27歳の大卒で職歴なしで正社員に就職した友人たちの事例 20代なら普通に就職できますよ

リクルート

私は高校はそこそこの進学校だったので高校時代の友人はほぼ大卒です。

そんな友人の中でもいらゆる就職氷河期的な時代だったので、新卒で入った会社がブラックで1年以内に辞めたやつとか、そもそも新卒の就職で失敗したやつとかがけっこういましたよ。

そして、26~27歳まで職歴なしも意外と多かったです。さすがにバイトくらいはしてないと生きていけないので、バイトくらいはしてたと思いますけど

それでも27歳くらいまではブラブラしてた奴っていましたよ。下手すると30歳くらいまでブラブラしてたやつもいます。

そういうやつらでも、なんだかんだで今では正社員として働いているので、そこまで27歳職歴なしでもよくネットで「人生詰んだ」みたいにはならないと思います。

別に楽観的に考えているわけじゃあなくて、体さえ健康と言うか動けば何とかなります。私の実感としてはたしかに30歳を超えてくると職歴なしからの正社員はきついとは思いますけどね。

27歳で職歴なしから正社員になるというと、なんか大ごとのような気がしますけどそこまで不安になることは無いと思います。あんまりネガティブに考えると逆にそれがマインドが低下して、普段の行動とか面接での態度が悲観的になって、キャラが暗くなってしまいます。基本、会社って明るいキャラを好みますからね。

というか、どんな面接官でも明るいキャラを選ぶでしょうからね。

とまあ、何が言いたいかと言うと27歳くらいで実際に私の友人たち(知人をむくむ)で普通に職歴なしから(新卒の会社を一年以内で辞めてしまったのも含む)普通に就職していった奴らの例を挙げてみますね。

27歳でホワイト工場に入り込んだ それまでは日雇いのバイトとか政争のバイトをやっていたM

Mは私の高校時代の友人ですけどA山学院大学に入った秀才でした。でもなんか新卒で内定もらったのが飲食業でそこがまあ、超ブラックな会社で半年ほどで辞めてしまいました。

そのあとMは労働意欲というか、就職するのが嫌気がさして、適当に短期のバイトをしながらパチンコとかしながら生活してました。なんかパチプロみたいな生活だったとか言ってました。

ただ、そんな生活もずっとするわけにはいかないわけです。27歳くらいにパチンコとかでも勝てなくなってきて、かなり金銭的に苦しくなってきたみたいですね。

その時にも会ったことはあるんですけど、なんとうか普通にただのパチンコにいるオッサンみたいになってました( ;´Д`)

それはそうなんですけど、そこから就職活動を始めたんですね。もともと、頭は悪いわけではないので、要領がイイと言うか新卒で失敗した

「大企業の飲食系に入ったらブラック企業だった」

と言う経験を反面教師にして、就職活動では徹底的に

「接客業ではない、メーカー系の会社で中小企業で業績が伸びている会社」

狙って行きました。と、そうはいっても今までの職歴はないわけですし、バイトをやっていたことをかなり盛って、ちゃんとバイトで頑張っていたみたいな履歴書作ってましたよ。

「今までそどうしてバイトしかしてこなかったんだ」という面接で100%聞かれる質問にも

「公務員試験をずっと受けていましたが落ちしてしまい、このままでは人生計画がおぼつかないので、正社員として働く道を決意しました。公務員の道はすっぱり諦めることにしました」

とか公務員試験の勉強なんか

したことないくせに、ちゃんとバイト期間の理由付けをつくっていましたね。要領にいいやつですMは。

Mは中小企業で「特許とかを持っている会社」「地元でも技術が評判の会社」「会社を見に行って従業員の顔が明るい会社」を選んで受けていたと言ってます。

何気に従業員の表情が明るい会社ってのはポイントが高いみたいです。

30社くらい受けて2社内定をもらってました。この30社っていうのが27歳で職歴なしでの活動で多いのか少ないかはわからないですけど、やっぱり数を受ければそれだけ確率も上がりますしね。

Mは地元のカメラ技術で特許のある従業員150人くらいの中規模の会社に入りました。全国的にというか地元でも名前はあまり知られていないですけど、技術が素晴らしいのか、普通にホワイト企業みたいですよ。今でもMはそこで正社員として働いています。結婚もしたんで定年まで勤めるんじゃないですかね。

期間工をしながら公務員試験を勉強していたY ちなみに期間工先からも正社員に誘われていた 上手く公務員試験に受かった

Yは大学を卒業してから公務員試験を受けていました。なかなか受からないんですよね。その間不定期で3ヶ月とか半年とか期間工をしながら食いつないでいました。

期間工は自動車系の工場の期間工ですね。よくかなりキツイとか言われている期間工です。ただ、それはト〇タ系とかス〇キ系の期間工はきついですけど、ホ〇ダ系の期間工やその系列の工場はそこまできつくないみたいです。なんか期間工をやるバイタリティーがあるなら普通に就職したほうがイイと思ったんですけどね。

期間工やってると、「お前正社員にならないか?」と聞かれるみたいです。普通に仕事をやってれば聞かれることが多かったみたいですね。

実際、期間工から正社員になってる人も多かったんですね。正直、Yも心が揺れたみたいです。期間工ってきついイメージがありますけど、作業に慣れるとそこまできつくないみたいです。普通レベルの体力があればできるみたいですね。

