30歳以上でブラック企業を避けて転職する方法 自分のキャリアを把握して面接を受けよう

電話する営業

30歳になると、仕事にも慣れてきて主任・係長などになる人も増えてきて、仕事の幅が大きく広がる時期です。

管理職への出世が見えてくる時期でもあり、仕事的には一番責任が一気に増えてくる年齢でもありますね。

逆に、30歳くらいでの仕事ぶりがうまくいかないとその後のサラリーマン人生に大きな負債となってのしかかります。

正直仕事で失敗できない重要な年齢です。

ただ、そういう仕事も過度期に入ってくると、逆その会社での自分の限界も見えてきたりします。

人によっては、このまま仕事を続けても出世の目もなく厳しい状況であったり、年収も頭打ちで10年後もそんなに変化は望めないだろうということが明確に見えてくる時期でもあります。

また、どんなに仕事ができても上司とソリが合わなかったり嫌われていたら、今の日本の社風ではとうてい上には上がれません。

そうなってくると、隣の芝は良く見えるもので、ほかの会社に転職してキャリアアップしたい、出生したい、年収をアップしたいという衝動に駆られることになります。

この衝動は30歳くらいで仕事熱心な人はたいてい感じることで、今の会社でやっていくのか思い切って転職するのかを大いに悩むののこの時期です。

20代なら即転職の行動をしても行けそうですが、30歳になると年齢の縛りも入ってなかなか行動にうつしにくいものですよね。

ここでは、30歳になったら実際転職はむつかしいのか?またどうやったらスムーズな転職ができるのかをご紹介します。

30歳以上の転職はブラック企業に引っかかる率はやはり上がるので細心の注意をしましょうねぶ

ブラック企業って、転職を焦る人が捕まりやすいんですよね。20代でもひっかかりますけど30歳以上になると、やっぱり未経験の業種とかの転職はきつくなってくるし年齢的に転職に焦る時期です。

こういう時って安易にハローワークとかで見つけた求人の応募してしまうと、あっさりとブラック企業の奴隷の一員になってしまいがちなんですよね。そういう人をたくさん見てきました。

もちろん、ブラック企業に入ってしまうと、いずれ辞めるんですけどマジメな人は「3年は我慢しよう」とかいうよくある洗脳を受けているので、不必要な忍耐強さがあります。

そうして、無駄にブラック企業が疲弊してさらに年齢を重ねてしまう・・・という悪循環にならないためにも30歳以上の転職では、焦って安易にハローワークとかで求人を探さないことです。そして万が一ブラック企業にひっかかったら、一か月以内でもいいのでさっさと辞めてしまうというう行動力が必要なんですね。

