういったレベルの仕事でないえれば、未経験でも経験者でもそんなに違いはありません。

それに仕事って使ってみないとわからないですからね。経験者として雇ったけれど全然仕事できない奴って私も会社でいくらでも見てきました。

「こいつ経験あるっていうからこの仕事やらせてみたけど、これって詐欺じゃねえのか?」

っていう人いくらでも言いましたからね。逆に未経験者でも2~3か月くらいでサクッと仕事を覚えて要領よくやってる人もたくさんいます。

たとえば人事が未経験の人でも、いままでカウンセリングの仕事をしていた人なら人事部カウンセリング対応の仕事もできますし、いまどきうつ病になる人も多いですからそういった人事でのメンタルヘルスの仕事とかもできるわけです。

また、コールセンターの仕事してたとしても、会社に入れば電話応対はばっちりですし、受付業務とか取引先への対応も丁寧にできるでしょう。

けっこういますよ。ろくに電話の対応もできない人とか取引先に対して丁寧な言葉使いができない人とか・・・これ、社会人経験あるの?っていう人が私の会社でも働いていました。いままで働いてきた人なら33歳までの仕事のスキルはありますし、しかもそれがブラックな会社とかだったら、自分で思っている以上に

「仕事をこなしていくスキル・理不尽な対応をこなしていくスキル」

とかが身についています。

ユルイ仕事とかしてるとこれが身についていないので、ホント使えないですからね。そんな人たち一気にごぼう抜きできますよ。

実際、私のいた会社でも中途で入った人で、特にいままで激務だった人が出世しています。

住宅営業(ブラックな仕事)→中途で入って4年ほとでグループリーダーから係長になった

同じく住宅営業→中途で入って現場からグループリーダー→係長→いまでは課長をやっています。ここまでわずか5年くらい

ブラック地銀→現場→総務課→総務の係長 ここまで6年くらい

ブラックな飲食店見→中途で入って生産管理の係→生産管理のリーダーから係長になった ここまで4年くらい

と未経験で入ってこんな感じです。逆に普通に新卒で入ってユルいかんじで働いてるとずっと現場のままという人がほとんどです。

まず、未経験の仕事でも普通にやっていけるというのがほとんどです。そこは大丈夫ですけど問題は

「ブラック企業でないまともな会社の未経験で転職の求人をどうやって探すか」

と言うことだけなんですね。

33歳での未経験での転職は市場調査(求人紹介)を継続して地道に行うのが最重要のポイント 

33歳での未経験での転職の求人、それもブラック企業でない会社の求人を探すのはそれなりに労力がかかります。

逆に言うと、そういった求人を見つけるほうが面接で内定を取るよりもある意味難しいかもしれません。

そう、そういった求人を見つけるには

「継続して毎日地道に求人を探していく」

これしかないです。私は転職を決めてから毎日、新聞の折り込みや知人からイイ求人はないか?と聞いたり、転職エージェントに登録してとにかく自分の希望条件のハードルを高くしないで求人を紹介してもらっていました。

たくさん求人をチェックしてくると、イヤでも大体わかってくるんですよね。

「これってブラック企業だよな・・・」

「この会社は大丈夫そうだ・・・」

とかそういうのもわかってきます。ブラック企業の見分け方は今時はいくらでも情報がありますからね。

ブラック企業を見分けることができれば間違って入社することも無いですし、間違って入っても次の会社でブラック企業を選ぶ確率が減ります。ブラック企業はっ求人票や面接などでわかりやすい特徴があるのでその特徴を抑えて就活をしていきましょう。ブラック企業に絶対捕まっていはいけません。

そう、求人をとにかく情報収集するわけです。その中でも求人を見ていると、50くらいの求人で1~2個くらいは未経験で33歳でもOKで、まともそうな会社っていうのがあります。

そこを中心に面接を受けていきました。

私はだいたい8社くらい受けて、内定を2つもらいました。8社は未経験の会社です。私は地銀に勤めていましたし、金融系の仕事がいやで会社を辞めたので当然ですけど、異業種未経験の転職だったわけです。32歳の時ですね。

