29歳の転職は婚活と一緒で30歳での転職とは難易度が全く違う 29歳で決めたほうがイイ理由

張り切る女性

29歳は転職にとってはターニングポイントの年齢なります。まだ20代ならぎりぎり未経験でも転職が効きますし、1~2年の教育期間も通常とってもらえるので即戦力じゃないとダメということもありません。

29歳はいわばある程度自由な転職ができるぎりぎりの^年齢ということになります。

もちろん29歳なので、基本的なスキルはもとめられます。パソコンが使えたり社会人としてのコミュニケーション能力が求められるのは新卒とは違うので注意が必要です。

29歳くらいになるとその会社で、自分がどのくらい伸びていけるかが分かってしまう年齢でもありますね。

人生設計も現実的にやっていかなければいけないですし、転機の年齢です。

ただ、もし今の会社で自分が定年までいることが全く想像もつかない、もしくは定年までこの会社にいるのは嫌だと思うなら、スパッと転職するにはまさに瀬戸際といったとことでしょう。

29歳の転職は、20代という年齢枠のメリットを生かしながら、それでいて新卒とは違うキャリアを求められるということを理解しながら転職活動をする必要があります。

ここでは29歳の転職について見ていきましょう。

確かに女性の婚活と一緒で29歳と30歳では見た目以上差があるのが転職

29歳だともしかしたらあと一か月で30歳というケースもあります。

29歳と30歳ではほとんど違いはありませんが、女性婚活と一緒で、転職では20代と30代というくくりで大きな違いがあります。

面接になってしまえばあまりそういった差は感じませんが、求人を探す場合は20代までは未経験OKでも30代では実務経験が必要というケースがやはり多いです。

なので時間的に29歳という年齢で転職したほうが楽に決まっています。世の中はそういった年齢で区切る作業を淡々と行ってきます。

もしあなたが、転職を検討していて29歳なら30歳になるまでに転職をやり切ったほうが、効率を考えると全然違ってきます。

また、どうして今やっている仕事と違った業種へ転職したいケースは特に29歳のうちに転職すべきです。未経験業界での

キャリアを形成できるかどうかはやってみないとわかりませんが、自分の適性を見てい今の仕事と違った業界へ転職が比較的まだできるのも29歳までという年齢なのです。

まず転職しても100%の満足はありえない、でも70%の満足があれば合格ということが転職での鉄則

転職すれば、今いる会社よりものびのび仕事ができて、満足度も100%!!というイメージも出てきます。

ただ、現実は会社という組織は100%自分がやりたい仕事をさせてくれることはありえません。それが自分で選んだ業界だとしてもです。

自分の満足度にこだわりすぎて、100%じゃないと転職を繰り返す人がいますが、これは危険です。

なぜなら、年齢が上がれば転職がむつかしくなるのが日本の転職市場だからです。

そういった考えは人によりますが、70%くらいの満足度があればOKくらいの認識でちょうどいいです。

そうでないと29歳で転職できてもなるべくならそこで決めたいのが本音です。

そういった認識で転職をすると、程よい転職をすることができます。

29歳では社会でのコミュニケーション能力ができているか部下を育てられる人材かが試される

29歳になると一通りの社会人経験をしていて、社会人としてのスキルは終わっていると判断されます。

そこで29歳が重視されることは、社会人としてのコミュニケーションができるかどうかです。

仕事の細かいスキルは教えてくれますが、新卒学生とちがい社会人としての生き方、上司との接し方、組織でうまくやっていくための方法などがすでにしっかりできているという前提で面接でも見られます。

なので、面接では受け答えがきちんとできるのは「当たり前」で新卒より面接でのハードルは上がってきます。

また、29歳くらいでは、キャリアアップの転職もありますが、ブラック企業で耐えていたがもう限界だといって転職するパターンも多いです。

そういう社会状況は面接する側もわかっています。あえて、以前の会社状況を根掘り葉掘りきいてくることも少ないです。

それより、しっかりとした落ち着いたコミュニケーションの力や後輩を指導できたり、組織をうまく回せる力を重視しています。

それが29歳における「未経験でも転職可能」という意味です。

ですので、面接はしっかりとした対応が必要になり、しっかりと対策を練っておく必要があります。

実際に受けるときは履歴書のキャリアに関しても気を配ろう

29歳で転職というとほとんどが転職1~2回目というケースでしょう。

転職のための面接で大事なのは何度も転職しているケースでも、とにかく一つ一つの会社にいたときに何を得たか、仕事でどのようなプラスの要因があったかをしっかりと書き出しておくことです。

前職がブラック企業でめちゃくちゃな残業をやらされてしかもサービス残業だった。だから転職したいというのが真の理由であっても、プラスのキャリアを考えておきましょう。

ブラック企業だったとは直接いう必要ないですが、その無茶な残業で仕事をやり切ったことや、上司の無茶な要望をこなしたということでもいいでしょう。

意外と、会社っていうのはそういう、とにかく仕事をこなす力というのを最重視します。仕事は7~8割の完成度でもいいのでとにかくまわしていくことが組織では大事だからです。

そのため、人に言い切れるような特殊なスキルを持っていなくても、29歳なら前職でのプラスのキャリアを自分で見つけてアピールすることができます。

できれば、そのアピールできるものを3つくらいは面接で言えるように書き出しておいて、しっかりインプットしましょう。

そして、面接えすぐ答えられるように何度か自分で言葉に出してアウトプットの練習をしておくのが大事です。

面接でいきなり聞かれても練習していなければ、そうそう答えるのはむつかしいです。意外と面接の練習をしないで転職活動をして言う人が多いですがこれはとても危険です。

しっかりと面接の対策をしておきましょう。

転職活動が不安な場合は転職エージェントを利用しよう

ただ、そういった面接対策を一人でやったり、求人を一人でさがしたりするのは相当骨が折れます。

その場合は「転職エージェント」の利用をおススメします。

転職エージェントは転職のプロであるエージェントがあなたと面談をして希望の求人をピックアップしてくれます。

転職エージェントは、転職のプロであるアドバイザーが、しっかりと求人を審査してチェックしています。そのためブラック企業はほとんどありません。

これがハローワークや普通の求人誌だと、求人審査がないのでブラック企業の求人がいくらでも掲載されているんですね。この点が大きな違いです。

また、アドバイザーが転職についての悩みについてアドバイスしてくれます。転職活動は人生で多くても数回程度なので、解らなことが多いのは当然ですよね。そういった時にアドバイザーに質問すれば的確な助言をもらうことができます。

実際、この助言があるとないとでは行動の効率も大きく違ってきます。自分ひとりで悩んでいる時間はもったいないですからね。

転職エージェントを利用すると、世の中には「普通の会社」というのがたくさんある・・・というのが解かります。

ブラック企業につかまってしまうパターンは自分でハロワなどで求人を探して、自分でで面接を受けてしまうというケースが多いんですよね。そうなるのは悲しすぎますからね。

転職エージェントは登録から利用まで無料です。企業が転職エージェントに紹介料を払っているので、あなたにお金がかかることはありません。

そう、世の中にはホワイト企業や普通の会社、仕事がまともな会社はたくさんあります。ブラック企業から脱出する、ブラック企業にひっかからないというのは、もう今の世の中、転職での重要なポイントになってきていますよ。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!