30歳以上の転職では求人の情報が最重要 スキルや職歴スキルアップより求人集めが大事です

成功への階段

30歳以上といっても幅が広いので35~36歳くらいまでの年齢だとします。

30歳超えると転職は

「スキルが無いと難しい」

「立派な職歴が無いとだめだ」

「実務経験が無いと終わりだ」

とか世間で言われまくってますけど、あれ?私は普通に34歳で未経験の異業種に転職できました。

もちろん同業種への転職ならスキルも職歴もあるので、転職は楽でしょうが、その職場が嫌で転職したので、同業種になったら同じようなことの繰り返しなんですよね。

転職理由って「スキルアップ」「キャリアアップ」なんかが良くメインで語られていいますが、実際はネガティブな理由が9割です。

「今の職場の人間関係が最悪」

「賃金が安すぎる」

「ブラック企業すぎて、うつ病寸前だ」

といったネガティブな理由が9割なんですね。ただ、こういう事実を公にしていしまても社会がさらに悪化するのであまり触れていないんですよね。

そうなんです。30歳以上の転職と言っても異業種に転職したい人はたくさんいますし、同業種だとしてもとにかく仕事内容がブラック企業ではない「まとも」な会社を望むのは当たり前ですし、当然です。

そういった時に、「スキル」「職歴」が立派ならそれに越したことはありませんが、転職活動をしてみると意外とそういうところってあまり見てないんですよね。

もちろん、特殊な技能職はスキルがあったほうがイイです。プログラマーがプログラミングの技術はあったほうがイイですよね。

ただ、特殊技術でも30代前半くらいのあなたなら未経験の募集は普通にあります。それだけ人が足りない業界もあるんですよね。

人が足りない業界の求人でかつ、「成長過程にある業界」「これから伸びる業界」の求人が最強です。

スキルを付けてい行くのは正直何年もかかります。3年スパンくらいないとスキルって身につかないですよね。

それをやっているより、「求人を調べて応募していく」ということやっていったほうが早いです。

カン違いしている人が多いですけど、「有能な人だから転職で成功する」というのは間違いではないですが、ちょっとずれた考えです。

転職は宝探しとか、婚活とか、彼女を作るとかに似ています。

自分に合った転職先でタイミングもあって、労働条件もいい・・・・という求人を探していく作業です。

これって、そうなんですよ。求人情報をずっと探して淡々と応募していくそして面接対策をして受けていく。

この作業量が多い人が結局勝ちます。なんでもそうですけど作業量が多い人はどんどん転職のスキルもつくし面接もどんどんうまくなっていきます。

「転職活動」というのが一つのスキルでもあります。自分をアピールしたり履歴書をうまく書いたりするのがそのスキルです。

そのため、「転職活動」を地道にやり続ける人だけが美味しい思いをする世界なんですね。

いくらスキルや職歴が立派でもブラック企業の求人ばかりでは意味が無いです

なんで転職活動をやり続けるのが大事かというと、仕事って生活に直結しますし、人生を左右するわけじゃないですか。

結婚とか、受験以上に人生に影響しますよね。

いい職場に入れば人生が上向くに決まっています。それだけ直接的にあなたの人生にプラスになるんですよね。

そういうことになる「転職活動」時代にに力を入れないでどうするんですか?ここだけは行動してやっていくべきポイントなんですよね。

よく、ものすごく有能でスキルも職歴もあるひとなのに、それに溺れて転職活動をテキトーにやってると普通にブラック企業につかまっている人がいました。

こうなるとスキルも職歴も減ってクリもありません。

「転職活動」はそれ自体がスキルということがわかってないからです。それを磨いていくことが一番30歳以上での転職で好結果を出すキモです。

40代ではきついですが30歳以上なら未経験でもイケる求人もかなりあります それがスキルアップしている時間を求人集めに使うべき理由です

40代ではさすがに未経験でOKの会社はかなり限られてきますし、ブラック企業臭がプンプンしています。

30歳以上くらいの年齢ならまだまだ未経験でOKの職種もあります。特に製造業、モノづくりの業界、IT業界の営業などですよね。

他にも探せばまだまだあります。

もし特殊な技術が必要で実務経験が必要なら派遣で入って実務経験を作るとう方法もあります。

経理の仕事は簿記の資格を持っているだけではだめで実務経験2年以上とかいう求人もいっぱいあります。まず派遣で会計事務所に入って2年勤めてから実務経験を積んで正社員に応募するという方法もあります。

話がそれましたが、とにかく求人を探していくのが先です。躊躇しているとすぐに40代になってしまいます。求人を探し始める行動ができ人が最終的には転職活動で勝つことになります。

ただそういう求人を一人で探すのは大変ですし、転職活動では履歴書を書いたり面接対策をしていく必要もあります。

そういう時には転職エージェントをり利用して、自分に合った求人を探してもらうというのがおススメです。

エージェントが履歴書の書き方や面接対策のアドバイスをしてくれます。転職のプロであるエージェントのアドバイスはかなり的確なので効率のイイ転職活動には欠かせない要素です。

転職エージェントを利用して30歳以上の転職をのりきっていこう

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!