28歳のフリーターが正社員になる方法 就活での注意点とマインドを紹介

フリーター
28歳でフリーターだと普通に正社員になりたいですよね。

「いや、このままずっとフリーターのまま生きていくのがイイ」

と思っているんだったら30代あたりから人生が傾いて40代くらいでは完全に人生が詰みます。

私も正直、働くのは大嫌いですし、頑張って働こうとか、我慢して働いている人はカッコイイ、理不尽な仕事とかも我慢してやっている人はいい人だとかそういったキレイごとかも大嫌いです。

ただ、現実なんですけどこの国ではフリーターのままでは給料は永遠に年収200~300万円弱のままであがることはありません。そういうじょうたいで30代40代になっていくと本当に人生が詰んでいくんですね。現実なので私も働くのは大嫌いですけど、我慢して正社員として働いてきました。

そう、残念ながら仕事ができるとか、頭がイイとか能力が高いとって関係ないんですよね。正社員という地位があればある程度の金が確保できるのは間違いない事実です。

そして、28歳までフリーターだったとしても、バイトとして働いてきた経歴とかもありますし、普通に正社員になることはできます。一番まずいのは28歳の時に何もしないとすぐに30代になってしまって、正社員になるチャンスを逃してしまうことが一番まずいです。

今では若手の社員が足りない業績の伸びている中小企業などはたくさんあります。大企業はネームバリューがあるので新卒での人材を大確保できますが中小企業は名前も売れていないので、業績が伸びていいるにもかかわらず人材が集まらないという会社はたくさんあるんですね。

あなたがバイトでこき使われている間にの、業績のイイ会社に正社員として愛っている人がいます。そういう現実を知ってほしいのです。

28歳で正社員になっていないと正社員の賃金格差は大きく広がっていく この現実を知っていれば正社員になるべきなのはわかるんですよね

よく知られたことですけど、フリーターのままでいるのと、正社員でいるのでは人生でもらえる給料の総額の差が2億円以上になります。

2億円ですよ・・・これを聞くといかにこの国では正社員という「肩書」が優遇されているのかがわかります。そう別に仕事ができるとかできないとか関係ないんですよ。私の会社でもバイトでも正社員より仕事ができる人とかいっぱいいますし、どうしようもなく仕事ができない正社員ももっとたくさにます。

ただ、肩書が違うだけこれだ賃金格差があるんですから、そりゃみんな必死に会って正社員になろうとしますよね。

具体的にどれくらいの差が出るかと言うとこういったグラフを見ると一目瞭然です。

出典元 ニッセイ基礎研究所

パッと見ただけでも年収で倍以上の差があります。時給換算しても正社員と非正規社員の給料の差は歴然です。20代くらいまでは大きな差は無いのですが30代
40代になってくると悲しいくらいに差が出てきます。

ただ、正社員かそうでないかという肩書の差だけでこうなります。

給料だけでなくて、有給休暇の制度から、交通費や食費の補助、福利厚生全般において正社員は当然のようにこういう補助がありますが、バイトにはほとんど補助はありません。

また、正社員なら会社に損害を与えたり、犯罪を犯したりしない限り簡単に首になることはありません。バイトならいつでもクビにできますしね。

こういう歴然とし差があるので、私も働くのは嫌いなんですけど、それでもあえて正社員になったほういいというのは間違いない事実なんですね。

なんというか、ちょっと悲しい現実ですけど、正社員になったほうがイイんですよこの国では。だから20代のうちに正社員になっておくというのがとても大事な人生プランになってくるわけなんですね。

あなたが結婚したかったりそれなりにいい生活をしたいなら正社員になるのがベターなんですね。

28歳で正社員になっても良くないことがある例外が一つだけあります それはブラック企業につかまることです

さて、さんざん「正社員になったほうがイイ」とあおってきましたけど、28歳で正社員んなっても一つだけあなたにとって良くないことがあるケースがあります。

カンのイイ人なら気づいているかもしれないですけど、それは

「ブラック企業に入ってしまう」

ということです。ブラック企業に入ってしまったら、正社員だろうがなんだろうが「終わり」です。

低賃金でこき使われて、長時間労働でサービス残業を強要されて、休日出勤をしても手当がつきません。しかも、激務なために10年20年と続けることができりるような仕事内容ではありません。我慢してしごとをしていても、高確率で過労で倒れるか、へたすると過労死、うつ病で休職、うつ病で自殺・・・・といったパターンに陥ります。

そう、上述の28歳でフリーターから正社員になったほうがいいというのはあくまでも「まともな会社の正社員になったほうがイイ」と言い換えることができます。

このサイトはブラック企業から脱出してほしいという趣旨で立ち上げたものなので、ブラック企業にだけは捕まらないようにしてください。

ブラック企業を見分けることができれば間違って入社することも無いですし、間違って入っても次の会社でブラック企業を選ぶ確率が減ります。ブラック企業はっ求人票や面接などでわかりやすい特徴があるのでその特徴を抑えて就活をしていきましょう。ブラック企業に絶対捕まっていはいけません。
会社を退職したら、とりあえず行くところがハローワークです。離職票を持っていき、再就職の意思があるかどうかを確認して、雇用保険給付の手...