30歳の求人は経験が必要なってくる最初の段階、勢いだけの行動は避けつつ幅広く求人を見るのがポイント

悩む牛
30歳の求人は29歳と30歳の違いは一年しかないですが、大きく様相が変わってきます。

30代縛りで途端に、「実務経験3年以上」「経験者求む」てきな経験者を求める求人が途端に増えます。

もちろん未経験でも求人はありますが、やはりブラック企業などヤバイ系の求人が多くなってくるの現実です。

せっかく30歳になって転職するのですから、こういったブラック企業などは絶対避けたいところ。

「実務経験」の縛りが出るため30歳の転職は基本同業種になってきます。

ただ、同業種だけと考えるのはちょっともったいない部分があります。

たとえば銀行からは意外と経理系は総務系への転職が可能ですし、技術系から製造系への転職も割と可能です。

実務経験といっても、「実務経験者優遇」くらいの求人を探せば30歳ならまだまだ入り込める余地はあります。

「30代になったから勢いだけはいけないなあ」と思うのはいいことですが、あまり神経質になりすぎても行動に妨げになるので、バランスが大切です。

とにかく、求人をたくさん見て「これだ」という企業にはアタックするべきです。

そのためには、しっかりとした転職のための準備と戦略が大事になってきます。

30歳以上は未経験の求人もあるにはあるがやっぱりブラック企業が多くなるその現実に注意してい転職活動を行う

30歳以上って未経験でOKの求人もまだまだあります。私も32歳で今のホワイト工場の製造業に転職できました。

地銀からの転職なので、いわゆる「未経験で異業種」への転職です。

実際こういった求人もありましたし、転職自体も十分まだまだホワイト企業へ転職することもできます。行動しないと永遠に納得いかない会社で働くことになります。

ただ、くどいですけど、私も転職活動をして

「いや、ホントブラック企業の求人多いな」

と痛感したのを覚えています。そんな求人ばっかりでもう悲惨でしたよ。そういう求人をたくさん見たのであまりに

「こりゃあヤバいな・・・」

と思ってハローワークを辞めて転職エージェントを利用したのを鮮明に覚えています。普通にのほのんと転職活動をしているともう、ブラック企業の餌食になりやすいのが30歳以降の転職なので、ほんと何度も言って悪いんですけど注意してくださいね。

30歳は「今までのキャリア」を生かしかつ「未経験部分のやる気」をアピールする戦略

綱渡りするスーツの男

30歳では、まだキャリアといっても熟練の技的なキャリアは身についている時期ではありません。

一通り仕事を経験して、仕事がこなせるようになって楽しくなってきた・・・・位の時期ですね。

転職先の人事担当者はそれくらいは把握しています。

そのため、今までのキャリアについての部分はそれほど深く詮索はしてきません。

完全に特殊な技能である「弁護士」「税理士」や研究職ならまた別ですが、たとえば「営業」「総務」「人事」といった部門なら、ある程度の規模の会社ならどこにでもあります。

30歳まで培ってきたキャリアをまず、自分で書き出してみてどれをアピールできるかをしっかり箇条書きにしておきましょう。

そして、徹底的に転職したい会社の内容(サービス・社風・社長の言葉・部署の構成)などを調べて具体的にどの部署でどういう仕事をしたいというアピールがいつでもできるようにしておくのがポイントです。

30歳はまだまだ社会人の中では若い部類なので、熱意の部分も採用のポイントしては重要な部分になってきます。

経験が少なければ今までの会社での努力の結果や仕事でのトラブル回避のエピソードなどを自己PRできるように、自分で落とし込んで面接にの像ことが必要です。

年収アップを狙うなら基本は同業種での今より規模の大きい会社を狙う

奪取するサラリーマン

もし30歳から転職で年収アップを習うなら、今より規模の大きな会社を狙うべきです。

やってる仕事内容は一緒でも、企業規模が大きければ単純に金回りが良く年収が上がるパターンも多いです。

規模の大きな同業種の企業が、求人を出しているタイミングというのは様々ですが、根気よく求人をチェックしていくとたいてい中途募集をかけている企業を見つけることができます。

そのため、転職活動をその時の点で見るのではなく、一年くらいのスパンで見ることも大切です。

今の仕事をしながら求人をマメにチェックしていくことが何より大切ですね。それと同時並行で転職の自己PR作りや会社を調べていくことができれば、かなり心強いです。

転職は正直タイミングや運の要素もあるので、根気よく続けること成功のポイントになります。

異業種やベンチャーなど今より規模の小さい会社にはそれなりの覚悟が必要

しかめっ面する営業

規模の大きい同業種の会社なら年収増を狙うことができますが、今の仕事と異業種の会社やベンチャー企業への就職はどうしても年収は下がります。

異業種では経験が無いということから転職できても、「最初」は収入が下がるのは致し方ないです。

その後のガンバリでの伸びを期待するわけですが、やはり異業種に転職するなら転職する会社は今の会社より「社風」がいいとか「前からやってみたい仕事だった」というメリットがあったほうがいいでしょう。

ベンチャー企業も同様です。

仕事はお金がすべてではありませんが、家庭を持っていたり住宅ローンを抱えていたりすればそうも言ってられません。

「どうしてもこの仕事をやりたい」という強い意志があるときは異業種でもチャレンジするべきですが、その会社に勤めたいという強い意志がない場合は同業種のほうが無難です。

そのあたりの会社の選択は今後の人生の充実度に大きくかかわってくるので慎重に行きたいところです。

30歳以上の転職戦略には転職エージェントがおススメです

ビックリする考える人

30歳で転職するには、企業の情報を集めたり、コンスタントに企業の求人情報をチェックする必要があります。

その作業を一人でやるのはかなりしんどいです。そこで、効率を高めるために「転職エージェント」を利用することをおススメします。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして、希望の会社をピックアップし求人情報をトスしてくれます。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!