アラサーでスキル実績資格なしの転職の方法 面接官は「この人と働きたい」と思う人を選びます

電話する営業

アラサーの就職だと「スキル」「仕事の実績」「持っている資格」などが重視されるといわれています。

わたしの会社(一応、一部上場企業です)は以前中途採用を20人ほど採用したのですが、実際入ってくる人はそれほど専門的な「スキル」を持っている人はあまりいませんでした。

というより、中途採用で入社しても同じ業界だったとしても、実際その会社に入ってやる仕事ってその会社によって仕事内容が独特だったりするんですよね。そのため今までのスキルが完全に通用するかというとそうでもないです。

面接担当者はそれが分かっているのか、中途採用で採用している多くの人は「意思疎通ができて、働く意欲が高く、楽し気な人」ばかりでした。

一言で言うと「こいつと一緒に働いていると、自分もヤル気になる」みたいな人ですね。ジメジメした感じの人は一人もいませんでした。

あとで面接した人に効いたんですけど、「スキルや資格を持っていた人もいたけど、そういう人ってそれを鼻にかけてるような感じがして、なんとなくイヤな感じがした」と言ってました。

これを聞いてスキルってあっても実際面接受けると関係ないじゃん・・・と切実に思いましたね。

良く世間ではスキルや資格がないと30代以上は転職は厳しいと言いますけど、実際はそんなことは無いです。

もちろん、アラサーまで職歴なしでブラブラしてたとかじゃあ厳しいですよ。

でも、アラサーまで普通にまじめに働いてきて、それなりに仕事で苦労している人なら、特別レベルの高いスキルはいらないということです。

履歴書とかに無理矢理書くようなスキルが無くても、自分の自然体の履歴を書いていけば実際面接で見ているのは

「こいつはなんとなく仕事を一緒にしたいな」

「仕事を熱意をもってやりそうだな」

という面接官の主観です。面接する人の印象で決まってしまうのが企業の採用の現実です。このことから

スキル自体をアピールする人は墓穴をほることもあります。逆に面接で面接官に共感を得るような対応を取れれば内定は取れるということですね。

ここでは、実勢のスキル実績資格なしでの履歴書の書き方と、面接対応をご紹介していきます。

スキル実績資格なしでも「自分の頑張ったこと」を思い切りストーリーを作って履歴書に書けばいい

スキル実績資格無しなら、等身大の自分を客観的に履歴書に書くしかありません。

といっても、アラサーになればイヤな仕事や、仕事で頑張った経験はどんな人でもあるでしょう。そういったことで

「ほめられた経験があること」

「イヤな仕事だったけどやり切った経験」

「自分で素直に長所だと思うところを思い切り書く」

こういったことを履歴書にぶつけていけば充分です。履歴書はあくまでその人の経歴をサラッと見るものなので、自分がやってきたことを素直にぶつけるイメージで作成していくのが、結局印象が良くなります。

無理矢理に誇大広告を作るように作成していくと、どのみちボロがでますし、自分がやってきた範囲のことを松岡修造なみに熱く語っていくイメージで履歴書を作っていくのがポイントですね。

この「熱い」というのはすごく大事なポイントでして、淡々とした履歴書って面接官とかもウンザリしています。たくさんある履歴書でも常識の範囲内で、自分のやってきたことに誇りをもって熱く語っている履歴書のほうが読んでいて気分が良いです。

履歴書で自分ストーリーを作る感じで楽しみながら書いていくとうまくいきます。30代くらいになると若いころの熱いアピール方法を忘れてしまう人もいるので、自分のやってきたことがたとえ小さなことだと思っても自信をもって

熱い文章で履歴書を書いていくのがとてもとても大事なことなんですね。

実際面接をしましたが、面接官は履歴書や職務経歴書をそこまで見ていません 話した感じの「こいつ話が合うな」というところを見ています

実際は私は面接をしたことがありますが、スキルを持っている人は得てしてそのスキルばかりをアピールして他の事を置き去りにしている印象でした。

他のことというと「人の話に合わせる」「面接官に気持ちよく話してもらう」といった細かい気配りが欠けているような気がしました。

会社で求めているのって、どれだけお互い気もチ良く働いていけるかどうかなんですよね。面接といっても面接を受ける人と面接官の言葉のやり取りコミュニケーショなんですよ。

自分のアピールをする場というのが面接のイメージですけど、実はそれ以上に大事なことがあります。

それは、面接官が話しているときにしっかり相槌をうったりその話に反応したり、面接官の気持ちを絶えず考える方向で面接を受けることです。

面接での主役はあなたではなくて「面接官」です。面接官が気持ちよければそれで内定します。

勘違いしがちなのですが、面接を受ける人が自分を思い切りアピールできれば、内定がとれるというわけではありません。

面接官が

「なんかこいつの話自分アピールばかりでイヤったいな」

とか思えばそれで終わりです。

面接官をいかに気もし良くさせるかが内定のポイントです。営業がお客さんを気もちよくさせるのと一緒のイメージです。

あくまで面接での主役は「面接官」です。大事なことなので二度いいました。

面接官が気分が良くなれば、面接官のほうが勝手にあなたのことを「こいつ仕事ができそうなやつだな」と思ってくれるわけです。

これがコミュニケーションのカラクリです。あくまで「相手」のことを考えて面接を受けるのがキモです。

スキル資格なしの履歴書の書き方と面接対策は転職エージェントに登録してアドバイスをもらおう

アラサーがスキル資格実績なしでの履歴書の書き方と面接対策を書いてきましたが、実際私が転職した時には転職エージェントのエージェントにアドバイスをもらって、面接対策などをした経験があります。

なかなか自分だけでは自分の話し方とか受け答えってのはわかりにくいので、第三者からのアドバイスを素直に聞いて修正したほうが良いケースが多いです。

実際エージェントは転職のプロなので、的確なアドバイスをもらうことができました。かなり効率が良い転職活動をすることができました。

転職エージェントは、優れた求人情報を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントが履歴書の書き方から面接の方法までアドバイスをしてくれます。

また、普通の求人誌とかでは絶対に得ることができない、会社の深い情報とかもゲットできます。その会社が残業が多いかとか人間関係がどんな感じか・・・といった一味深い情報を得ることがでるですね。

基本求人を出す会社を審査しているので、ブラック企業率が低いのが転職エージェントの特徴です。

転職する際ほとんどの人が転職未経験なので、手探りで転職活動をするよりもスマートに転職ができます。転職は失敗できない選択の連続なので、転職エージェントを利用するのが最も効率的に転職活動を実践できます。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!