ブラック企業を避けるには優良な求人を紹介してくれる場所と、ブラック企業の求人をを見分けること、面接でブラック企業かどうかを見分ける必要が出てきます。

ブラック企業は普通にいろんなとろに潜んでいるので油断しないでくださいね。

ブラック企業さえ避ければ、中小企業で業績が上がっている会社を中心にあたっていけば就活はうまくいきます 会社の知名度だけにこだわっているとうまくいきませんよ

ブラック企業さえ避ければ、あとはフリーターから正社員になればひとまず安心言うことになります。

しかし、フリーターがいきなり、大企業に就職するのは正直むつかしいですし大企業で中途採用をたくさん募集しているのは、いわゆる「外食産業(ファミレス・居酒屋)」だったり「介護業界」だったりといったブラックな業界です。大企業でもブラックな会社は多いですし、そういった会社は大量に離職者が出るので募集をしてるんですね。

フリーターが狙うべきは、「知名度はあまりないけどこれから伸びるであろう中小企業」です。

こういった会社は、業績が伸びているために人材が欲しいわけなんですけど、知名度が無いので人が集まらない・・・・と言うことがあります。

そう、女性で言ったら「見た目はパッとしないけど良妻賢母になる資質がある」と言ったところですかね。男性は女性の見た目に惑わされやすいですけどそれだけで判断すると後悔することが多いってことです。こういった良妻賢母系の中小企業を狙って行くのがフリーターがとるべき行動です。

派手は美人の大企業を狙うのもイイのですが、入るのは極限まで難しいうえに意外と仕事が激務だったりして後悔することも多いです。

あとは、個人の消費者を取引先とするいわゆる「BtoC」の会社は避けたほうがイイです。「BtoC」の会社は飲食業、販売業、営業、金融業、介護業界と

いって仕事もハードですからね、できれば「BtoB」の会社いわゆる「取引先が会社同士の企業」を選ぶのがイイでしょう。そのほうがブラック企業につかまる

可能性もかなり低いですし、なにより取引先が企業同士のほうが仕事ののストレスも仕事でのトラブルも段違いい少ないです。

私も営業をやっていて、もう個人の客を相手にするのはこりごりでしたよ。一人一人に対応するにはいくら時間が合って盛らりないですしクレームも無限にあるので仕事のことが頭から離れることはないあったでです。転職して「BtoB」の会社に入り、自分のペースで仕事ができるようになってだいぶ生活の質もよくなって余裕がが出てきましたからね。

ノルマのない業界でかつ「BtoB」の会社がホワイト企業である可能性は高いです。そして独自のノウハウは特許を持っていて、ネームバリューはないけど地道に業績をの倍している会社というのがホワイト企業の特徴です。ブラックな会社に捕まらないためにもこういったポイントを押さえて会社選びをするべきです。

あとは面接で必ず聞かれるであろう「なんで今まで正社員で働かなかったの?」という質問には自分のドラマを作っておこう

あと、28歳でフリーターから正社員になる時に面接でほぼ100%聞かれれる「なんで今まで正社員にならなかったの?」的な質問には自分なりの回答をしっかりと作っておきましょう。

というかこれを考えておかない人はいないともいますけど、別に全部本当のことを言う必要はありません。自分なりのドラマ・ストーリーを作っておけばOKです。

「夢に挑戦したかったので、バイトをしながら音楽関係の活動をしていました。レコード会社に売り込んだりオーディションを受けた入りして50社以上まわりましたが、食べていけるほどの収入になることはありませんでした。

バンド仲間と相談して将来のことを考え昨年音楽活動を辞めて正社員として就職するために就活をしています。正社員になってからは全力で自分の人生のためと、会社のために仕事をしていきたいと思っています。音楽活動で現実は厳しいという事を体験したので、その経験は仕事をやっていくうえで必ず役に立つと自負しています。」

とこれはけっこうベタな感じの質問の回答ですけど、こういったストーリーは作っておいたほうがイイですね。

フリーターの人が正社員になろうとしているときに面接官が興味がある点て実はこの部分だけなんですよね。この理由付けに納得できるストーリーがあれば高確率で内定が取れると思います。

そう、人間でなんというかドラマとかストーリーが好きなんですよ。頑張ってる人って大好きです。だからこの「なんで今まで正社員で働かなかったの?」

はストーリー性を加味して作り込んでおいたほうがいいですよ。それくらい遊び心と言うか、作り込みの精神があればうまく就職できると思います。

28歳での就活が不安だ・・・ブラック企業に捕まってしまうのが怖い・・・・と言う不安がる場合には

28歳でフリーターから正社員への就活が不安だ、ブラック企業に捕まってしあうののが怖い・・・・と言う場合には一度、優良な給仕紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイでしょう。

就活って結局、優良な求人をどれだけキープできるかにかかっていますからね。優良な求人を見ればいい企業があるうと言う確認にもなりますし、自分がやりたい仕事を決める判断材料にもなります。また、転職への不安も和らいできます。

ただ、ハローワークとかちまたにある求人誌ではブラック企業がたくさん掲載されています。これはハロワとかが掲載企業を審査していないからなんですね。

就活エージェントで厳しい基準で掲載企業を審査しています。そのためブラック企業はほとんどありません。また、就活のプロであるエージェントが就職活動に的確なアドバイスをしてくれます。

確かに就活ってフリーターから正社員に挑むのは不安です。これはみんなそうなんですよね。

しかし、就活は優良な求人を紹介してもらって、アドバイスを受けながら履歴書を作って面接対策をすれば内定は取ることができます。準備と対策をすれば内定を取ることができるもんなんですね。

優良な就職エージェントは下記のとおりです。就職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して就職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって就職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!