ヘタに営業とかやって人に頭を下げまくるよりも、全然ストレスたまらんわ・・・・とか言っていました。定時で終わるし残業代も出ますしね。

ただ、シフト制なので、夜勤とかになると体がしんどいって言ってましたね。やっぱり人間夜寝るのがイイみたいです。そのあたりを我慢できればこういった工場のラインとかで正社員になるのもアリだなあとYもいました。

ただ、Yは27歳の時に公務員試験に受かって地方公務員(市役所)になりました。今は公務員として働いています。

もし公務員試験に受かって無かったら工場で正社員になっていたと言っています。

ハローワークの職業訓練を受けてそこから電気・機械の講座を受けてから就職したL

Lは明治学〇大学を出て教師になるつもりでした。でも、大学在学中にマージャンにハマって教職課程はなんとかとりましたけど、先生になるという気力は無くなっていたんですね。それで普通に就職活動をやっていたんですけどその時も麻雀とかをやっていてなんともはや就職活動をほとんどしなかったというクズ野郎です( ;´Д`)

もちろん就職できずに普通に麻雀しながらプータローしてました。いや、お前こんな生活マズいだろとはたまに言ったんですけど、まあ友人の忠告なんか聞かないですしねたぶん。親とかもさんざん言ってるはずですから言っても無駄でした。

そんなテキトーにマージャンしながらバイトをちょこちょこして生きているという生活を26歳までやっていたんですけど、やっぱりだんだんとまわりの友人とかが社会人として大人になって言ったりすると会話が合わなくなってきて、友達も減ってくるんですよね。

そりゃそうですわな、麻雀してテキトーに生活してるやつと話し合うわけがありません。そうはいっても私は麻雀すきだったので意外とLとは話が合ったんですけどね(;・∀・)

だんだん人生に焦りと感じてきたLは、ハローワークの「職業訓練校」に入るわけです。そこで、「電気・機械」の職業訓練を受けるわけですね。

もともと、電気とか機械いじりは好きだったみたいです。それに、私たちの地元がいわゆる工場が多い自動車産業の街で電気や機械の職業訓練はなにかと役に立つと思ったからなんですね。

Lは職業訓練を一年ほどやっていました。大学の授業はテキトーにやってたLですけど、電気や機械のことを学ぶのは楽しいみたいでしたよ。

なんか、そこでマジメ見やっていて、職業訓練校を卒業してから地元のメーカーに就職することができました。職業訓練校からの職業紹介ってかなり内定率が高いです。特に電気技能の就職率はかなり高いみたいですね。

Lは最初そのメーカーでお試し期間の工場のラインをやって、半年後にはその会社の技術グループの電気系の仕事をやるようになりました。電気系の仕事をやってる人は、職人ぽい人が多くて、無口な人が多いけどパワハラとかなんか理不尽な人とかはほとんどいないらしく、平和に仕事をしているみたいです。

これを聞いて、職業訓練校って結構使えるような気がしました。もちろん、職業訓練校でもワードエクセルのコースとかは当たり前すぎて就職率も低いみたいですけど

それこそ、電気系や溶接系だったりプログラミングの職業訓練はかなり就職率も高みたいですね。

ハロワって求人はブラック企業ばっかりですけど、こういった職業訓練については利用価値があると思います。ハローワークも使い方次第ってことですね。

もういちど念を押しますけど、ハロワの職業訓練で使うのはアリですけど、求人紹介で使うのはブラック企業が多いので辞めたほうがイイです。あくまで職業訓練だけでの使用にしてくださいね。

転職活動でハローワークを使うのは危険です。嘘の求人でもOKというのが厚生労働省のページから公然と成り立っていますし、そもそもブラック企業ばかりのハロワと利用自体が無駄です。優良な求人を紹介してくれるツー路を最初から利用するのがベターに決まってますので、気を付けてください。

とまあ、こんな感じで27歳で職歴なしでも就職している人って私の周りにいっぱいいましたよ

こんな感じで私の周りに27歳くらいで職歴なしの大卒でも普通に正社員に就職した奴らっていっぱいいましたよ。

こういった例が参考になるかはわかりませんが、普通に職歴ないしでも収書できると思います。まだ20代ですしね。37歳だったらヤバいですけど、いまから就職活動すれば普通に就職できますからね。

そういった就職活動に不安がある場合には一度、優良な求人を紹介してもらって自分の目で見てみるのがイイと思います。優良な求人を見ればまだ、27歳なら就職できるという確認にもなりますし、どういった仕事をやっていくかの選択の判断材料にもなりますしね。なにより就職への不安も和らいできます。

ただ、ハローワークとかは職業訓練では利用価値がありますけど、求人に関してはブラック企業ばっかりです。これってちまたにある求人誌も一緒です。

ハロワとかって掲載企業を審査していないからなんですね。

就活エージェントでは掲載企業を厳しい基準で審査しているので、ブラック企業はほとんどありません。また、就活のプロであるエージェントが就職活動についてアドバイスしてくれます。

就活って職歴が無いと不安なものです。実際友人たちも不安だったとあとで語ってますしね。

ただ、就活って優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらいながら履歴書を作って面接対策をすれば内定は普通に取れます。準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

優良な就職エージェントは下記のとおりです。就職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して就職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって就職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!