超ブラックのプログラマーを辞めてからホワイト職場に行くべき理由 30歳までに転職すべきです

未経験でプログラマーになりたい。そのリミットは27~28歳くらいですよね。

プログラマーとしてまともに使えるようになるのに3年くらいかかるとして、30歳を超えてしまいますからね。35歳くらいが限界と言われている激務のプログラマーとして働けるのも、27~28歳が未経験でのプログラマーになるのが限界でしょうね。

そんでもってあなた、プログラマーになる理由はありますか?プログラマーって激務で超ブラック企業ですよ。

普通に残業200時間とかある 200時間は少ない方かなw

当然サービス残業 いくらはたらいても低賃金

時給に換算すると800円くらいの場合もある

定時で帰るのはあるいみ都市伝説

始発帰りが続いて体調を崩して辞めた人続出

過労死で自殺する人は結構な数いる

普通に休日出勤して休みは無い

ブラック企業に勤めえてるんだけど、もう限界かもしれないは割と実話

とかまあ、こういう情報が分かっているわけですからね。

もちろん、プログラミングの技術は高度なものですしそれを使いこなせるプログラマーの仕事のスキルは素晴らしいです。

ただ、スキルが素晴らしく、仕事のレベル太高くてもそれによって「労働環境」が良かったり給料がよかったりするというのとは話が別です

世の中には、高度なスキルで仕事をやっていても給料が安くて、残業も出ない超ブラックな仕事もあれば、ただの単純作業で工場でテキトーに作業してるだけでも、定時に帰れて残業代もしっかりついて、しかも給料もそこそこいいという会社もいくらでもあります。

そう、「仕事のレベルと労働環境の良さは全く別物」なんですね。

プログラマーになることがどんなことがあっても後悔しないというならプログラマーになればいいです 私は嫌ですけど

プログラマーになりたいというのはわかります。プログラミグをする人はどちらかというと「意識高い系」の人です。

あたたも間違いなく「意識高い系」でしょう。もちろん意識が高い方がスキルも伸びるし仕事のレベルも上がります。

ただ、そういう「高い意識」をブラック企業に利用されるんですよねえこれがね。

そう「高い意識」があるということは

「サービス残業を受け入れてしまう」

「労働環境とかが悪くてももンクを言わない」

「仕事ができればそれでいい」

みたいなマジメな人が多いんですよね。ブラック企業にとっては最高の奴隷ですよね。

というわかで、プログラマー仕事は高度なスキルを駆使してやる仕事で素晴らしいと思います。

ただ、労働環境はそれに全く比例していないですね。劣悪な環境で働いてしかもちんちんが安い。

これってやりたいですか?私は絶対嫌ですけどね。自分の好きな仕事だったとしても「限度」があります」

その「限度」を簡単にオーバーしているのがプログラマーの仕事です。プログラマーを選択した時点でもう「劣悪な労働環境」に入ることは決定してるんですね。

そう「人生は長い」ですよ。仕事って長く続けることができる視点で選びたいです。それが40代50代になってくると本当に感じます。

わざわざ激務で超ブラックな仕事をするのはちょっと避けたいのが現実です。人生でのスパンで考えるとそういう風になってきます。

普通に定時で帰れてそこそこ給料がもらえる会社があるのに、わざわざブラックでしかも給料が安い仕事をする意味が解らない

世の中には定時に帰れて、給料もそこそこいい会社っていくらでもありますよ?埋もれているだけです。

ブラック企業もたくさんありますが、まともな企業もたくさんあります。

私は地銀に勤めていた時腐るほど会社をみてきましたが、本当に会社によって労働環境の差が激しいです。

そう働いていいる人のスキルなんて、そんなに大きく違いません。ただ、入った会社が違うだけで

「こんなに違うの?」

っていうくらいに違います。それだけ、入る会社の選択って大事なんですね。

プログラマーになれば激務で薄給はほぼ確定しています。私はいはですね。

それなら、定時で帰れて給料も普通にもらえる会社のほうが10000倍いいです。そこは価値観の違いはあるかもしれませんが、

ストレスでうつ病になって社会復帰ができなくなることもありますので、ぜひ注意してくださいね。

そういうわけで、未経験でプログラマーになりたい人は、まず、自分の今後の人生を考えてみてください。

35歳までが限界と言われているプログラマーです。しかも激務で薄給。下手をするとストレスで体調壊して退職するハメになるという。

そうなる覚悟があれば未経験でのプログラマーの求人に応募してみてください。

普通に転職活動をすれば定時で帰れて給料がそこそこの仕事なんていっぱいありますよ

「でもさあ定時で帰れて給料がそこそこも洗える会社なんてあるの?」

っていうと実際あります。私の知人とか親族とかにそういう会社に勤めている人もいますし、逆にブラック企業の人もいます。

意外と「ブラック50% ホワイト50%」という感じですね。

けっこうありますよ。そういう定時で帰れる仕事って。私のいた製造業の業界などでは、カレンダーとおりで定時に帰れますし普通に給料も公務員くらいはもらっていて、ボーナスも5ヶ月以上はでました。

それでいて、仕事がきついというわけでもなく、有給休暇も取得が奨励されていました。

かといって、その会社にいる人の能力が高いというとそうでもなく、

「コンビニのバイトもできないだろうな」

っていうくらいの人もたくさんいました。

それでも入った会社で決まってしまうのが今の世の中なんですね。だからそういう会社を探して入りたいものです。

ただ、定時で帰れて給料もいい会社は求人はほとんど出ません。なぜなら、辞めたいですからね。そういう会社。

逆にブラック企業はいつでも求人が出ていますよね(^O^)/悲惨ですよ世の中って。

でもね、転職エージェントには「定時で刈れて給料もイイ」会社がかなりあります。いわゆる非公開求人てやつです。

こういう会社って、「知名度はないけど優良な会社」ってパターンがほとんどです。

求人をフツーに出してもブラック企業の間に埋もれて、あんまり人が集まりません。

そのため転職エージェントを使って求人をかけるんですね。非公開求人なので転職サイトとかには載りません。

しかも、競争率も低いので、わりと内定をもらいやすいです。そういう求人が転職エージェントにはたくさんあります。

プログラマーの仕事がどうしてもしたいならおススメできませんが、定時で帰れる仕事はたくさんあります。

そう転職エージェントは転職のプロであるエージェントが企業を審査してるのでブラック企業がありません。ここが大きなメリットの一つなんですね。

優良な転職エージェントは下記のとおりです。転職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

DODAエージェントサービスは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して転職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって転職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、転職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAエージェントサービスの公式ページを見てみる

↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!