26歳のフリーターが30歳までに正社員にならないと人生が詰む理由と就活の方法

フリーター

私の近くのコンビのとかでも普通に40歳を超えた人がレジを打っています。これどう見ても店長じゃないです。店長は別の人っていうのも知っていますしね。

よく定年退職してから年金をもらうまでのツナギでバイトしている人もたまにいますけど、あきらかにコンビニのバイトで生計を立てている人ですね。

コンビニじゃなくてもスーパーのレジとかを売ってる人ってこれ「フリーター」です40代のフリーター50代の人もいますよね。他の例だと、私の勤めていた製造業では派遣社員を募集する係をやっていました。

その時に入ってくる派遣社員のメインは30代~50代のひとです。いがいと若い人が少ないんですよね。そう、ずっと派遣で生活している人って多いんですよ。これも今問題になっていますけど、一度レールを外れると正社員になることができないのがこの国の実情です。

そういった派遣社員と話す機会は多かったんですけど、たいていの人が言うのは

「若いうちにちゃんと正社員になっておけばよかった。もう少し真剣に将来のことを考えればよかった・・・・」

とほとんどの人が一度はこういったことを話します。実際、派遣で働いている30代~50代くらいのひとはこれが本音なんでしょうね。ものすごく現実を表現している重い言葉です。そしてもう正社員になる言ことができないという絶望感にあふれている言葉でもあります。

さて、26歳でフリーターのあなたは自分がこうなるとは思ってないでしょう。いや、少し焦ってきていると思います。

現実は30歳までフリーターを続けていると、正社員になれる可能性はほぼゼロになってきます。

30歳までフリーターを続けると正社員になれる可能性はほぼゼロになる理由

まず、普通に考えてみるとあなたが面接官だったとしてください。というよりも会社の採用担当者だったとしてください。

遅くても大学を卒業するのが22~23歳くらいでそのあと約8年間、ずっとバイトをやっている生活を想像します。8年間バイトをしているというなら

2つのパターンがあります。

夢に向かって自分のやりたいことをやっていて、そこに時間を使っているためにバイトをしていた

ただ、正社員になりたくなかったから、バイトが楽だったからズルズル30歳になってしまった

この2つのパターンしかありません。そしてほとんどが後者のパターンです。現実もそうですからね。だから、いちいち面接官や採用担当者はいくらでもほかに人材がいるな中でそうそういった

「仕事をやる気力が無いリスクのある人材」

をあえて取る必要がありません。だってほかに人がいるわけですからね。

会社というところは、リスクのある人材を取る必要が無いんですよね。

もし、そのフリーターが本当に心を入れ替えてこれからまじめにやろうと思っていてもそんなこと会社の知ったことじゃありません。

そう、だから現実的に30代いになってフリーターを続けていると正社員に慣れないんですよね。これは実際、私が派遣社員の実情を聞いたので間違いのない事実です。

もちろん例外はありますが、おおむねこういう人生を歩むことにになります。

さて、26歳のあなたはこれでも今まで通りフリーターを続けていたいと思いますか?

26歳までバイトやってきたんですから職歴もあるし26歳なら楽勝で正社員になれます たさそれが30歳を超えると正社員になれる確率は激減します

こうやってフリーターを続けるリスクと現実を紹介しましたけど、まだ26歳ならフリーターから正社員になることはそれほど難しくありません。

これが26歳27歳28歳と段階的にガク、ガクっと正社員に慣れる確率は下がっていき、30歳を超えると一気に激減します。これが現実です。

そう、やることはすぐにでも正社員になるための就職活動をする・・・・ということなんですね。26歳の今からやれば間に合います。

さて、どういう風に就活をやっていけばいいかと言うと、普通に転職エージェントを利用して就活をやっていけばいいことです。やっていはいけないのはハローワークとかちまたの求人誌には普通にブラック企業がたくさん掲載されています。これはハローワークなどが掲載企業をまったく審査していないからですね。

求人の質とか内容とかはどうでもいいわけです。だからブラック企業がてんこ盛りです。

就活エージェントでは厳しい基準で掲載企業を審査しています。そりゃあ転職エージェントは民間の会社で、求人の質が悪いっていうことになったら利用しなくなりますからね。そのためブラック企業はほとんどありません。また、就活エージェントでは就活のプロであるエージェントが就職活動に的確なアドバイスをしてくれます。

もし、正社員への転職が不安だという場合には、一度優良な求人を紹介してもらうのがイイと思います。そうすれば、ブラック企業でないいい会社があるという確認にも

なりますし、これから正社員になりたい仕事を選ぶ判断基準にもなりますしね。さらに正社員への就活への不安も和らいできます。

たしかに、フリーターから正社員に就活をするっていうのは不安です。

しかし、就活は、優良な求人を紹介してもらって、アドバイスをもらいつつ履歴書を作って面接対策をすれば普通に内定が取れます。準備と対策をすれば内定は取れるんですね。

優良な就職エージェントは下記のとおりです。就職エージェントは登録・利用とも無料です。

 