それでも体感的にはけっこう未経験OKの会社で「ブラック企業じゃない」と言った会社がありました。もちろん、求人では世下げだったけど面接を受けたら「これってブラック企業っぽいな・・・」ってところはありましたけどね。そういったのは面接の横柄な態度とか、ちょっと雰囲気が殺伐としている、従業員の目が死んでいるっていう雰囲気でわかりますしね。

よく、30代になると未経験の転職は無理とかいってますけど、実際やってみて全然そんなことはなかったです。

ただ、給料は正直若干減りました。給料が減るのは覚悟しておいたほうがイイですえ。でも、未経験の業界で、ブラック企業じゃない会社に就職できるだけでも世界が変わりましたよ。

だって、まだ太陽が出ている時間に帰ることができたり、残業代がついたり休日出勤とかに休出手当がついたりするのが本当にびっくりと言うか衝撃でしたからね。

今考えると残業代がつくには法律的に「当たり前」なんですけどね。そう、普通に大企業とかでも違法行為をしているわけです。

そういう会社とかに思い入れとか、辞めたら申し訳ないとかいう感情って全くなくなりましたしね。とにかく33歳で未経験での転職を有利にするには「求人をとにかく紹介してもらったり自分で見てみて、ブラック企業じゃない求人をピックアップして面接を受ける」

地味ですけどこれが一番早いですし、確実です。

ありがちな言葉ですけど、「視野を広く」していくと求人は未経験での求人はけっこうあります。焦らずとにかく求人を当たっていきましょう。

「慢心」「固執」「プライド」を捨てるのが33歳での転職でのマインドです

33歳での転職って割と「仕事をしてきた」といったプライドがありますよね。私も地銀の激務をやってきたのでそれなりのプライド的なのがありました。

でも、やっぱり転職活動をすると、それってただの「邪魔なもの」になってしまうんですね。正直、まだ何とかなるだろうといった「慢心」とかもありましたしこういった仕事に就きたいとかいう「固執」もありました。

これって自信とかは必要だと思いますけど、それが変なプライドとかにつながっていました。33歳って正直転職の市場価値ってそんなに高くないんですね。転職の市場価値は20代のほうが正直上です。

だから、ぎゃくに謙虚な気持ちで転職活動をするのがイイんですよね。特に未経験の業界に転職するなら直されです。

転職活動の途中でそれに気づいた私は、上述のとにかく求人を紹介してもらったり知人から求人情報はないかとか聞いたりして、未経験での求人情報を集めて回ったんですね。これが結果的に功を奏したわけですけど、プライド邪魔していた時にはあまり行動していなかったです。

33歳で未経験での転職活動をするときにには、自分の市場価値はそんなに高くないということを知りながら、淡々と行動していくのが良いと思います。

33歳での転職がやっぱり不安だ・・・・もしブラック企業に捕まったらキツイ・・・と言う不安がある場合には

33で未経験の業界への転職はやっぱり不安だ・・・ブラック企業に捕まったらキツイよな・・・と言う不安がどうしてもある場合に、一度優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイと思います。優良な求人を見てみれば、いい会社があるという確認にもなりますし自分がやってみたい仕事の判断材料にもなります。なにより転職への不安も和らいできますしね。

ただ、ハローワークとか普通に駅とかコンビニにある求人誌ではブラック企業がいっぱい掲載されています。これはハロワとかが掲載企業を審査していないのでブラック企業が掲載し放題ということです。

転職エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、転職のプロであるエージェントが転職活動に的確なアドバイスをしてくれます。

たしかに33歳での転職ってかなり不安ですからね。私も相当不安でした。

しかし、転職って優良な求人を紹介してもらってアドバイスをもらいつつ、履歴書をつくって面接対策をしていけば普通に内定は取れます。準備と対策をすれば内定は取れるものなんですよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!