1.DODA

2.パソナキャリア

3.リクルートエージェント

 

DODAは特に非公開求人と転職活動へのアドバイス体制がしっかりしています。

優良な求人と豊富なアドバイスで最も安心して就職活動を行うことができるエージェントです。

登録は公式ページのだいだい色のボタンの「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして名前・生年月日と必要事項を入力するだけで1~2分ほどで完了します。

登録が終わると担当者からメールかTELで連絡が入り面談の日程を調整します。

自分の希望の求人を紹介してもらって就職ができるかどうか判断するときにもアドバイスをもらうことができるので、就職に不安がある人は求人を紹介してもらうだけでもいい会社に出会うことができる可能性が高まりますよ。

 

DODAの公式ページを見てみる

(画像をクリックすると公式ページに移動します)
↓ ↓

 

 

 

DODAが自分に合わない担当者が合わない・・・と言った場合はパソナキャリアやリクルートエージェントを選択しましょう。

パソナもリクルートも大手エージェントであり、求人数・アドバイザーの質ともDODAに引けを取りませんし、もちろん併用もOKです。

併用のメリットは、求人を幅広く視れることと、エージェントとの相性を選ぶことができるということです。普段から優良な求人と出会うためには幅広く求人を紹介してもらう必要があるからです。

 

パソナキャリアの公式ページを見てみる
↓ ↓

 

 

 

リクルートエージェントの公式ページを見てみる
↓ ↓

26歳での正社員への就活で、大事なたった一つのポイントは「今まで正社員にならなかった理由のストーリーを作っておく」ことだけです。あとは普通の就活と一緒です あまり不安になることはありません

26歳のあなたが正社員になりたくて就活するときに大事なポイントは一つだけです。

それは、面接やらなにやらで、100%聞かれるであろう質問の「どうして今まで正社員にならなかったの?」「どうしてずっとバイトしてたの?」という質問へのストーリーを作っておくことです。

これって、クソマジメに正直に本当のこと答えたりする必要ないですよ。それなりに、理由になるものをストーリーとして用意しておくのが大事です。

たとえば

「大学時代から、漫画家になりたくていくつかの雑誌に応募していました。大学を卒業しても夢が諦められずに、バイトをしながらマンガを描き続けていました。

ただ25歳の時に父親が心筋梗塞になり倒れました。特に後遺症もなく回復したので不幸中の幸いだったのですが、その時にこのまま夢だけを追い続けているのも現実的ではないと思い就職活動を始めました。

今後は、正社員として働いて、いままでしてこなかった社会人としての経験をたくさん吸収して御社のお役立ちたいと思っています。」

みたいな感じのベタでもいいのでストーリーを作っておくのが良いわけです。これって別に本当の事じゃなくてもイイですよ。100%ウソってのはちょっとアリなので

20%くらいホントなら脚色してもまったく問題ありません。

というかそういった脚色ができないと、今後正社員として働いていっても、よくあるトラブルとか窮地に会ったり、出世したりするための行動がヘタになりますからね。

ここもバカマジメにやっていくと後悔します。

ちなみいに、マジメな人ほど会社の激務でうつ病になりやすいです。なんでも真に受けて、自分のやり方で正しいやり方をやろうとすると、すぐに社会では限界がきます。法律に反することはいけませんが、全部をただしくやろうとすることは、仕事っていものにとっていい傾向にはなっていきませんよ。

あとはブラック企業に絶対に捕まらないでようにしてくださいね 万が一捕まったらそっこーで辞めていいですよ

26歳で正社員として就職して万が一そこが「ブラック企業」だったら、すぐに辞めてください。

初日で辞めてもイイです。それくらいブラック企業に初めての人が余ると半年とか勤めるともう、身も心もボロボロにされるまでこき使われて、最後は、過労で体を壊すか、うつ病で精神的にダメになるか、下手をすると自殺をすることになります。

ブラック企業だなと判断した場合にはもう、とにかくその場所から離れるのが最重要事項です。

転職先が入ってみたらブラック企業がった。初日から長時間労働、パラハラ上司がいてサービス残業で永遠に帰れない。とこういうことが解かったらすぐにでも辞めましょう。そこにいる時間は人生で無駄な時間でまったくメリットがありません。すぐに辞めるべき理由と転職方法をご紹介しています。

これって、万が一にですからね。普通に就活エージェントつかって就職活動すればめったなことはありませんけど、ハローワークとか使って就活すると高確率でこうなるので気を付けてください。

自分の身を守る行動も必要です。そしてブラック企業だったらすぐにその場を離れて、また就活を擦ればいいだけですしね。そこは割り切った行動をしないと後悔することになりますからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!